TOP

「セブン‐イレブンアプリ」でPayPayが利用可能に!ポイントの2重取りも可能

2020年8月11日(火)、「セブン‐イレブンアプリ」の新機能が発表された。

アプリ内の決済機能としてPayPayが利用できるサービス内容で、2020年10月以降の搭載スタートを予定している。

また、「セブン‐イレブンアプリ」のPayPayは、セブンイレブンでしか利用できないという点が特徴だ。

本記事では、チャージ方法に関してや過去にリリースされた7Payについて解説する。

「セブン‐イレブンアプリ」の基本情報

「セブン‐イレブンアプリ」にPayPayが搭載されると、下記の画像のように、「セブン‐イレブンアプリ」画面の従来は会員コードが表示されていた部分にPayPayの残高と支払いボタンが表示される。

これにより、「セブン‐イレブンアプリ」でPayPayのバーコードによる支払いが可能になる他、PayPayの残高チャージおよび取引履歴・アカウント情報の確認が可能になる。

従来「セブン‐イレブンアプリ」では、7iDに会員登録をすることで次の機能が利用できた。PayPay搭載により、ここにセブン-イレブンでの決済機能が加わる形だ。

  • バッジを集める
  • クーポンの獲得・利用
  • 抽選キャンペーンの参加
  • nanaco残高・ポイントの確認
  • セブンマイルプログラムでマイルを貯める

なお、「セブン‐イレブンアプリ」からのPayPay支払いは、セブン-イレブン店舗でしか利用できない。

すでにPayPayアプリ登録がある場合と未登録の場合

「セブン‐イレブンアプリ」でのPayPay支払いは、PayPayアプリ未登録でも利用できる。しかしその場合、チャージ方法がセブン銀行ATMに限定される。

支払い方法としては、チャージによるPayPay残高の他、クレジットカードによる支払いも可能だ。

PayPayアプリ登録済の場合は、「セブン‐イレブンアプリ」のPayPayチャージ方法はPayPayアプリと同様で、次のようになっている。

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • ヤフーカード
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い

ただしこの場合も、チャージ方法の設定ができるのはPayPayアプリのみで、「セブン‐イレブンアプリ」での設定はできない。

PayPayアプリより「セブン‐イレブンアプリ」を使ったほうが良い

セブン-イレブンでは以前からPayPayを利用することができた。

しかし「セブン‐イレブンアプリ」へのPayPay機能搭載後は、「セブン‐イレブンアプリ」でPayPayを利用することをおすすめする。後述するが、そうすることでポイントの二重取りが可能だからだ。

また、実際の搭載スタート後に、セブン-イレブンでのPayPay利用について何か変更がある可能性もあるので、最新情報には注意したい。

バッジ・セブンマイルはどうなる?

「セブン‐イレブンアプリ」には、会員コード提示により買い物や利用に応じて貯まるバッジや、セブン&アイグループ独自のポイント制度「セブンマイル」が存在する。

これらはPayPay搭載後も変わらず提供される。ただし、従来提示していた会員コードがPayPayのバーコードに置き換わるので注意しよう。

セブンマイルは、200円(税別)ごとに1マイル貯めることができ、貯まったマイルは特典やクーポンと交換できる。PayPayのポイント還元率(最大1.5%)も同時に適用されるので、ポイントの二重取りが可能だ。

例)セブンイレブンで1,000円分の商品を購入した場合、1,000円×0.5%=5マイルと、1,000円×1.5%=15ポイント(PayPayボーナス)獲得

PayPayのポイント還元率は前月の利用金額・回数に応じて変動する「PayPay STEP」が適用されるが、「セブン‐イレブンアプリ」での支払い分もそのカウント対象になるので利便性が高い。

PayPayを利用せずセブンマイルを貯める場合は注意

前述の取り、「セブン‐イレブンアプリ」でバッジやセブンマイルを貯めるために提示する会員コードは、PayPay搭載によりPayPayのバーコードに置き換わる。

そのため、PayPayで支払わずにバッジやセブンマイルだけを貯めたい場合は、操作性が悪くなる可能性が高い。実際に搭載が開始されたら確認しておきたい点だ。

7Payのリカバリー策となるか?

セブン-イレブンのスマホ決済と聞くと、2019年7月にリリースされた7Payを思い出す人も多いだろう。

7Payは、セキュリティ対策の不備を突いた不正チャージや不正利用が相次ぎ、サービス提供開始から3ヶ月で終了したという過去がある。

今回の「セブン‐イレブンアプリ」へのPayPay導入では、決済機能に関して新たに開発したシステムではなくPayPayを利用しており、PayPayでは次のような不正利用防止策を講じている。

  • 本人認証サービス(3Dセキュア)と利用上限設定
  • 異なる端末からのアクセス時にはSMSで本人確認通知
  • 登録口座・クレジットカード情報の暗号化、加盟店への非開示
  • 専任スタッフの常時監視

セブン-イレブンとしても、7Payと同様の失敗をしないために、セキュリティ対策を重視していると考えられる。

詳細は実際に搭載がスタートしてみないとわからないが、7Payの二の舞にならないためにも、万全なセキュリティ対策を期してほしいところだ。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る