コンビニでのクレジットカード使い方まるわかりガイド【サインは不要?公共料金の支払いは?】

Pocket

コンビニ

ここ数年でコンビニ各社が一斉にクレジットカード決済に対応した。

しかし、コンビニでは支払額が少ない傾向にあるため、クレジットカード決済をしたくても遠慮してしまう人も一定数いるようだ。

本記事では、コンビニでカードをお得に・便利に活用するために、メリット・デメリット、使い方や注意点を詳しく紹介していこう。

また、あわせてコンビニ別のおすすめクレジットカードも紹介する。

コンビニでのクレジットカードの使い方

コンビニでクレジットカードを使う場合は、他の店舗と同様にクレジットカードを店員に渡し、カード払いの旨を伝えるだけで良い。

基本的に1回払いのみの対応となるので、支払い回数を聞かれることはほとんどないはずだ。

店員がクレジットカードをスキャンして、カードが返却されれば支払いは完了になる。

利用者自身が端末操作をする場合も

また、最近ではカードの読み取りを利用者自身が行う端末も登場し始めている

この場合、自分でカードを差し込むか、スキャンさせることで支払いは完了となる。

実際にコンビニでクレジットカードを使ってみると、非常にスムーズに支払いが終わるため快適だ。

上述したように、コンビニで少額の支払いをクレジットカードですることを遠慮してしまう方や、混雑する時間帯にクレジットカードで支払うと迷惑では?と考える方にも朗報だろう。

混雑する時間であっても、周りの目を気にせずスマートにカード払いを利用することが可能だ。

また、店舗側としても、つり銭のやり取りなどの手間がかからないため、少額の決済でもクレジットカード払いは歓迎という声もある。

国内の主要なコンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、ミニストップ)では各種国際ブランドに対応しており、手持ちのクレジットカードのほとんどが利用が可能だと思って良いだろう。

サインや暗証番号は必要?

基本的に少額の決済の場合はサインの記入や暗唱番号の入力は必要ない

各店舗毎にサインが必要になる金額に差があるため、下記に一覧としてまとめた。

店舗名 サインが必要な金額 支払可能回数
セブンイレブン 10,000円以上 1回払いのみ
ファミリーマート 4,000円以上 1回のみ
ローソン 4,000円以上 1回のみ
サークルK・サンクス 4,000円以上
※銀聯の場合10,000円以上
1回のみ
ミニストップ 10,000円以上 1回のみ

表からわかるように、セブンイレブンとミニストップの2店舗が10,000円以上でサインが必要となり、それ以外の店舗では4,000円以上でサインが必要となる。

日常的にコンビニを利用する場合、支払い金額が4,000円を超えることはそれほど多くないため、基本的にはクレジットカードを使いサインレスで支払うことができる。

また、主要店舗の全てが1回払いのみ対応という点は覚えておく必要があるだろう。

使える国際ブランド

次に、使用できる国際ブランドを見ていこう。

以下の5大国際ブランドと呼ばれる国際ブランドは主要なコンビニエンスストアの全てで使える

また、中国発の国際ブランドである銀聯(ぎんれん)も主要コンビニエンスストア全てで対応している。

visa-master-jcb-unionpay-diners-amex620-220
※セブンイレブン:銀聯デビットカード、暗証番号認証が必要な銀聯カードは使用不可。
※ファミリーマート:上記以外に「新韓カード」も利用可能

クレディセゾン、UC、NICOS、JACCS、MUFG、TS3、Cedynaなどについては、店舗によってロゴを表示しているが、いずれの場合も上記のブランドに該当する。

使える電子マネー

近年は電子マネーの種類が増加し、Apple Payなどの集約型決済アプリなども登場した。

  • 交通系電子マネー
  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay

2018年4月現在、上記の電子マネーは主要なコンビニエンスストア全てで利用可能だ。

WAONのみセブンイレブンでは利用不可だが、それ以外の店舗では利用可能。

その代わりではないが、セブンイレブンではnanacoが利用可能となっている。

また、後述するようにiD、QUICPay、Suicaが全ての店舗に対応しているため、「Apple Pay」も利用可能ということになる。

同様に、楽天Edyが全店舗で利用できるため、「Google Pay」(旧 Andorid Pay)も利用可能だ。

Apple Payの使い方と支払い方法

上述したように、すべてのコンビニでApple Payに対応している。

Apple Payが使えるかどうかは、「Suica」と「iD/QUICPay」に対応しているかどうかで決まり、これらの支払いに対応していればApple Payが使える

これらはすべてのコンビニで支払いに対応している。(ただし、海外のApple Pay端末は利用不可とされている)

実際に使ってみた人から感想を聞くと、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルK・サンクスでの利用方法は同じで、カード型の電子マネーと同様に、端末にタッチするだけで利用できて便利とのことである。

ただし、ローソンでだけは認証操作が必要で要注意とのこと。

操作方法をご紹介しよう。 (ただし、今後決済端末は順次変わっていく予定だそうで、指紋認証操作は必要なくなると言われている。)

認証操作
1. iPhoneのWalletアプリでカードを設定する
2. コンビニ店頭の決済端末にの中心にiPhoneの先端をかざし、Touch ID(指紋認証)で認証する
3. 「Suica」や「iD」のボタンが表示されるので、押す
4. 再度端末にiPhoneの先端をかざしてTouch IDで認証する。決済音が鳴ったら決済完了

Google Payも同様

Google PayもApple Payと同様に、「楽天Edy」と「nananco」に対応しているかどうかで決まり、これらの支払いに対応していればGoogle Payが使える

また、利用方法もApple Payとそれほど変わらず、Google PlayからGoogle Payアプリをインストールし、簡単な初期設定を済ませるだけで利用可能だ。

クレジットカードで支払えるもの、支払えないもの

支払いできる

クレジットカードで支払うことができるものとして以下が挙げられる。

映画やテーマパークの入場券、コンサートチケット、高速バスのチケット、航空券など。

インターネットで予約してコンビニ備え付けのチケット発行端末で受け取り手続きするチケット類は、クレジットカードで支払うことができる。

特に航空券や高速バスチケットなどは金額が高めであるため、クレジットカードで支払えばポイントも早く貯まることになる。

支払いできない

各コンビニとも、クレジットカード払いが利用できないものがある。
すべてのコンビニに共通してクレジットカード払いができないものを以下にまとめてみた。

  • 電気料金、水道料金、ガス料金などの公共料金
  • 収納代行票と呼ばれる払込用紙を使って支払い手続きするもの(インターネット代金等)
  • 切手、ハガキ、年賀状、収入印紙類
  • クオカード、テレホンカード、アイチューンズカードなどのプリペイドカード類
  • バスカード・各種乗車券・回数券等
  • 各種ギフトカード、ビール券、ゴミ処理券等の金券類
  • 各自治体指定のごみ袋
  • Suica、ICOCAなどの交通系、またEdy、nanacoなどの電子マネーへのチャージ
  • 宅配便の送料
  • コピー・FAXの利用料金

※収納代行票のうち「インターネット代金収納」で、特定の通販サイトの利用代金にはクレジットカード払いOKの場合もある。

※払込用紙での支払いのクレジットカード払いは、以前はファミリーマートの「ファミマTカード」で可能であったが、2012年9月末をもって対応終了となっている。

換金性が高い商品はクレジットカードで購入できない

クレジットカードで支払いができない商品はいわゆる換金性が高い商品で、クレジットカードの現金化を防ぐための措置として購入できないようになっている

近年で言えば、iTunesカード、Goole Playカード、Amazonギフトなどが代表的だ。

コンビニで商品を購入する際に、クレジットカードで支払えるかどう迷った際の参考にしてほしい。

宅配の送料

宅配の送料をクレジットカードで支払い可能かどうかを調べてみたところ、「できる/できない」をひとくくりにはできなかったため、項目を分けて説明する。

また、あわせて利用可能な運送会社の情報も提供しよう。

セブンイレブンとサークルK・サンクス

ヤマト運輸:クレジットカード払いOK

ファミリーマート

ヤマト運輸:ファミマTカードでのみクレジットカード支払いはOK
はこBOON(運送業務はヤマト運輸が行っている): ネットで利用申込するときに、送料の支払方法を選択でき、クレジットカード決済することが可能。

ローソン

ゆうパック: クレジットカード払いOK※「オークションゆうパック」だけは現金でなければならない。

nanacoを経由してクレジットカードで公共料金を支払う方法

nanaco

通常であれば、料金収納代行サービスとなる公共料金の支払いにはクレジットカードNGとなっているが、セブンイレブンでnanacoを使うことでなら支払可能な方法がある

具体的には以下の手順で可能。

nanacoを通してクレジットカード払いする手順
クレジットカードで電子マネーのnanacoにチャージ(クレジットカードのポイントGET!)

チャージしたnanacoで公共料金を支払う(nanacoのポイントGET!)

上記の手順であれば、料金収納代行サービスとなる公共料金の支払いもクレジットカードで行うことができる。

また、クレジットカードのポイント還元とnanacoのポイント還元を二重取りすることができる

しかし、全てのクレジットカードでnanacoチャージでポイント還元が得られるというわけではないため、nanacoにチャージが出来て、かつポイント還元が得られるクレジットカードを選ぶようにしたい。

nanacoチャージでポイント還元を得るためには後述するが、セブンカードプラスなど、チャージでもポイントがたまるクレジットカードを
選択しよう。

上手に選べば1%程度のポイント還元も可能である。

なお、公共料金の支払いだけでなく、国民年金や住民税、自動車税、固定資産税などの支払いにもこの方法を利用することができるので、ぜひ覚えておこう。

nanacoにクレジットカードでチャージする方法

クレジットカードチャージはインターネットからのみチャージ可能となっている。現金によるチャージは店頭でも可能だ。

nanacoチャージの制限

nanacoにはチャージ金額の上限や、チャージ回数の上限など制限がある。

チャージ金額の上限

nanaco1枚のチャージ上限は5万円である。

さらにネットでの1回のチャージ金額は5000円~29000円との制限があるため、5万円用意したい場合は最低2回にわけてチャージ操作する必要がある。

チャージ回数の上限

1日あたりの操作回数は3回まで、1か月15回までとの制限もある。

同時に利用できるnanacoの枚数

1回で5枚までのnanacoを同時に使うことができる。

ちなみにnanacoにチャージするクレジットカードは事前に登録しておく必要があるのだが、1枚のクレジットカードを複数のnanacoのチャージ用カードとして登録することはできない。

ただし、「nanacoモバイル」は例外で、nanacoカード1枚に登録したのと同じクレジットカードを登録することができる。

併用することで、10万円分までは1枚のクレジットカードからnanacoへのチャージが可能ということになる。

クレジットカード払いのメリット・デメリット

改めて、コンビニでクレジットカードを使うメリット、デメリットを整理してみよう。

メリット1:ポイントが貯まる

コンビニでクレジットカードを使えば、コンビニ独自のポイントなどが貯まるのが大きな特徴だろう。

一般的なクレジットカードでも利用に応じてポイントを貯めることができるが、コンビニごとで以下のポイントが貯まるクレジットカードを選べば効率的にポイントを貯めることができる。

セブンイレブン:nanacoポイント
ファミリーマート:Tポイント
ローソン:pontaポイント
サークルK・サンクス:楽天スーパーポイント
ミニストップ:WAONポイント

ポイント還元サービスは多種多様ではあるが、サービス同士の提携が進み、他社のポイントと相互交換も比較的簡単にできるようになっている。

つまり、使い方が限定されて困ることはほとんどなくなったと言える。

結果的に、コンビニでクレジットカードで支払うと、後日、利用金額の数パーセントの金額相当分が還元されることになるのだ。

メリット2:支払いがスムーズ

レジで財布から小銭を探す手間と時間がかからない。

数百円分の買い物に1万円札を出して、時間をかけておつりをもらう人を見かけるが、クレジットカードをさっと出せば、こういった時間もかからない。

さっと会計を終えられるほうが、見た目もスマートでだろう。

デメリット:少額の支払いは恥ずかしい?

冒頭でも述べたように、クレジットカードで少額の支払いをすることを恥ずかしいと感じる人もおり、遠慮してしまう人が一定数いるようだ。

「少額の支払いをクレジットカードでする=ポイントを一生懸命貯めている、節約している」というイメージがあるからだろうか。

しかし、上述したように、コンビニで少額の支払いであっても、時間的・金銭的なメリットがあるならば積極的に利用すべきだ!

日本はクレジットカード払いをはじめとして、キャッシュレス決済の普及率・利用率が高いとは言えない国だ。

一方、諸外国ではクレジットカードやデビットカードによる支払いが当たり前という国も少なくない。

近い国で言うと、韓国では約80%以上の支払いがキャッシュレスで行われる。

また、アメリカでは約40%以上がキャッシュレス決済だ。

もし、遠慮をする必要があるシーンをあげるとすれば、店内が非常に混んでいる状況でサインが必要な場合だろう。

サインレスの金額を超えており、サインの時間が必要な場合は遠慮してしまうのもうなずける。

しかし、サインをする時間と釣銭をもらう時間を比較すると、それほど差はないと考えられる。

気にせずにどんどんクレジットカードで支払いを行い、ポイントを貯めていこう!

コンビニ別おすすめのクレジットカード

ポイント還元率と、ポイントをコンビニで利用できるかを考慮して、おすすめカードを考えてみた。

セブンイレブン

セブンカードプラスnanaco一体型

おすすめカード:「セブンカードプラス」

nanacoチャージでのポイント付与にも対応しているので、実質的に公共料金の支払いでもポイント還元を得ることができる。

セブンイレブンを始め、イトーヨーカドー、デニーズなどセブン&アイグループの店舗では還元率1.5%

セブンカードプラス

セブンカードプラスnanaco一体型

セブンイレブン、イトーヨーカドーで還元率1.5%!

セブンイレブンではnanaco限定の商品をお得に購入できる。貯まったポイントはnanacoとしてすぐに利用可能。

年会費無料
還元率0.5%〜1.5%
電子マネーnanaco
koushiki-200-40
shousai-95-40

ファミリーマート

ファミマTカード

おすすめカード: 「ファミマTカード」

ファミリーマートで利用できるポイントは「Tポイント」。200円利用につき「Tポイント」が1ポイント貯まり、1ポイント=1円で利用可能である。

しかも、年会費無料のカードなのがうれしい。

ファミマでのカード利用200円につき「Tポイント」がクレジットポイントとして1ポイント貯まり、カード提示で「ショッピングポイント」200円につき1ポイントと、還元率1%のカードだ。

火曜日と土曜日に利用すれば200円につき5ポイント貯まる。

公共料金の支払いは可能だが、クレジットポイントのみのため還元率は0.5%になってしまう。

還元率のことを考えると、セブンイレブンのnanacoの方がお得なため、公共料金支払いのための利用はあまりお勧めできないと言える。

ただし、ファミリーマートでよく買い物をする人には、ファミリーマートでの1か月の買い物の合計金額に応じて翌月のTポイント付与率が増える「ファミマランク」のサービスはお得なプログラムだ。

当月1日から月末までの利用合計が5000円以上15000円未満の場合は、翌月は200円につき2ポイントが付与されるようになる。

15000円以上の場合は200円につき3ポイントとなる。

ただし、「リボ払い専用カード」であるため、利用代金の支払い管理には十分注意が必要であることも覚えておこう。

ファミマTカード

ファミマTカード

ポイントをとにかくTポイントに集約させたい人に特におすすめ

ポイントが貯めやすく、使いやすいのが最大の特徴で、ETCカードや家族カードの発行も無料なのがうれしい。

年会費無料
還元率0.5%~1.5%
ポイントの種類Tポイント
koushiki-200-40
shousai-95-40

ローソン

dカード

おすすめカード:「dカード」

ローソンで利用できるポイントには「Ponta」と「dポイント」があり、どちらも1ポイント=1円で利用可能である。

ドコモ発行のdカードは還元率1%のカードだ。

年会費は初年度無料、翌年以降も1回以上ショッピングに利用すれば無料になる。

ローソンで支払いに利用すると、一部の対象外の商品以外はいつでも全品3%割引になる。

さらに100円利用ごとに1ポイントが貯まり、ローソンではdカードを提示するだけでさらに1%貯まる。

つまり、ローソンに限って言えば、dカードは還元率5%という驚異の還元率を誇るカードである。

最近では、ボーナスキャンペーンでも併用しなければめったに見られなくなった”超高還元率”である。

dポイントはドコモのポイントであるが、ローソンでもそのまま使うことができる。

dカード

dカード

クレジットカード、ポイントカード、電子マネーの3つの機能を搭載

ローソンで請求時に3%のポイント還元がつくなど、日常生活で使いやすい一枚。ドコモユーザーなら必携!

年会費初年度無料
2年目以降:1250円(税抜)
年1回の利用で翌年無料
還元率1.0%〜5%
ポイントdポイント
koushiki-200-40
shousai-95-40

サークルK・サンクス

楽天カードの詳細を見る

おすすめカード: 「楽天カード」

サークルK・サンクスは今後、経営統合によりファミリーマートに統一されることになっているが、サークルK・サンクスとしてであれば、「楽天カード」が最もおすすめ。

店頭で申し込める年会費無料の会員サービス「+K(プラスケイ)」に登録することで、「楽天スーパーポイント」を貯められるようになる。

100円利用につき「楽天スーパーポイント」が1ポイント貯まり、1ポイント=1円で利用できる。

ポイント還元率は、通常は1%であるが、ネットショッピングサイト「楽天市場」の利用時、キャンペーンをうまく活用することで10倍にもなることは有名である。

なお、楽天スーパーポイントは、サークルK・サンクスでの支払いに直接利用することもできるが、ポイントは電子マネーとして「楽天Edy」に交換してから使うようにすると、「楽天Edy」の「Edyでポイント」がさらに貯まるため、おすすめである。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランド
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

ミニストップ

オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

おすすめカード: 「OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)」

ミニストップはイオングループのコンビニのため、本来は「インカードセレクト」がおすすめのカードだ。

以前は「WAOポン!」というWAON関連のお得なサービスが存在したため、WAONでの支払いが最もお得だったからだ。

イオンカードセレクトなどのWAON番号を登録してWAONで支払いを行うだけで、対象商品の割引が適用されたり、ボーナスポイントがつく非常にお得なサービスだった

しかし、2016年12月に「WAOポン!」が終了してしまったため、WAONで支払いを行うメリットが弱くなってしまった。

また、イオンカードセレクトが通常還元率0.5%のカードである点も含めると、おすすめできないのだ。

そこで、現在ミニストップでクレジットカード払いをするならば、「オリコカード・ザ・ポイント」がおすすめだ!

ミニストップで使うことによるボーナス等はないものの、通常還元率1.0%の高還元率カードだからだ。

さらに、Amazonでの買い物で2%のポイント還元が得られる。その他、様々なネットショッピングでポイントアップされる。

つまり、インターネットでも実生活でもポイントが貯まりやすく使いやすいカードと言える。

また、入会後の6ヶ月間は還元率が2倍となるので、大きい買い物を控えている時期に申し込みたい1枚だ。

電子マネーiDとQUICPayをダブルで搭載し、ApplePayにも対応しているため、ミニストップに限らずコンビニでも使い勝手が良い。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でありながら高還元率なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費無料
還元率1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%〜15%
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
国際ブランドマスターカード
オリコカード・ザ・ポイントの公式サイトを見る
オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

常に最新情報をチェック

コンビニエンスストアはクレジットカードを使っても商品価格自体の割引はほとんどないが、便利で店舗数が多いことから、利用する機会が多くなる傾向にある。

塵も積もれば山となるだけに、できる限りお得に利用したいと思う方が多いだろう。

今回紹介したクレジットカードをぜひ活用して、お得にコンビニでの買い物を楽しんでもらいたいと思う。

なお、コンビニ業界は変化が早い業界で、日々対応・非対応などの状況が変わっていく

非常に短期間で変更になる可能性もあるのだ。

常に最新の情報をチェックし、店頭で「えっ、ネットにできるって書いてあったのに、できないの?」と、ならないようにしよう。

Pocket