クレジットカードの「更新」がよくわかる!審査に落ちた?新しいカードが届かない理由と注意点

Pocket

 今回はクレジットカードの「更新」について紹介していく。

全てのクレジットカードには有効期限が設定されており、一定年数が経過すると更新が必要となる。

更新といっても面倒な手続きはほとんどなく、いわゆる自動更新となっている。

とはいえ、はじめてクレジットカードを作った場合の初回更新時には何かと不安になることもあるだろう。

そんな人のために、更新の仕組みと注意点を紹介していくので、是非更新前に余裕を持ってチェックしてほしい。

また、近々更新を控えている人は、注意点などが参考になるはずだ。

更新の基礎知識

まずは更新の基礎知識を紹介しよう。

有効期限の見方や更新では何が変わるのかといった部分を紹介していく。

有効期限の見方

カードの有効期限はカード本体に印字されている。

カードによって表記方法に若干の差はあるが、「12/17」「12/’17」「12-17」のような数字がカードの表面に記載されているはずだ。

この場合は12月 2017年という意味で、2017年 12月までが有効期限となる。

注意が必要なのは、普段我々が見慣れている2017年12月という「年→月」順の表記ではなく、「月→年」順の表記になっていることだ。

ほぼ全てのカードがこのような表記方法を採用しているため、一度覚えてしまえばそれほど迷うことはないだろう。

何故更新があるのか

そもそも何故更新が必要なのだろう?と疑問に思った人も多いのではないだろうか。

実は、更新には以下のような明確な目的がある。

・カード本体の老朽化対策
・会員情報の更新
・セキュリティ向上
・再審査

クレジットカードは日々利用しているとどうしても老朽化が進む。

場合によってはカードが破損したり、見た目上は問題がなくとも正常に利用できなくなることもある。

そういった問題が起こる前に、定期的にカードを新しくすることで対策をしているのだ。

また、カード申し込み時に取得した会員情報に変更がないかを、カード発行会社が確認する意味も持つといわれている。

後述するが、住所の変更があった場合は特に注意が必要となる。

さらに、クレジットカードにおける防犯技術は日々進歩しており、定期的にカードを交換することで、最新のセキュリティを維持しているのだ。

そして、最後にカード会員として本当に相応しいかということを、カード発行会社が再度確認している。

こちらも後述するが、支払い状況や利用状況が良くない場合は、カード発行会社から更新拒否される場合がある。

更新するとカード番号は変わるのか?

更新をすることで変わるのは基本的に以下の2点だ。

・カード本体
・有効期限
・セキュリティコード

よく疑問に思われるのが、カード番号が変更されるのか?ということだが、更新ではカード番号は変更されない。

ただし、更新時に一般カードからゴールドカードなどにグレードアップした場合などは、カード番号が変更になるので覚えておいてほしい。

また、ネットショッピングでカード決済をする際などに必要となるセキュリティコードは、セキュリティ上の観点からカード更新じに変更となる場合がほとんどだ。

さらに、カードによっては更新のタイミングで利用状況に合わせて限度額や付帯サービスが変更されることもある。

変更点を詳しく知りたい場合はカード発行会社に問い合わせるのが最も早いだろう。

どうなれば更新完了といえるか

上記でも述べたように、クレジットカードは自動更新である。

では、どうなれば更新完了といえるのだろうか。

ほとんどの場合、更新が完了すると新しいカードが登録している住所に郵送される。

そのカードを受け取った時点で更新が完了したといえるだろう。

更新時にカードが届かないときの理由とは?

ビジネス

上記でも述べたように、クレジットカードの更新時には再審査が行われている。

審査の結果次第では更新ができず、解約になってしまう場合もある。

このことを「更新拒否」されるとも呼ぶ。

もし更新時期になっても新しいカードが届かない場合は、審査に落ちてしまい更新拒否されていると考えられる。

ただし、カード発行会社からすると会員はまさにお客様であり、本来は長く使い続けてもらいたいと考える。

つまり、更新拒否となってしまう場合にはそれなりの理由があるということだ。

更新時の審査で落ちる3つの理由

更新時の審査では一般的に以下のような項目がチェックされている。

・支払い状況
 →延滞などがなくきちんと支払いが行われているか

・利用状況
 →無理な使い方はしていないか、ある程度カードが利用されているか

・信用情報
 →他社のカードや別のローンにおいてもきちんと支払いを行っているか。

クレジットカードはカード発行会社、会員、店舗間の信頼関係で成り立っているため、上記のような項目を再審査されるのは当然といえる。

自社のカードにおける支払い状況は当然として、入会申し込み時と同様に他社のカードにおける延滞情報もしっかりと見られているので注意が必要だ。

休眠会員と判断されると解約になる可能性がある

年会費無料のクレジットカードなどで、持っていて損はないと考えて作ったものの、ほとんど使っていないというカードはないだろうか?

カードを持っていてもほとんど使わない会員のことをカード発行会社では「休眠会員」と呼ぶ。

この休眠会員と判断されてしまうと解約になる可能性があるのだ。

何故なら、会員の情報を管理したり、重要情報を送付したり、更新手続きを行うために、カード発行会社には少なからずコストが発生しているからだ。

カードの利用がない休眠会員はただのコストになってしまうため、更新時に整理を行うのである。

関連する記事

更新時の注意点

ここまでは更新の仕組みについて紹介してきたが、以下では実際の更新タイミングで注意すべき点を紹介していく。

カードが届かない場合の注意点

更新時に最も注意するべき点は住所変更の有無だ。

正確には、住所変更があった場合にきちんとカード発行会社に変更の旨を連絡しているかどうかだ。

何故注意が必要かというと、上記でも述べたように、クレジットカードの更新は新しいカードがカード発行会社から登録住所に届く仕組みだからだ。

そして、防犯上の理由から転居届・転送届けが出ていても転送されないようになっている。

つまり、正しい住所を登録しておかなければ、新しいカードを受け取ることすらできないのだ。

折角再審査を通過し更新できたとしても、新しいカードを受け取らない場合は「受け取り拒否」とみなされて、更新が無効になり解約になってしまうので注意が必要だ。

ちなみに、新しいカードが受け取れなかった場合は差し戻しとなり、改めて審査が行われている。

そして、その審査で落ちてしまうと、本来は更新できていたはずが無効となり解約になってしまうという仕組みだ。

現在ではカードの利用明細や利用残高を専門のwebサイトで確認できるようになっているが、ほとんどの場合が登録住所の変更も同じwebサイトからできるようになっている。

もし登録住所に変更があった場合は速やかに対応しよう。

ETCカードは時間差で遅れてくる

クレジットカードとセットでETCカードを申し込んでいる人もいるだろう。

ETCカードの更新もクレジットカードと同時に行われ、同様に新しいカードが郵送されてくる仕組みになっている。

しかし、ここで注意してほしいのが、一般的にはETCカードの方が時間差で遅れてくるということだ。

ETCカードの利用頻度が高くない場合はそれほど問題にはならないが、利用頻度が高い人は特に注意してほしい。

何故なら、時間差が生じることで、クレジットカードは新しいカードだがETCカードは古いカードのままという状態が起こりうるからだ。

そして、この状態ではETCカードを利用することはできない。

思わぬ事故に繋がる可能性もあるので、ETCカードとクレジットカードの有効期限には十分注意してほしい。

新しいカードが届いたらチェックすべき3つの項目

更新が無事に完了し、新しいカードが届いたからといって安心してばかりはいられない。

新しいカードになったからこそ起こりうる問題があるからだ。

具体的には、以下のような項目に注意をしてほしい。

新しいカードへの署名を忘れずに

意外に多いのが、新しいカードに署名をするのを忘れて使おうとしてしまうことだ。

署名がなくとも使えてしまう場合もあるが、本来は署名のないクレジットカードは無効で、使うことができないルールになっている。

新しいカードになり、署名をするのを忘れていたばかりに、スマートに支払いを終えたいシーンが台無しということにならないようにしてほしい。

新しいカードが届いたら名義人を確認し、間違いがなければすぐに署名をしてしまうといいだろう。

古いカードを破棄

新しいカードが届いたことで、同じカードが一時的に2枚存在することになる。

古いカードは破棄する必要があるのだが、間違ってもそのままゴミ箱へ捨てるということをしないように注意してほしい。

クレジットカードには個人情報や金融情報などの重要な情報が非常にたくさん詰まっている。

さらに、有効期限が切れたカードでも、ある一定の条件を満たすと一時的に利用できてしまうという。

また、スキミングといった違法行為で情報を抜き取られてしまう事件が後を断たない

大切な個人情報を守り、不正利用を防ぐためにも、古いカードは利用不可、情報読み取り不可の状態で破棄する必要がある。

最も手軽に利用不可状態にするには、ハサミでクレジットカードを切断してしまうことだ。

できる限り細かく切断し、バラバラで捨てることが望ましい。

また、ICチップなどはトンカチなどで叩いて壊しておくとなおいいだろう。

さらに、署名欄やセキュリティコード欄は細かく切断するとより安心だ。

月々の支払いをチェック

クレジットカードは更新されてもカード番号が変わらないため、そのままの要領で使えるように思えるが、実はそうではない。

ネットショッピングや公共料金の支払いなど、webサイトからクレジットカードの登録をしている場合は注意が必要だ。

何故なら、webなどでクレジットカードを登録する際、一般的にはカード番号と有効期限とセキュリティコードを入力するからである。

そして、更新の際にカード番号が変わらなくとも、有効期限は必ず新しい期限に更新され、、セキュリティコードもほとんどの場合で変更になるからだ。

特に注意してほしいのが公共料金、携帯利用料、プロバイダー料金、家賃等の月々の固定費をクレジットカードで支払っている場合だ。

大体のカード発行会社では「洗い替え」といって、カードの更新に合わせて支払い先に変更をかけるサービスを行っている。

よって、クレジットカードは更新したら絶対に自分で情報の変更が必要わけではない。

しかし、洗い替えはあくまでカード発行会社善意によるサービスのため、必ずしてもらえるわけではなく、全ての支払い先に適用されるとは限らない。

基本的には自分でネットなどからカード情報の変更が必要になると思っておくといいだろう。

まとめ

今回はクレジットカードの更新について紹介したが、いかがだっただろうか?

今回紹介した中でも特に注意をしてほしいのが以下の3点だ。

・住所変更があった場合は速やかにカード発行会社に連絡をする(web等で変更可)
・古いカードはできる限り細かく切断して、バラバラに捨てる
・新しいカードが届いたら毎月の支払い先に登録しているカード情報を更新する

基本的にはクレジットカードは自動更新のため、それほど手間はかからないが、ちょっとした油断が大問題に繋がる可能性もあるので、十分注意した上で快適なクレジットカードライフを送ってほしい。

Pocket