PayPay(ペイペイ)とPayPal(ペイパル)は別モノ!それぞれの特徴を紹介!

Pocket
LINEで送る

スマホ決済アプリのPayPay(ペイペイ)とオンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)はどちらも高い知名度を誇っている。

一見、名前が似ているPayPayとPayPalだが、実際はまったくの別物だということに注意しなければならない。

スペルも読み方も似ている2つの決済アプリは、検索をしても混同して出てきたりもする。

慣れない方には紛らわしいことこの上ないだろうから、それぞれの特徴を紹介していこう。

PayPay(ペイペイ)について

スマホ決済アプリのPayPayはPayPay株式会社が提供しているサービスだ。

PayPay株式会社はソフトバンクとヤフーが合同で立ち上げた会社のため、実質はソフトバンクグループと言えるだろう。

PayPayはQRコードを通じて支払うQRコード決済アプリで、2通りの決済方法がある。

  • スキャン支払い:店側が提示したバーコード・QRコードをアプリで読み取る
  • コード支払い:こちら側が表示したバコード・QRコードを店側に読み取ってもらう

PayPayはQRコード決済サービスであり、金額の支払い方は3通りある。

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

事前にチャージしたPayPay残高やYahoo!マネー残高で支払うか、登録しているクレジットカードで支払う仕組みだ。

おトクなのはPayPayボーナス還元率0.5%に加えて、クレジットカード付帯のポイント還元率もあるクレジットカード払いだろう。

PayPal(ペイパル)について

PayPalとは米国のPayPal社が提供しているオンライン決済サービスだ。

利用方法はメールアドレスと紐づけしたPayPalのアカウントを作り、クレジットカードや口座情報をPayPalに登録して、PayPal経由で支払うというものだ。

登録できるクレジットカードの国際ブランドは、VISA・JCB・MasterCard・アメックス・DISCOVERとあり、登録可能デビットカードは国際ブランドがついたデビットカードとなる。

また、クレジットカード決済ならば付帯したカードごとのポイントもゲットできる。

PayPalのメリットとしてはPayPalの支払いに対応したサービスであれば、PayPalにログインするだけでそのサービスにて決済できるようになるということがある。

PayPalアカウントに登録した銀行口座情報やクレジットカード情報を使い決済ができるため、サイトごとに情報を登録する必要がなくなる。

手間がなくプライバシー保護やセキュリティ向上の面でも魅力的なツールだ。

PayPalに対応するサービスはどんどん増加しており、NetflixやHuluなどの月額課金サービスをはじめ様々なサービスで使うことができる。

PayPay(ペイペイ)とPayPal(ペイパル)はここが違う

PayPayとPayPalはスペルも読み方も似ているが、システムはまるで違う。

PayPayはスマホ決済アプリで、QRコード決済サービスによって実店舗での支払いがメインだ。

PayPalはオンライン決済サービスで、安全面で不安な通販サイトなどを利用する際に、PayPalを通すことでプライバシーを保護しセキュリティを向上できる。

どちらもクレジットカードや口座情報を登録するという点で同じだが、メインの利用目的は実店舗とオンラインで分かれているというのを理解しよう。

どちらも優れたサービスであることから、システムを正しく理解して、利用するのがおすすめだ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る