TOP

PayPayボーナスでポイント投資が可能に!楽天ポイント投資との違いや手数料、運用方法

2020年4月15日より、スマホ決済アプリのPayPayで、PayPayボーナスを利用した疑似運用体験ができるようになった。

“疑似”とはあるが、お金の代わりにポイントを運用するという面で、実際の株価に連動して、ポイントは増えたり、減ったりする。

具体的には、PayPayボーナスを「One Tap BUY」と呼ばれるサービスのポイントに交換して運用する。(1円相当の「One Tap BUY」独自ポイントから交換可能)

このサービスを利用するにあたっては、証券口座の開設やID登録などは必要なく、書類の提出も不要になので、PayPayアプリユーザーであれば年齢を問わず簡単に始めることができる。

PayPayポイント運用

運用できるポイントの種類

PayPayマネー・PayPayマネーライト・PayPayボーナスライトは対象外で、PayPayボーナスのみ利用できる点には注意してほしい。

PayPayボーナスは、PayPayの利用に応じて獲得できるポイントとなっている。銀行からチャージしたPayPayマネーをポイント運用に回すことは出来ない。

【対象】
・PayPayボーナス

【対象外】
・PayPayマネー
・PayPayマネーライト
・PayPayボーナスライト

手数料はすべて無料!

「One Tap BUY」とPayPayボーナスを利用した本サービスでは、手数料がすべて無料になっている。

一般的な株取引の場合、約定代金に応じて取引手数料が必要だが、それも不要ということだ。

また運用期間中の手数料も発生せず、購入にかかる手数料など、PayPayボーナスに交換する手数料はすべて必要ない。

無駄な経費が一切いらないので、まさに疑似運用体験にもってこいのサービス内容といえる。

運用方法と2つのコース

PayPayボーナスで「One Tap BUY」を利用する場合、2種類の運用コースが選択可能。

  • チャレンジコース:アメリカの代表的な複数の企業株価に連動する。3倍上下する仕組み。
  • スタンダードコース:アメリカの代表的な複数企業に、ポイントを分散して運用する。

具体的には、チャレンジコースの場合、10%上がればボーナスがプラス30%になる。

ただ、その分下がったときのマイナスも大きいので、リスクをとってでも大きくポイントを増やしたい人に向いているコースだ。

スタンダードコースの場合、リスクを分散させているので大きなリターンは少ないものの、安定的に運用できる可能性が高い。

各コースの取り扱い銘柄は、チャレンジコースが「DIREXION S&P 500 3XL(SPXL)」で、スタンダードコースは「SPDR S&P500 ETF」に連動する。

他のポイントの運用より簡単で手数料がかからない

今回のPayPayボーナスを利用した「One Tap BUY」でのポイント運用は、他の疑似運用体験サービスよりも手軽に始められるといった特徴がある。

ポイント運用では、楽天ポイントのポイント運用なども例として挙げられる。

楽天ポイントを利用した楽天証券での運用の場合、取引ごとに手数料が必要。

現物取引なら、5万円までの取引金額で55円(税込)となり、3,000万円をこえると1,070円(税込)必要になる。

Ponta投資に関しても同様で、運用ポイントをPontaポイントにする際に、交換手数料として5%(税込)が必要になる。

以上のことから、手数料等が一切必要ないPayPayボーナスを利用した「One Tap BUY」は、他の疑似運用体験サービスよりも有利である。

PayPayはスーパーアプリへ

PayPayは決済サービスだけではなく、生活をもっと豊かで便利にする「スーパーアプリ」へ進化させることを目指しており、金融サービスも視野に入れた形だ。

※ボーナス運用サービスは、株式会社One Tap BUYが提供している。

最終更新日:2020/05/08

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る