永久不滅ポイント投資運用サービスでポイントを増やすやり方を確認しよう!セゾン系ユーザーは注目

Pocket
LINEで送る

投資

「永久不滅ポイント運用サービス」は、貯まった永久不滅ポイントで投資を疑似体験できるサービスだ。

このサービスのメリットは、保有ポイントを原資としてポイントを増やせる可能性があること。

また、実際の株価などの数値と連動しているため、投資の勉強にもなる。

デメリットは、ポイントが減る可能性もあることや、ポイントを増やすにしてもある程度の時間が必要な点だ。

利用ユーザーは16万人を突破しており(2018年10月時点)、おおむね好評だ。

100ポイントから運用可能で、初心者でも始めやすい。

クレジットカードのポイントを運用してポイントを増やせるというサービスは、今のところ永久不滅ポイント運用サービスのみ(2018年10月時点)。

永久不滅ポイントを貯めているユーザーで、投資に興味がある、ポイントを増やしたいという方は、検討してみてほしい。

本記事では、このサービスの仕組みから、メリットとデメリット、利用時の注意点や口コミなどを解説する。

ポイント運用サービスの利用条件

永久不滅ポイント運用ポイントサービスを利用するためには、以下いずれかの会員である必要がある。

カード会員以外でも、セゾンポイントモールに登録を行うことでサービスが利用できる。

  • 永久不滅ポイントの貯まるセゾンカード会員
  • 永久不滅ポイントの貯まるUCカード会員
  • ミレニアム/クラブオンセゾンカード会員
  • セゾンポイントモール会員

なお、100ポイント単位で運用口座にチャージを行うので、永久不滅ポイントが100ポイント貯まっている必要がある。

運用開始後、運用口座の中では1ポイント単位で運用が可能だ。

また、ポイント運用サービスの利用には登録が必要だ。登録方法は次の通り。

  1. セゾンカード会員サイト「セゾンNetアンサー」に必要事項を入力・登録
  2. セゾンNetアンサーからポイント運用サービスの申込
  3. ポイント運用サービスサイトから希望するコースを選択・買付

※「株式コース」はStock Point株式会社への登録も必要

コースを選んで運用開始


永久不滅ポイント運用サービスには、次の2つのコースがあり、いずれかを選択することになる。

「投資信託コース」は手数料無料、「株式コース」はポイント交換レートが定められている。

投資信託コース

投資信託コースにはさらに4つのコースがあるので、自分の投資スタイルに合わせて選ぼう。

なお、アクティブコースとバランスコースは、2つ同時に利用することも可能だ。

TOPIX(日本株)コース

東証市場第一部に上場する株式全銘柄を対象とする株価指数東証株価指数(TOPIX)と連動。

日本の景気を実感しながら運用体験ができる。

VOO(アメリカ株)コース

バンガード社が運用するETF(上場投資信託)。

米国市場の主要500銘柄(大型株)の株式指数に連動するVOOと連動。

グローバル企業が多いので、世界の景気を実感しながら運用体験ができる。

アクティブコース

外国株式・外国債券を中心に、MSV内外ETF資産配分ファンド(Hコース)の運用状況に応じて増減。

積極的に利益を狙いたい人向け。

バランスコース

国内債券を中心に、MSV内外ETF資産配分ファンド(Aコース)の運用状況に応じて増減。

安定した運用をしたい人向け。

株式コース

2018年9月より新たにスタートしたコース。

永久不滅ポイント1ポイントが、Stock Point株式会社提供のストックポイント4ポイントに交換され、実際の企業の株価に応じて増減する。

交換可能なストックポイント(SP)は、カルビーSP・日清食品SP・ホンダSP(2018年10月時点)。

ポイントが1株の価値になった場合には、実際の株式と交換が可能(別途Stock Pointアプリのインストールが必要)。

運用状況を確認する

運用状況
永久ポイント運用サービスサイトにログインすると、「取引履歴」から運用状況が確認できる。

取引履歴では、運用結果・増減・運用成績グラフ・利益率・運用中のポイント数・ポイントの申込履歴など、運用に必要な情報が確認できる。

つみたて機能

ポイント運用口座の「つみたて」からコースとポイント数を設定すると、自分で買付を行わなくても、毎月25日に自動で買付が行われる。

毎月コツコツと投資信託積立をしたい人には、この機能を活用しよう。

投資で増やしたポイントの使い方

永久ポイント運用サービスで増やしたポイントを利用するためには、ポイントを運用口座から戻す必要がある。

運用口座内のポイントは、1ポイント単位で戻すことができる。

運用口座から戻した永久不滅ポイントは、「ポイントdeお買物サービス」によりカードの請求分に充当したり、アイテムと交換したりして、通常通り利用可能だ。

永久不滅ポイントはその名の通り有効期限がないため、自分の好きなタイミングでポイントを利用できるのが利点である。

メリット・デメリット

メリットとデメリット
ポイント運用サービスの仕組みや使い方が分かったところで、メリットとデメリットを比較してみたい。

メリット

ポイントを増やすことができる

クレジットカードのポイントをお得に貯める方法はいくつかあるが、通常、獲得したポイントをさらに増やすことはできない。

しかし、このサービスを活用すれば、ポイントを獲得後に増やせる可能性があるのだ。

ポイントを積極的に貯めている人にとって、このメリットは大きいだろう。

リスクを抑えて投資の勉強

このサービスは、実際のファンドの運用状況や株価指数と連動しているため、投資の疑似体験ができる。

一方で、運用するのはお金ではなく、あくまでクレジットカードの利用で貯まったポイントのため、リスクが低い。

投資信託や株式投資について、「よく分からなくて怖い」「お金が減るのは嫌だ」と考える人でも利用しやすいのではないだろうか。

少額からスタートできる

投資信託や株式などを購入する場合、通常は数万円~数十万円程度のお金が必要になる。

しかし運用ポイントサービスでは、100ポイント=約500円分から運用が可能だ。

そのため、気軽に試すことができ、保有ポイントの一部だけを運用に回すということもできる。

忙しい人でも運用しやすい

投資信託コースの場合、運用状況のチェックは月に1回~数ヶ月に1回程度でも十分だ。

株式コースの場合でも、社会情勢の変化や、株式を持つ企業に余程のこと(倒産、大幅な業績悪化、不祥事など)がない限り、株価が急激に下落することは考えにくい。

そのため、忙しくて運用のための時間が取れないという人でも、利用しやすいサービスと言えるだろう。

デメリット

ポイントが減る可能性がある

ポイント運用サービスでポイントが増える可能性もあるが、逆にほとんど増えなかったり、大幅に減る可能性もある。

最悪の場合、元本割れをしてしまう可能性もゼロではない。

リスクは低いとはいえ、投資をする以上、そういった可能性も考えておかなければならない。

「運用をすれば必ずポイントが増えて得ができる」わけではないことは覚えておきたい。

増えるまでに時間がかかる

株式投資も投資信託も、基本的には「長期投資」が基本だ。

株式投資の場合は1日で大幅にポイントが増減することもあるが、投資信託の場合はしばらく数値に変化がないことも多い。

十分な利益を得るまでにポイントを増やすには、短くても数ヶ月、長い場合は数年のスパンでの運用を考えた方が良いだろう。

運用開始後、数時間や数日、数週間で十分にポイントを増やせわけではない点に注意したい。

ポイント運用サービスはおすすめか

OK
まず、投資に興味があるのなら、ポイント運用サービスは検討に値するサービスだと言える。

ポイントを増やすという点でもメリットは大きい。

逆にポイントが減る可能性もあるわけだが、あくまでもポイントの運用のためリスクは低く、納税や確定申告の必要がないのもメリットだ。

サービス利用における注意点

永久ポイント運用サービスを利用する場合、次の点に注意することで、リスクを抑えポイントを増やす可能性を広げられる。

小さくスタート

はじめから大量のポイントを運用してしまうと、うまくいかなかった時のダメージが大きくなる。

保有ポイントの全てを運用に回すことは避け、まずは最小の100ポイントからスタートすると良いだろう。

コース選びに注意

利用するコースによっても、ポイントを失うリスクは異なる。

例えば、投資信託コースのアクティブコースは、大きくポイントが増える可能性があるが、大きく減る可能性もある。

逆に、同じ投資信託コースでもバランスコースは、ポイントを大きく失う可能性が少ないコースだ。

アクティブコースとバランスコースの両方を運用することでもリスクは減らせる。

結果に一喜一憂しない

ファンドの運用状況や株価は、社会情勢や企業の情報などによって、日毎に変化するものだ。

数値は日々変わっていくものと考え、あまり気にしすぎないようにしたい。

分散投資を行う

同じ額の投資でも、複数に分けた方がリスクを減らせる

例えば、500ポイントを元手にする場合、500ポイントを全て使って1回で株やファンドを購入するより、100ポイントずつ5回に分けて購入した方が良い。

元手となるポイントを増やす

投資をするポイントが多いほど、ポイントが増える可能性も大きくなる。

元手となる永久不滅ポイントは、大いに越したことはない。

キャンペーンを活用したり、家賃や光熱費などの生活費をできるだけセゾンカードで支払うようにしたりして、永久不滅ポイントを積極的に貯めよう。

ユーザーの口コミ、評判

レビュー
永久不滅ポイント運用サービスを利用しているユーザーのブログなどを参照すると、以下のような口コミや評判がある。

  • スタートしてからしばらくはマイナスだったが、約3ヶ月で75ポイント、計7ヶ月で約273ポイント増えた。金額にすると1200円程度だが嬉しい
  • アクティブコースとバランスコースの半年程度の運用で、200ポイントから202ポイントに増えた。引き続き続けていきたい
  • アクティブコースとバランスコースに投資。29800ポイントからのスタートで、1年3ヶ月で335ポイント(約1675円)増えた
  • 100ポイントからスタートして、数日で1ポイント増えた

このように、「運用ポイントサービスを利用した結果、運用前よりもポイントが増えた」という声は多い。

しかし、「運用中には数十~数百ポイント下がったこともあった」など、増減を繰り返しながらポイントが増えていったパターンが一般的なようだ。

他のポイント投資との違い

永久不滅ポイント運用サービス以外にも、クレジットカードのポイントを利用して投資を行うことができるサービスは存在する。

それらの特徴と、永久不滅ポイント運用サービスとの違いを以下にまとめた。

インヴァストカード

インヴァストカード
クレジットカードのポイントで、世界のETF(上場投資信託)に自動的に投資するサービスを利用できる。

1ポイントから利用でき、自動的に毎月口座にキャッシュバックされる。毎月の自動積立も可能。

売買手数料は無料だが、保有しているETFに0.9%の金利がかかる。

また、売買利益が年間で20万円以上の場合には確定申告を行う必要がある。

投資により増えたポイントを現金化できるという点と、海外のETFのみにしか投資ができない点が特徴だ。

楽天カード

楽天カード
2017年8月から、楽天スーパーポイントで楽天証券の投資信託を購入できるサービスが開始された。

楽天証券のサイトにログインし、買付金額の「ポイント利用」に手持ちのポイントを入力することで注文できる。

全てポイントを使うこともできるが、金額の一部にポイントを充当することも可能。

楽天証券に登録する手間はかかるものの、ポイントを現金代わりにして実際の投資信託を購入できるという点が特徴だ。

永久不滅ポイント運用サービスとの違い

上記それぞれにメリットはあるが、「ポイントを元手にポイントを増やせる」というサービスは、今のところ永久不滅ポイント運用サービスのみだ。

また、投資を始める手軽さやリスクの低さという点でも、永久不滅ポイント運用サービスに軍配が上がる。

賢く運用してポイントを増やす

投資
運用ポイントサービスは、以下のような人におすすめだ。

  • 永久不滅ポイントをすぐに使う予定がない
  • 永久不滅ポイントが増えたら嬉しいが、多少減っても構わない
  • 投資初心者だが、投資体験をしてみたい

永久不滅ポイントがある程度貯まっているが、特に使い道を決めていないという場合、ポイント運用サービスを利用し、長期的にポイントを増やしていくのもありだろう。

また、100ポイントからスタートできるため、「ちょっと試してみたい」「投資のシュミレーションをしてみたい」という場合にもおすすめだ。

実際のファンドや株価と連動しているため、将来的に本格的な投資をしてみたい人にとってよい練習にもなる。

ただし、保有ポイントが減ってしまう可能性はあるため、少なからずリスクはある。

「大事に貯めたポイントを少しもムダにしたくない」という人は、やめておいた方が良いだろう。

ただし、仮にポイントが減ったとしても、あくまでも保有ポイント内でのことなので、手持ちのお金がなくなることはない。

ここが、通常の投資と永久不滅ポイント運用サービスの大きな違いだ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る