楽天ポイントと楽天スーパーポイントの違いは? 実は「スーパー」が消えていた!3月1日より正式名称の変更

Pocket
LINEで送る

注意深く楽天をチェックしていた人なら気づいたかもしれないが、「楽天スーパーポイント」の表記が「楽天ポイント」に変更されている。

ポイント名称から「スーパー」の文字が消えており、2020年3月1日(日)から公式サイトでも名称変更について触れていた。

ただ、以前より公式表記やポイントロゴでは「楽天ポイント」が用いられており、「JCBのOkiDokiポイント」「メトロポイント」などの外部サイトでも同様。

他にも、3月16日に改定された「カード会員規約 改定内容」にも「楽天ポイント」の文字が確認されている。

楽天ポイントとは

結論から述べると、「楽天スーパーポイント」と「楽天ポイント」の内容に違いはない。

つまりポイント名称やロゴ表記などが変わっただけで、ユーザーの使い方自体には影響がないということだ。

今までのように楽天関連サービスでポイントが貯まるので、楽天市場などの楽天サービスを利用していた人は継続して利用するといいだろう。

貯まったポイントを楽天関連サービスで利用できる点も同様だ。

また、ご存じの方が大半とは思うが、楽天ポイントを効率的に貯めたい場合、楽天カードがおすすめだ。

名称変更で言いやすくシンプルに!

長くて言いにくかった「楽天スーパーポイント」が「楽天ポイント」になったことで、わかりやすく店頭でも伝えやすくなった。

ユーザーの中には、「どういった点がスーパーなのか?」「なぜ楽天ポイントと呼ばないのか?」と疑問に思っていた人も多いはず。

ただ注意点として、楽天スーパーポイントアッププログラム(通称、SPU)は引き続き同じ名称になっている。

楽天スーパーポイントアッププログラムとは、楽天市場でのお買い物で最大16倍のポイントを獲得可能なサービスのこと。

楽天カードや楽天銀行など、各種楽天関連サービスを活用することで、16%のポイント還元率に近づくことができるのだ。

個人的な意見だが、「楽天スーパーポイント アッププログラム」という区切り方よりも、「楽天 スーパーポイントアッププログラム」という区切り方がしっくり来ていた。

もちろん上記の事例と差別するだけが変更理由ではないと思うが、楽天ポイントの根幹をなす楽天スーパーポイントアッププログラムが呼びやすくなっただけで、今回の名称変更は大きな効果があったはずだ。

また、そもそも「楽天スーパーポイント」という名称を認知していなかったユーザー層にも、好影響を及ぼす結果となっている。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る