PayPayフリマはメルカリ、ラクマを超えられるか?手数料、決算手段など3社フリマアプリを比較!

Pocket
LINEで送る

10月7日にリリースして話題となっているフリマアプリ「PayPayフリマ」。

基本的にはヤフオク!と同じサービス内容だが、オークション形式ではなく固定価格による取引が行われる。

またPayPay関連のフリマアプリということもあり、PayPayフリマではヤフオク!に出品されている中から一部条件を満たした商品も閲覧可能。

出品数が少なくほしい商品が見つからない心配もなく、リリース当初から豊富な商品ラインナップを抱えているのが大きな強みだ。

また、PayPayフリマでは2019年11月30日まで、出品者の送料が無料になるキャンペーンを開催している。

期間中はネコポスから宅急便まで0円で利用でき、他社フリマアプリと比較しても非常のお得。

スマートフォンなどの小型なものから、ハンドバッグなどの大型商品まで無料で配送可能なので、PayPayフリマを始める絶好の機会だ。

PayPayフリマ、メルカリ、ラクマの手数料を比較

フリマアプリで気になるのが各種手数料。

中でも大手サービスであるメルカリとラクマ、PayPayフリマの手数料を比較してみた。

販売手数料振込手数料決済手段
PayPayフリマ10%100円(ジャパンネット銀行は無料)PayPay・クレジットカード
メルカリ10%200円(一律)メルペイ・クレジットカード・各キャリア決済など
ラクマ3.85%210円(1万円以上で楽天銀行は無料)楽天ペイ・クレジットカードなど

販売手数料はラクマが最も安く設定されている。

しかしメルカリとPayPayフリマは豊富な出品ラインナップが大きな強みで、中でも振込手数料が100円のPayPayフリマのお得度は非常に高い。

またジャパンネット銀行を利用すると振込手数料が無料になったり、PayPay残高に移行できたりさらなる特典も多いので、フリマアプリの入門としておすすめだ。

ポイント還元の有無

フリマアプリの中でもPayPayフリマとラクマでは、関連するスマホ決済サービスでの支払いでポイント還元を受けることができる。

  • PayPayフリマ:PayPayでの支払いで通常1.5%還元
  • ラクマ:楽天ペイでの支払いで通常0.5%還元

例えばヤフーカードを登録したPayPayで10,000円の商品を購入した場合、ポイント還元率は1.5%なので下記の通りになる。

例)10,000円×1.5%=150ポイント獲得

単純なクレジットカード払いよりもポイント分だけお得になるので、PayPayフリマを利用する際はPayPayの利用がおすすめだ。

PayPayフリマで20%還元キャンペーン中

送料無料キャンペーン以外にも、PayPayフリマでは20%還元キャンペーンを開催中。

  • 期間:2019年11月1日(金)0:00~2019年12月25日(水)23:59
  • 特典内容:PayPayフリマで購入した金額の最大19%をPayPayボーナスライトで還元

簡単に説明すると、PayPayフリマで商品を購入した場合、ユーザーがクリアしている条件レベルに応じてPayPayボーナスライトが還元されるという内容だ。

  • PayPay残高払いを利用:+9%
  • Yahoo!プレミアム会員:+5%
  • ソフトバンクスマホユーザースマートログイン設定:+5%

例)Yahoo!プレミアム会員に加入していないソフトバンクユーザーの場合、PayPay残高払いの利用で14%のポイント還元を受けることが可能

また上記の条件とは関係なく、特定のサービスを利用するとさらに1%の還元率がプラス。

合計で最大20%のポイント還元率となり、非常にお得な内容になっている。

ただしソフトバンク以外のスマホユーザーの場合、最大ポイント還元率は15%になるので注意しておこう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る