現金でも利用できるスマホQR決済まとめ!PayPayセブン銀行ATMで現金チャージ可能に

Pocket
LINEで送る

2019年7月11日10:00より、全国に25,000台以上設置されている「セブン銀行ATM」で、スマホ決済の「PayPay」に現金チャージができるようになる。

セブンイレブンはもちろん、空港や駅、商業施設などさまざまな場所のセブン銀行ATMが対象になっており、入金手数料無料や原則24時間365日チャージ可能といったメリットも。

また今回のPayPayとセブンイレブンの提携に伴い、総額5,000万円分のPayPay残高を山分けするキャンペーンも開催予定だ。

提携内容

今回のPayPayとセブンイレブンの具体的な提携内容は下記の通り。

  • 提携内容:全国のセブン銀行ATMからPayPayへの現金チャージが可能に
  • 開始時期:2019年7月11日10:00から
  • チャージ手数料:無料
  • チャージ単位:1,000円単位
  • 1回あたりの入金限度額:50万円
  • PayPayアカウントの保有残高上限額:100万円

原則24時間365日いつでもPayPayにチャージできるが、セブン銀行ATMが設定されている施設の営業時間が優先される。

つまり21:00で閉店する商業施設にあるセブン銀行ATMの場合、PayPayにチャージできる時間は21:00までなので要注意。

キャンペーン内容

提携と同時に開催予定だが、具体的な内容は下記の通り。

  • 特典内容:キャンペーンにエントリーしたユーザー間で、総額5,000万円相当のPayPay残高を山分け
  • 期間:2019年7月11日(木)0:00~8月10日(土):23:59
  • 最大付与額:200円相当

キャンペーンにエントリーしたユーザーの間で5,000万円相当のPayPay残高を山分けし、25万人以内なら200円相当、25万人以上なら「5,000万円÷参加者数」分のPayPay残高が手に入る。

またキャンペーンへのエントリー方法は下記の手順に従えば大丈夫だ。

  1. セブン銀行ATMに表示されるQRコードをスマホで読み取る
  2. エントリーフォームに電話番号とメールアドレスを入力
  3. エントリー完了

キャンペーンで獲得したPayPay残高は、8月下旬以降にメール経由で届くので覚えておこう。

現金チャージが可能なその他のスマホQR決済

今回セブンイレブンとしたPayPay以外にも、現金チャージが可能なスマホ決済やQRコード決済は存在する。

  • PayPay
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • ファミペイ

例えばLINE Payの場合は、対象店舗のレジでQRコード/バーコードを表示すると店員がチャージに対応してくれるし、ファミリーマートの場合は「Famiポート」経由の現金チャージも可能だ。

メルペイの場合は少し特殊で、「メルペイあと払い」と呼ばれる機能を活用する必要がある。

メルペイあと払いとは1か月分の利用金額を来月分にまとめて支払えるサービスで、清算方法はコンビニレジや銀行ATM。

現金支払いが可能なメルペイあと払いだが、1回の清算につき300円(税込み)の手数料が必要なので注意が必要だ。

「Kyash」や「バンドルカード」を活用する方法も

Origami Payや楽天ペイなど現金チャージに対応していないスマホQR決済の場合、「Kyash」や「バンドルカード」を活用することで現金チャージが可能になる。

Kyashやバンドルカードとはバーチャル上のプリペイドカードで、コンビニやセブン銀行ATMチャージできる仕組み。

つまりKyashやバンドルカードにいったん現金でチャージし、再度スマホQR決済アプリにKyashやバンドルカードを連携すれば、実質現金でOrigami Payや楽天ペイにチャージすることが可能となる。

もちろんPayPayなど他のスマホQR決済にも活用できる方法なのでおすすめだ。

 

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。