TOP

東京エディション虎ノ門 ブログレビュー。よりお得に泊まる方法は?

2020年に都内にオープンした東京エディション虎ノ門に宿泊したので、ホテルの宿泊記(ブログレビュー)を紹介したいと思う。(宿泊日:2021年8月)

東京エディション虎ノ門 概要

東京エディション虎ノ門ホテルは、2020年10月20日開業したマリオット・インターナショナル・グループのホテル。マリオット・インターナショナルは、世界最大のホテルグループで、マリオットやリッツカールトンホテル、シェラトンといった高級ホテルを運営している。

マリオット・インターナショナルのホテルの中にも、グレードによってランク付けされているが、東京エディション虎ノ門は最高グレードのラグジュアリーランクに位置するエディションシリーズのホテルである。

マリオットのホテルランク

今回はこちらのホテルに2泊したので、その内容をレビューしたいと思う。

ホテルの部屋、設備

部屋

部屋の種類とランクは以下の通りで、下に行くほどグレードが高い。同グレードの場合はシティビューよりも東京タワーが見えるタワービューの方がランクが高くなる。

  • デラックス
  • プレミア
  • スタジオ テラス
  • スーペリアスイート
  • プレミアスイート
  • タワースイート
  • テラススイート
  • エディションペントハウス

プレミアキングの部屋の様子

今回宿泊した部屋は「プレミアキング(シティビュー)」という部屋。本当はデラックスキングと呼ばれるスタンダードクラスの部屋を予約していたが、後述する特典により部屋のグレードがアップされ、少し広めの部屋になったものだ。

プレミアキング(シティビュー) | Tokyo Edition Toranomon
プレミアキング(シティビュー)

今回は通常のキングベッドに加え、子供用のエクストラベッドを用意してもらった。

ウェルカムフード(金平糖とブラックチェリー) | Tokyo Edition Toranomon
ウェルカムフード(金平糖とブラックチェリー)、支配人からのウェルカムメッセージ
ミニバー | Tokyo Edition Toranomon
ミニバー、飲料、お菓子

ミニバーや軽食類は充実している。EDITIONのロゴが施されたボトル水、コーヒー、お茶、ティー類は無料。お酒類やお菓子類は有料となる。

アメニティ | Tokyo Edition Toranomon
アメニティ

シャンプーやソープは世界的フレグランスメーカー、LE LABO(ル・ラボ)のもので、エディションホテル用に特別に調合されたもの。ホテルで購入できるほか、shopedition.comでも購入可能。

レストラン、バー

ホテルには1つのレストラン「The Blue Room(ザ・ブルールーム)」とバー「Lobby Bar(ロビーバー)」が併設されている。(2021年8月現在)

「The Blue Room(ザ・ブルールーム)

東京タワーや東京の夜景を一望できるレストラン、中央に位置する青のソファが印象的。アラカルトの他、コースメニュー3品/5品がある。

The Blue Room, Tokyo Edition Toranomon
The Blue Room
The Blue Room - Dinner | Tokyo Edition Toranomon
The Blue Room – Dinner

朝食はアラカルトまたはコース(和食 / 洋食)から。

The Blue Room - Morning | Tokyo Edition Toranomon
The Blue Room – Morning

Lobby Bar(ロビーバー)

フロントに併設されたバー。窓側にはゆったりとしたソファ席があり、東京の景色を一望しながらお酒やアフタヌーンティーを楽しむことが出来る。

ロビーは、イアン・シュレーガーの「空中のジャングル」をコンセプトに、世界的建築家の隈研吾氏がデザインしている。高い天井で緑に囲まれた空間は、都会にいながらも、どこかリゾート地にいるような感覚にさせてくれる。

バータイム

ロビーバーを利用するならば、バータイムがおすすめ。窓側のソファ席でくつろぎながら、オリジナルカクテルと共に東京の夜景を楽しめる。

The Lobby Bar - Night Scene | Tokyo Edition Toranomon
The Lobby Bar – Night Scene
アフタヌーンティー

アフタヌーンティーセットは、3段のティースタンドにきれいに盛り付けられており、味も格別。他にも軽食も楽しめる

The Lobby Bar - Afternoon Tea | Tokyo Edition Toranomon
The Lobby Bar – Afternoon Tea

プール・ジム

ホテルでゆったりとした時間を過ごすならプールも是非とも利用したい。25mほどの温水プールで体を動かすのもよいだろう。プールサイドでのんびり過ごすのもよい。タオルや水も用意されている。

屋内プール | Tokyo Edition Toranomon
屋内プール

会員システム「Marriott Bonvoy(マリオットヴォンボイ)」

東京エディション虎ノ門を運営するマリオット・・インターナショナルでは、Marriott Bonvoyという会員制度があり、東京エディション虎ノ門を始めとしたマリオット系列のホテルに泊まるので、様々な特典を得ることが出来る。宿泊数などによってグレードが上がり、グレードに応じて以下のような特典を得ることが出来る。登録は無料なので、一度しか泊まらない予定であったとしても、必ず登録しておこう。

・会員料金での宿泊
・部屋のアップグレード
・レイトチェックアウト

東京エディション虎ノ門にお得に泊まるには?

マリオット・インターナショナルのホテルに泊まるにあたって、単純にウェブサイトから予約するよりも、様々な方法を利用することで、よりお得に利用出来る方法がある。

SPGアメックス

SPGアメックスは、マリオット・インターナショナルで最もお得に利用できるクレジットカードである。保有するだけで、ゴールドエリートの会員資格を得ることが出来るため、以下の特典がカード保有だけで獲得できる。

  • ポイントの還元率がアップ
  • チェックアウト時間の延長(レイトチェックアウト)
  • エンハンスドルーム(より良い部屋)へのアップグレード
  • ウェルカム・ギフト

ゴールドエリートの資格は通常は「年間25泊以上の宿泊」を達成した場合に与えられる資格のため、カード保有だけで特典が得られるのは大きなメリット。
その他毎年カード更新ごとに、無料宿泊特典が得られる。

無料宿泊特典は世界各地のMarriott Bonvoy参加ホテルで、交換レート1泊50,000 Marriott Bonvoyポイントまでで利用できる一泊一室(2名まで)の特典を利用することが出来る。

つまり無料宿泊特典だけでも5万円の価値があることになる。この他、海外旅行保険の特典、クレジットカードの利用に応じた還元を考えれば、いかにお得にが分かる。

これだけの付加価値がついて、年会費は34,100円(税込)。パフォーマンスは非常に高いクレジットカードである。

SPGアメックスの公式サイト

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードのマリオット・インターナショナルといった高級ホテルの優待を利用できる。実は今回宿泊した東京エディション虎ノ門は、ラグジュアリーカードのコンシェルジュデスクで予約したもの。

今回はコンシェルジュデスクで予約すること以下のような特典を得ることができた。

  • ご滞在中の毎朝食
  • USD100相当のホテルクレジット(ルームサービス、レストランでの飲食、スパのトリートメントにご利用可)
  • 2連泊以上でUSD250相当のホテルクレジット(ルームサービス、ミニバー、スパ製品を除く)
  • ルームアップグレード *当日の空き状況による
  • アーリーチェックイン *当日の空き状況による
  • レイトチェックアウト *当日の空き状況による


ラグジュアリーカード(ブラックカード)公式サイト

先程紹介した部屋のアップグレードはこの特典によって得られたものだ。なお、これらの特典とMarriott Bonvoyのエリート資格による特典は重複して利用できる。SPGアメックスでゴールド会員の特典を得つつ、ラグジュアリーカードと合わせて特典を利用するという方法もありだ。

マリオットインターナショナルに絞ってホテル宿泊を楽しみたい方はSPGアメックスを、それ以外のホテルも幅広く楽しみたいならラグジュアリーカードを選ぶと良いだろう。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る
オトクレ編集長 池田 星太

執筆・編集

池田星太

オトクレ編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る