チタン/ブラック/ゴールド!ラグジュアリーカード3券種の年会費・還元率・サービスの違いを紹介

Pocket
LINEで送る

ラグジュアリー_三券種2

高いステータス性と金属製の高級感あるデザインで、独自の存在感を放つ「ラグジュアリーカード」。本記事では、そんなラグジュアリーカードの3券種、チタン/ブラック/ゴールドについて、年会費・還元率などの基本スペックから特典・サービスまで、3券種の共通点と違いを紹介する。

3券種の基本スペック

ラグジュアリーカードには、チタンカード/ブラックカード/ゴールドカードの3券種がある。一般的なクレジットカードではブラックカードが最上位になるが、ラグジュアリーカードの場合はチタン<ブラック<ゴールドという順になっている。

これら3券種の基本的なスペックを下表にまとめた。

チタンブラックゴールド
年会費(税別)5万円10万円20万円
還元率1~2.2%1.25~2.75%1.5~3.3%
家族カード年会費(税別)1万5千円2万5千円5万円
国際ブランドマスターカード
ETCカード発行手数料・年会費無料
海外旅行傷害保険最高1.2億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)

常に還元率1%以上の高還元率カード

ラグジュアリーカードの大きな特徴のひとつが、還元率が高いことだ。ポイントの使い方としては、キャッシュバックと賞品交換とがある。

キャッシュバックでは以下の還元率となる。

チタン:1.0%
ブラック:1.25%
ゴールド:1.5%

賞品交換ではどの賞品と交換するかによって還元率が異なるが、最大還元率となるのはギフト券と交換したときだ。

3券種共通の特典・サービス

ラグジュアリーカードは、そのステータス性に相応しく、特典・サービスが非常に充実している。しかも、ほかのカードにはない内容の特典・サービスを揃えている。

チタン/ブラック/ゴールド共通の特典・サービスとしては、次のようなものがある。

24時間365日対応のコンシェルジュ

高い還元率と並んでラグジュアリーカードの大きな特徴といえるのが、コンシェルジュだ。ラグジュアリーカード会員専任のコンシェルジュが、24時間365日、電話・メールで対応している。

ステータス性の高いカードはコンシェルジュサービスを提供していることが多いが、ラグジュアリーカードのコンシェルジュはそのなかでもレベルが高いといわれる。

コンシェルジュには、飲食店や宿泊施設の検索・予約を始め、チケット手配、プレゼントの提案・手配など、さまざまなことをリクエストできる。海外の情報にも強いので、海外旅行・出張時のレストランやホテル選びなども相談してみると良いだろう。

また、コンシェルジュというと高級なレストランやホテルを予約するときなどに利用するイメージがあるかもしれないが、ラグジュアリーカードでは、もっと気軽にコンシェルジュを利用してもらえるよう推進している。

旅行保険も完備!トラベル関連サービス

ラグジュアリーカードでは、次のようなトラベル関連のサービスを提供している。国内・海外ともに旅行保険が手厚いので安心だ。また、国内・海外ともに無料で空港ラウンジを利用できる場所が多い。

・旅行傷害保険:最高補償額1.2億円の海外旅行傷害保険が自動付帯。また、最高補償額1億円の国内旅行傷害保険が利用付帯。

・空港ラウンジ:国内主要空港のラウンジおよび韓国・ハワイの主要空港のラウンジを、会員と同伴者1名まで無料で利用できる。また、世界1,300カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」のサービスを無料で利用できる(同伴者は有料)。

・グローバルホテル優待:世界中の3,000以上のホテル・宿泊施設で受けられる優待。優待内容はホテル・宿泊施設によりさまざまだが、1滞在あたり5万5千円相当以上の内容。

・The Ryokan Collection:日本の旅館・小規模ホテルで受けられる優待。特別な食事や体験など、日本ならではの優待内容となっている。

・手荷物宅配:自宅~国内空港を、カード1枚につき手荷物3個まで無料で配送。自宅~海外滞在先も優待価格で配送してもらえる。

・空港リムジン・トラベルクレジット:コンシェルジュで一定金額以上の国際航空券を購入した場合に利用できるサービス。成田国際空港または羽田国際空港へのリムジンサービスか、購入航空券に利用できるトラベルクレジットが贈呈される。

・CLASS ONE入会:CLASS ONEは、旅行会社エイチ・アイ・エスがプロデュースするビジネスクラス・ファーストクラス専門店。通常は入会資格があるが、ラグジュアリーカード会員は無条件で入会できる。

・ハーツレンタカー優待:世界150カ国に展開するレンタカー・ブランドで、優待料金や特典を受けられる。

・ワールドワイドサポート:世界各国にデスクを置き、会員を旅行先でもサポートする。

レストランがお得に!ダイニング関連サービス

ラグジュアリーカードでは、次のようなダイニング関連のサービスを提供している。

・ラグジュアリーアップグレード:対象のレストランで会員限定の優待が受けられる。対象のレストランは東京が中心だが、名古屋・京都にも若干ある(2019年11月時点)。優待の内容は、たとえばコース料理のアップグレードや特別な一品の提供、ウェルカムドリンクのサービスなどさまざま。

・ラグジュアリーダイニング:全国約200店舗ある対象の店舗で、2名以上の所定のコースを予約した場合、1名分が無料となる。

・高級飲食店オンライン予約サイト TABLEALL:国内の予約困難な高級飲食店の席を予約できるサービス。

・カフェ・バー優待:対象のカフェ・バーで利用できる会員限定の優待。対象カフェは、「SIGN ALLDAY」、対象バーは「ルーフトップバー(アンダーズ東京)」「Sankeys PENTHOUSE」「ザ・キャピトル バー」(2019年11月時点)。2杯目のドリンク無料などの優待がある。

・ケインズカフェ東京優待:新宿本店にて通常数カ月待ちのガトーショコラを、会員限定で平日1日5本取り置き。当日でも予約可能。

・ラグジュアリービールROCOCO Tokyo WHITE:通常、都内一流レストランでしか販売していないビールを直接購入できる。

そのほかにも独自サービスを提供

トラベル、ダイニング関連以外にも、ラグジュアリーカードならではのサービスを次のように提供している。

・スーパーカー優待プログラム:スーパーカー専門のカーシェアリングサービス等を提供する「TOKYO SUPERCARS」にて、会員様限定のイベントやサービスを用意。

・プライベートジム優待:日本を代表するトレーナー・中野ジェームズ修一監修の会員制ジム「Club100」にて会員限定の優待プログラムを提供。

・新生銀行ステップアッププログラム(新生プラチナ):プログラム最上位のプラチナステージのサービスを利用できる。

美術館・映画館優待は優待内容に違いあり

ラグジュアリーカードでは、国立美術館と全国のTOHOシネマズで優待を受けることができるが、下表のように券種によって内容に若干違いがある。

チタンブラックゴールド
国立美術館*1所蔵作品展の無料鑑賞(同伴者1名まで)
国立美術館*2企画展の無料鑑賞
全国TOHOシネマズで無料映画鑑賞*3毎月最大1回毎月最大2回毎月最大3回

*1 対象美術館:東京国立近代美術館、 国立西洋美術館、 京都国立近代美術館、 国立国際美術館、 国立映画アーカイブ(7階展示室)
*2 対象美術館:東京国立近代美術館、国立新美術館
*3 毎月のチケット総数に限りあり。

国立美術館所属作品展の無料鑑賞はカード提示で可能だが、企画展とTOHOシネマズの優待利用は、ラグジュアリーカードのアプリで手続きを行う。

TOHOシネマズの映画無料鑑賞は非常に人気で、毎月すぐにチケットがなくなってしまうため、利用したい場合は月はじめにすぐ手続きを行うようにしよう。

ブラック/ゴールド限定のサービス

ラグジュアリーカードのブラックカード、ゴールドカード限定の特典・サービスとしては、次のようなものがある。特にソーシャルアワーは人気のサービスだ。

・ラグジュアリーソーシャルアワー:東京・大阪のホテルで開催される、会員限定のイベント。参加費2,000~3,000円で、毎回のテーマに合わせたワインやアルコールと、オリジナルフードを楽しめる。
東京は「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」「パーク ハイアット 東京」「アンダーズ 東京」「ウィスキーバーCABIN」でそれぞれ月1回開催、大阪は「コンラッド大阪」で平日に毎日開催されている(2019年11月時点)。

・ラグジュアリーリムジン:対象地域の指定の場所と対象のレストランまでの片道送迎サービス。ブラックカードは往路、ゴールドカードは往路・復路いずれかを選べる。対象レストランは関東・関西のほか、一部名古屋にもある。また、ゴールドカードは海外の対象レストランでも利用できる。

・ハワイアン航空エリート会員ステータス:ブラックカードはHawaiianMiles Pualani Gold、ゴールドカードはPualani Platinumを無条件で獲得できる。

ゴールドカード限定のサービス

ゴールドカード限定のサービスとしては、個人賠償責任保険がある。

これは、日本国内において、日常生活で生じた法律上の賠償責任を最大1億円まで補償するものだ。この保険が付帯するカードは非常に珍しい。

また、ここまで紹介してきたように、チタンカードやブラックカードでも利用できる特典・サービスであっても、ゴールドカードで利用できる内容が一番良いというものもある。

ゴールドカードは24金仕上げ

ラグジュアリーカードは金属製カードで、見た目にも高級感のあるカードだ。特にゴールドカードは24金でコーティングがされており、ほかにないクレジットカードとなっている。

なお、金属製で重みはあるが厚さは一般的なクレジットカードと同じなので、一部のコインパーキングの精算機を除いては、普通のクレジットカードと同じように利用できる。

法人カード限定のサービスはある?

ラグジュアリーカードは、法人カードを発行することも可能だ。

高級感のある見た目のラグジュアリーカードは、どこでも気兼ねなく利用できる。国際ブランドがマスターカードなので、国や地域を選ばず利用できるのも良い。また、還元率が高いことは法人カードとしても大きなメリットだろう。年会費を経費として扱えるのも大きい。

法人カード限定のサービスはないが、個人カードで受けられる特典・サービスはすべて同様に利用できるので不足はないはずだ。

3券種の違いまとめ

最後に、ラグジュアリーカードのチタンカード/ブラックカード/ゴールドカードのそれぞれ異なる点だけをまとめると下表のようになる。

チタンブラックゴールド
年会費(税別)5万円10万円20万円
還元率1~2.2%1.25~2.75%1.5~3.3%
家族カード年会費(税別)1万5千円2万5千円5万円
国立美術館所蔵作品展の無料鑑賞
国立美術館企画展の無料鑑賞
全国TOHOシネマズで無料映画鑑賞毎月最大1回毎月最大2回毎月最大3回
ラグジュアリーソーシャルアワー
ラグジュアリーリムジン往路往路・復路から選択可
ハワイアン航空エリート会員ステータスPualani GoldPualani Platinum
個人賠償責任保険

チタンカードでも特典・サービスは十分に手厚いが、ラグジュアリーカードの特典・サービスをしっかり活用したい場合はブラックカードを検討してみてほしい。

ラグジュアリーカード(ブラックカード) 公式サイト
ラグジュアリーカード(チタンカード) 公式サイト

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る