JCBギフトカード1000円券の偽造券の発覚!金券ショップで購入する際に注意するべき点は?

Pocket
LINEで送る

2020年1月10日、国内のJCB加盟店においてJCBギフトカード1,000円券の偽造券が発見されたことがJCBより発表された。

JCBギフトカードとは、全国100万店以上のJCBギフトカードを取り扱いしている加盟店で利用可能な商品券。

JCBギフトカードには1,000円券と5,000円券が存在するが、今回は1,000円券の偽造券が発見された。

発見された偽造券は非常に精巧な作りで、一見すると真正券との見分けがつかない。

JCBギフトカードは以前、5,000円の偽造券が金券ショップなどで601枚発見されたことや、ゲーム機の「ニンテンドースイッチ」をJCBギフトカードの偽造券で購入しようとして逮捕者が出たこともある。

JCBはギフトカードの偽造防止に努めるとともに、偽造券の流通防止への取り組みを継続しているが、加盟店および消費者が偽造券の被害にあわないためにも、見分け方をチェックしておこう。

偽造券の3つの特徴と識別方法

今回発見された偽造券は精巧なデザインだが、真正券と比較すると主に3つの相違点が存在する。

1点目は、真正券の裏面の券番号は「4桁-8桁-2桁で8桁のところにスペースがない」のに対して、偽造券では「4桁-2桁-6桁-2桁」に分割。

2点目は、「取扱店様控え」にミシン目がないのが真正券の特徴だが、偽造券では切り取るためのミシン目がはっきりしている。

そして3点目は、真正券の表面右下を水平から近い角度で見ると「1000」の数字が浮き出るのに対して、偽造券では「1000」の表示が半分黒みを帯びており、手触りが「ざらざら」ではなく「つるつる」しているといった見分け方も。

詳細は下記の画像の通りなので、3つのチェックポイントを押さえておこう。

JCBギフトカード偽造券
画像出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000355.000011361.html

真正券偽造券
裏面券番号4桁-8桁-2桁4桁-2桁-6桁-2桁
取扱店様控えミシン目がないミシン目がはっきり
表面右下の「1000」ざらざらして、水平から近い角度で(横から)見ると数字が浮き出るつるつるして、半分黒味を帯びており、数字が浮き出ない

偽造券を発見した場合の連絡先

前述の3つのポイントを確認して偽造券が発覚した場合、下記の連絡先に問い合わせよう。加盟店と加盟店以外の消費者とで問い合わせ先が異なる。

加盟店が問い合わせをする場合、「JCB加盟店番号」を用意しておくとスムーズだ。また、自動音声の案内で「6」を押すとオペレーターが応答する。

加盟店からの問い合わせ先(カードアシストデスク)

電話番号

東京:0422-44-2500
大阪:06-6943-7699
福岡:092-732-7500
札幌:011-271-1711

対応時間

月~金:10:00AM~6:00PM
土:10:00AM~5:00PM
日・祝・年末年始休

加盟店からのギフトカードの取り扱いに関する連絡先(JCBオーソリセンター)

電話番号

0120-850230

対応時間

24時間・年中無休

加盟店以外の問い合わせ先(JCBインフォメーションセンター)

電話番号

東京:0422-76-1700
大阪:06-6941-1700
福岡:092-712-4450
札幌:011-271-1411

対応時間

9:00AM~5:00PM・年中無休

消費者も注意!金券ショップでも被害報告あり

JCBの偽造券は加盟店だけでなく、金券ショップでも被害が報告されている。

つまり「消費者には関係ない」「金券ショップでJCBギフトカードを購入しているから安心」というわけにはいかないのだ。

もし金券ショップで購入したJCBギフトカードが偽造券で、それをそのまま使ってしまった場合、大きなトラブルを招く可能性がある。

手持ちのJCBギフトカードが偽造券だと気づかないままだと、2次被害を巻き起こしてしまうリスクがあるのだ。

今後の偽造券の流通を防止し、健全なショッピングを楽しむためにも、手持ちのJCBギフトカードが真正券か偽造券かをチェックすることをおすすめする。

 

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る