TOP

LINE PayがiD決済に対応、チャージ&ペイも対象カードを拡大へ

2020年10月30日、LINE Pay株式会社と三井住友カード株式会社の戦略的業務戦略に関する新情報が発表された。

主な内容は、QRコード決済のLINE Payと三井住友カードが発行するクレジットカードの連携機能強化について。

LINE payが全国のiD店舗で利用できるようになったり、「チャージ&ペイ」対応カードが拡大したりする。

また三井住友カードが提供している決済端末「stera」についても、LINEと協力した新サービスやソリューションを計画中。

詳細は本記事を参考にしてほしい。

Visa LINE Payプリペイドカードの発行

最初に注目してほしいのが、VIsa LINE Payプリペイドカードの発行。

Visa LINE PayプリペイドカードはLINEアプリ内で発行できるバーチャルカード。2020年12月からApple PayやGoogle Payに順次対応予定だ。

これにより、VISA加盟店だけでなく、全国のiD加盟店でもLINE Payが利用できるようになる。

「チャージ&ペイ」対応カード拡大

2021年春頃には、LINE Payの「チャージ&ペイ」対応カードが拡大される。

「チャージ&ペイ」とは、LINE Payアカウントにクレジットカードを登録することで、事前チャージ不要で支払いができる機能のこと。

これまではVisa LINE Payクレジットカードしか登録できなかったが、今回の提携により三井住友カード発行のクレジットカード(VISA)も登録できるようになる予定だ。

LINE PayはQRコード支払いの他、請求書支払いやオンラインでの決済など、さまざまな支払い方法に対応している。

「チャージ&ペイ」対応カードの拡大により、三井住友カードの利便性向上にもつながる。

LINEを使った機能の拡大

LINE Payと三井住友カードの提携では、LINEを活用したさまざまな機能も追加が予定されている。具体的には次の通り。

  • クレジットカード利用通知
  • 各種手続き
  • 問い合わせ

クレジットカード利用通知

クレジットカード利用通知は、Visa LINE Payクレジットカードでは2020年9月よりすでに開始されている。

LINE Payでの支払いが終わったタイミングとほぼ同時にLINEで通知が来るので、自分がいくら使ったのか再確認することが可能だ。万が一不正利用があった際の早期発見にもなる。

「チャージ&ペイ」で三井住友カードが利用できるようになるのと合わせ、利用通知も三井住友カード会員も順次利用できるようになる予定だ。

LINE上で各種手続きが可能に

三井住友カードアプリのVpassと連携することで、カード会員はLINE上で各種手続き・設定を行うことが可能になる。

また「CLOVA Chatbot」と呼ばれるLINE機能を導入し、公式アカウント(三井住友カード)にチャットで質問できるようになる予定だ。

三井住友カードの会員がLINEのサービスを利用した場合、Vポイントを上乗せして還元するといった計画もある。

加盟店向けサービスも強化

LINE payと三井住友カードの提携は、消費者だけでなく加盟店にも大きなメリットが存在する。

最大のメリットは集客効果で、LINE Payを導入すれば三井住友カード会員をビジネスのターゲットにできる。

また加盟店向けの施策としては、LINE Payを「stera terminal」に導入すことが発表済み。

steraとは、三井住友カードがGMOペイメントゲートウェイ、ビザ・ワールドワイド・ジャパンと協力して展開している決済端末のこと。

決済手段の一元管理が実現し、LINEとsteraの機能を活用した新サービスやマーケティングソリューションも期待できる。

キャッシュレス市場の競争が激化する中で、LINE Payと三井住友カードの連携強化にも力が入っていく。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る