TOP

Vポイント0.5%還元!三井住友カード、LINE Pay「チャージ&ペイ」利用可能に

2021年5月10日より、三井住友カードがLINE Payにおいて「チャージ&ペイ」への対応をスタートした。

「チャージ&ペイ」とは、LINEが展開するスマホ決済「LINE Pay」の支払い機能のこと。

本機能を利用すれば、事前に残高をチャージせずに支払うことができる。

Visa LINE Payクレジットカード(以下、LINEクレカ)のみ対応だったが、今回より三井住友カードも対象となった。

本記事では、「チャージ&ペイ」以外で、三井住友カードをLINE Payに登録するメリットを解説する。

同時にデメリットも紹介し、キャンペーンについても触れているので参考にしてほしい。

三井住友カードをLINE Payに登録するメリット

三井住友カードをLINE Payに登録するメリットは、大きく分けて以下の3つ。

  • 利便性アップ
  • Vポイント還元
  • 特典クーポンの併用

それぞれ詳細を解説する。

LINE Pay加盟店、LINE Pay請求書支払い、オンライン支払いが利用可能に

三井住友カードをLINE Payに登録すれば、様々な機能が利用できるようになる。

  • 「チャージ&ペイ」による支払い
  • LINE Pay請求書支払い
  • ネット通販でLINE Payを利用可能

中でもLINE Pay請求書支払いを利用すれば、税金や公共料金をスマホ決済で支払うことができる。

わざわざコンビニまで出向く必要がない。

クレジットカードや銀行口座の引き落とし設定をしていない人におすすめだ。

0.5%のVポイントが還元される

三井住友カードを登録したLINE Payで「チャージ&ペイ」を利用した場合、0.5%分のVポイントが還元される。(Visa LINE Payクレジットカードの場合はLINEポイントで還元)

例)10,000円の商品を「チャージ&ペイ」で支払った場合、10,000円×0.5%=50Vポイント獲得

また、「三井住友カード プラチナプリファード」は1.0%還元なので、10,000円の「チャージ&ペイ」利用の場合、10,000円×1.0%=100Vポイントになる。

貯まったVポイントは1ポイント=1円として利用でき、景品との交換やキャッシュバックの他、「Vポイント」アプリの残高にチャージすることで店頭での支払いにもに充てることも可能。

幅広い使い道が用意されている。

特典クーポンを併用できる

特典クーポンとは、LINE Pay加盟店での買い物がお得になる割引クーポンのこと。

人気店50社以上が参加しており、LINE Payユーザーなら誰でも利用できるので、必然的に三井住友カードユーザーも対象になる。

5%以上の割引率になっている特典クーポンも存在し、「チャージ&ペイ」と併用することで5.5%以上もお得になる計算だ。

デメリットは対象外カードの存在

LINE Payを三井住友カードで利用するデメリットの1つに、ANAカード(全券種)は「チャージ&ペイ」の対象外となっている。

また、貯まるポイントはVポイントというのに注意。LINEポイントを貯めたいということであれば、LINEクレカを利用したほうがいいだろう。

キャンペーン詳細

三井住友カードが「チャージ&ペイ」に対応したことを記念してたキャンペーンが開催中。

  • 期間::2021年5月13日~2021年8月12日
  • 特典内容①:対象カードを設定して「チャージ&ペイ」を利用すると、ポイント還元率+0.5%
  • 特典内容②:対象カードをLINE Payに登録すると、暗号資産「LINK」に転換可能な「LINKリワード」200円相当をプレゼント

「LINK」とは、LINEが発行する暗号資産のこと。

難しく考えずに、三井住友カードをLINE Payに登録すれば、200円分得をするという認識で大丈夫だ。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る