TOP

三菱UFJ 銀行でPontaポイントが貯まるように、貯まる対象サービスは?ステージ判定は廃止へ

2021年6月1日より、三菱UFJ銀行でPontaポイントが貯まる新サービスがスタートする。

クレジットカードの引き落としや口座振替など、各種条件を満たすことでポイントを獲得できる仕組みだ。

また、新ポイントサービスの開始に伴い、ステージ判定による手数料の優遇が終了する。

本記事では、それぞれの詳細について解説しているので参考にしてほしい。

ステージ判定による各種優遇の廃止

Pontaポイントとの連携に伴い、三菱UFJ銀行ではステージ判定による各種優遇(ATM手数料など)が廃止・改定される。

まずは従来のステージ判定一覧表を見てほしい。

ステージ判定優遇条件
(1つでも該当すれば適用)
三菱UFJ銀行
ATM優遇回数
提携先コンビニ
ATM優遇回数
IB他行
振込優遇回数
プラチナ・預金残高等合計500万円以上
・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード利用代金の引き落とし
・住宅ローン利用
・借入残高500万円以上
無制限3回2回
シルバー・預金残高等合計30万円以上
・給与の受け取り(10万円以上/回)
・NISA・つみたてNISAでの「投信つみたて(継続購入プラン)」自動振替
・MUFGカード等クレジットカード利用代金の引き落とし
無制限2回
ホワイト・預金残高等合計10万円以上
・三菱UFJデビット(Visa/JCB)利用代金引落し
・Eco通帳(ネット通帳)利用
・クレジットカード(NICOSカード等)利用代金引落し
無制限

※前提条件として、三菱UFJダイレクト利用(ログインパスワード・Eメールアドレス登録)が必要。

フレッシュ応援割18~23歳の期間、三菱 UFJ ダイレクト利用の上、三菱 UFJ デビット(Visa/JCB)利用代金の引き落としがあれば、シルバーステージを適用
その他65歳以上または預金等残高1,000万円以上の方は、三菱UFJダイレクトの契約および利用が不要

今回の改訂で、上表のステージ判定とそれに基づく優遇回数の違いが廃止される。

改定後はより簡単な条件で優遇を受けられるようになる

改定後は、三菱UFJダイレクト利用(ログインパスワード・Eメールアドレス登録)を前提として、下表のように改定前よりも簡単に優遇を受けられるようになる。

優遇条件
(1つでも該当すれば適用)
三菱UFJ銀行
ATM優遇回数
提携先コンビニ
ATM優遇回数
IB他行
振込優遇回数
給与または年金の受け取り(10万円以上/回)無制限2回3回
Eco通帳(ネット通帳)利用無制限1回1回

Pontaが貯まるサービス

ステージ判定による手数料の優遇が廃止される代わりに、三菱UFJ銀行では下表のようにPontaが貯まる新ポイントサービスを予定している。

なお、前提条件として、三菱 UFJ ダイレクト経由で「ポイントサービス」への申込みが必要。

優遇条件Pontaポイント/月
三菱UFJダイレクトへのログイン5P
口座振替、三菱UFJデビット・クレジットカード引き落とし10P
投信つみたて・外貨つみたて(1万円ごと)30P
運用商品残高(50万円以上)50P
住宅ローン残高あり50P

「三菱UFJダイレクトへのログイン」と「口座振替」は、多くの三菱UFJ銀行ユーザーが利用しているはず。

5ポイント+10ポイント=15ポイントに関しては、手軽に入手できる仕組みだ。
  

クレジットカードの利用で貯める

三菱UFJ銀行では、クレジットカードの引き落としを利用することでもPontaポイントを貯められるようになる。

しかし、三菱UFJクレジットカード(またはデビットカード)のみ対象という点は要注意だ。

投資で貯める

Pontaポイントは投資でも貯めることができる。具体的には以下の3パターン。

  • 投信つみたて・外貨つみたて(1万円ごと)
  • 運用商品残高(50万円以上)
  • 住宅ローン残高あり

なかでも投信・外貨つみたてに関しては、1万円ごとに30Pontaポイント/月が増加する。

つまり、投信つみたてが2万円の場合、毎月30×2=60Pontaポイント貯まる計算だ。

2年以上未利用で手数料も

2021年7月1日から、三菱UFJ銀行で「未利用口座管理手数料」が新設される。具体的な内容は下記の通り。

内容2年以上にわたって口座に預け入れ(引き出し)がない場合、年間1,200円(税抜)の「未利用口座管理手数料」が発生
対象2021年7月以降に開設された普通預金口座

簡単にまとめると、三菱UFJ銀行の普通口座を2年以上放置した場合、年間で1,200円(税抜)の手数料が発生するということだ。

対象外のケース

「未利用口座管理手数料」は、下記の3パターンのいずれかに該当すると対象外になる。

  • 2021年6月30日時点で口座開設済み
  • 定期預金や投資信託といった預かり金融資産が1円以上存在する
  • 三菱UFJ銀行で借り入れしている

「過去に三菱UFJ銀行で口座を開設したが、そのまま放置している」という人の場合、「未利用口座管理手数料」の対象外となるので問題ない。

事前案内

「未利用口座管理手数料」が引き落とされる場合、必ず事前案内が行われる。いきなり手数料が引き落とされる心配はない。

また、対象口座が未利用になった後、3か月間の猶予期間が用意されている。その期間中に口座を利用・解約すれば、「未利用口座管理手数料」も発生しないので覚えておこう。

解約

口座残高が1,200円(税抜)未満の場合、すべてを「未利用口座管理手数料」に充てた上で解約される。

1,200円(税抜)以上の手数料が発生する心配は必要ない。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る