「TOYOTA Wallet」誕生。電子マネー、QRコード決済など3つの決済に対応

Pocket
LINEで送る

2019年11月19(火)日より、トヨタ自動車・トヨタファイナンシャルサービス・トヨタファイナンスの協力により「TOYOTA Wallet」が誕生した。

TOYOTA Walletは電子マネーのかざして決済や、QRコード/バーコード決済など複数の支払い手段を搭載。

トヨタはさまざまな観点から社会に貢献する「コネクティッド戦略」を掲げており、ユーザーの日常決済の利便性向上やモビリティ社会の基盤を構築する狙いがある。

またTOYOTA Walletは現時点(2019年11月21日)ではiOS版のアプリのみに対応。

Android版のTOYOTA Walletは来年春ごろのリリースとなるので注意が必要だ。

決済手段も利用可能なお店も豊富

複数の決済手段が搭載されているTOYOTA Walletだが、具体的には下記の通り。

  • TOYOTA Wallet残高:かざして決済
  • TOYOTA TS CUBIC Origami Pay:QRコード/バーコード決済
  • 銀行Pay:QRコード/バーコード決済

上記のように決済手段に応じて支払方法が変わるので、柔軟性のあるキャッシュレス決済となっている。

またプリペイド型や後払い型、即時引き落とし型など支払い時の方式もさまざま。

つまりTOYOTA Walletはお金の管理もしやすいことになり、他のキャッシュレス決済と比較しても多くの選択肢が用意されている。

トヨタウォレット

利用可能店舗には注意が必要

決済手段が多く便利TOYOTA Walletだが、それぞれの利用可能店舗には注意が必要だ。

  • TOYOTA Wallet残高:iD/Mastercardコンタクトレス加盟店(国内)/Mastercard加盟店(国内EC)
  • TOYOTA TS CUBIC :Origami加盟店
  • 銀行Pay:銀行Pay 加盟店

例えばTOYOTA Walletで「TOYOTA Wallet残高」を利用する場合、国内のMastercardコンタクトレス加盟店なら問題ない。

しかしTOYOTA TS CUBICの利用可能店舗であるOrigami加盟店の場合、TOYOTA Wallet残高は利用できないので覚えておこう。

トヨタ系のクレジットカード以外のチャージは204円/回が今なら無料

TOYOTA Walletにお金をチャージする際、トヨタ系のクレジットカード以外だと204円/回の手数料が発生する。

しかし現時点(2019年11月21日)では手数料無料対応中とのことなのでお得に始めるチャンスだ。

ただ手数料無料対応は事前告知なく終了する可能性もあるので要注意。

500円プレゼント実施中

TOYOTA Walletでは、新規アカウントの作成、初めてTOYOTA Wallet残高のチャージ方法を設定したユーザーに500円分の残高プレゼントを実施中。

ただ実際にチャージする際はクレジットカードのセキュア認証が必要なので覚えておこう。

今までのキャッシュレスになかった複合型の決済

いままでTOYOTA Walletの概要を解説したが、一言で表現するなら今までにない複合型のキャッシュレス決済といえる。

他のキャッシュレス決済のように単一の決済手段ではないからだ。

例えば楽天カードで支払いをする場合、クレジットカード決済が基本的な利用方法になる。

またPayPayなどのスマホ決済サービスなら、QRコードやバーコード決済がメイン。

しかしTOYOTA Walletなら「かざして決済」「QRコード決済/バーコード決済」の2種類の決済手段が存在する。

まさに今後のキャッシュレス決済を象徴するかのような複合型決済サービスなので、今のうちに体感してみてはいかがだろう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る