セブン銀行ATMで交通系電子マネーと楽天Edyがチャージ可能に!

Pocket
LINEで送る

2018年10月15日(月)から全国24,000台以上のセブン銀行ATMにて、交通系電子マネーと楽天Edyのチャージ・残高確認が可能となった。

【対応する電子マネー】

  • 楽天Edy
  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca
  • nimocaなど…

対応が開始される電子マネーは楽天Edy+交通系電子マネー9種類の合計10種類だ。

これまでセブン銀行ATMでチャージできる電子マネーはnanacoがメインだったが、対応する電子マネーが大幅に増えることがわかる。

北海道メインのKitacaから九州メインのSUGOCAまで対応されるので、実質的に日本全国の交通系電子マネーに対応していると言えるだろう。

全国に幅広く展開しているセブンイレブンのセブン銀行ATMと、交通系電子マネーがチャージ可能になるサービスは非常にマッチしている。

チャージ可能金額は?

非常に高い利便性を持つことが予想されるセブン銀行ATMの電子マネーチャージだが、チャージには残高上限金額が設けられてる。

楽天Edyは1回につき25,000円、最大50,000円までチャージが可能となり、交通系電子マネーは20,000円が限度に設定されている。

例えば、既に交通系電子マネーのチャージ残高が20,000円を超えているのであれば、セブン銀行ATMでチャージすることはできないのに注意しよう。

また、チャージ金額は1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円から選択できまるが、「その他の金額」を選択すれば1,000円単位でチャージ可能だ。

セブン銀行ATMでのチャージと残高確認は、終日可能となっており、手数料も無料なのでコスト0円でいつでも利用できる。

チャージをする手順は?

【チャージ手順】

  1. セブン銀行ATMの画面にて「電子マネーチャージはこちら」を押す
  2. 「電子マネーを置いてください」と表示される
  3. 画面右側にある読み取り部分に電子マネーを読み取らせる
  4. 「チャージ」を押す
  5. 希望する金額を選択
  6. 紙幣を投入する
  7. チャージ完了(明細書発行対応)

セブン銀行ATMにて、電子マネーをチャージする手順は以上になる。

セブン銀行ATMが設置されている施設が閉店しない限りは24時間チャージ対応なのに加えて、手順もわかりやすいのは大きな長所だ。

電子マネーチャージ対応のメリット

電子マネーの一部である楽天EdyやSuicaは、楽天カードやJRE CARDといったクレジットカードに付帯しているサービスだ。

この二枚のカードはショッピング利用をすると楽天スーパーポイント、JREポイントがそれぞれ加算される。

貯まったポイントはショッピング利用や電子マネーチャージに転用できることから、ポイントの利用価値は大変に高い。

興味があるなら、これを機に電子マネー対応のクレジットカードの発行を検討してみるのもおすすめだ。

交通系電子マネーの使い道が電車移動のみならば、駅の構内でチャージしても大丈夫だが、今は交通系電子マネーの支払いでポイントをゲットできる時代である。

特にSuica利用対応の店舗はどんどん拡大していくのもあり、こまめに電子マネーをチャージすることでキャッシュレスのショッピングをポイント獲得も兼ねて楽しめる。

あちこちを移動するショッピングにおいて、セブン銀行ATMの電子マネーチャージ対応は大きなメリットになると予想される。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。