TOP

スターバックスで最もお得な支払い方法を徹底調査!スタバでおすすめのクレジットカードやキャッシュレス

上質な空間とコーヒーを楽しめるコーヒーチェーン、スターバックス。スターバックスはクレジットカードやスターバックスカードでお得に支払うことが可能。本記事では、基本のスタバ節約術と、組み合わせて使いたい節約術を紹介する。

話題の中目黒ロースタリーで使える方法もあるので参考にしてほしい。

スタバの最強節約術3選

スターバックスをお得に利用するための基本となるのが、次の3つの方法だ。

1. スターバックスカードにクレジットカードチャージ

スターバックスでは専用プリペイドカード「スターバックスカード」を発行している。このカードにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントも貯めることができる。

その際、少しでも還元率の高いカードを利用することがポイントだ。おすすめのカードは以下の2券種。

JCB CARD W

JCBカードW

JCB CARD Wは、JCBオリジナルシリーズパートナーである、スターバックスへのチャージで最大10倍ポイント付与される。(最終還元率5.5%)
注意点としては、カード決済ではなく、スターバックスカードへのチャージでポイント付与されるという点と、事前にチャージが必要になるという点に注意。

dカード

dカード

通常のポイント付与は100円利用につき1ポイント(還元率1.0%)だが、これに加えてスターバックスカードへのオートチャージ・オンラインチャージの場合、100円につき3ポイントが加算されて100円利用につき4ポイントが貯まる

それ以外に、以下のカードもおすすめだ。

エポスカード

エポスカード

通常のポイント付与は200円利用につき1ポイント(還元率0.5%)だが、スターバックスカードへのチャージはポイントが2倍になる

ANAカード

通常のポイント付与は1,000円利用につき1ポイントで、1ポイント=5マイルもしくは10マイルに交換が可能。これに加えて、スタバカードにオンラインチャージすると、100円につき1マイルが貯まり、効率的にマイルを貯めることができる

2. LINEスターバックスカードにLINE Payでチャージする

コミュニケーションアプリLINEでは、ウォレット機能でさまざまなポイントカードを作成・管理できる。その対象のカードのひとつに「LINEスターバックスカード」がある。LINEスターバックスカードは、LINEのスマホ決済サービス「LINE Pay」もしくはスターバックス店頭でチャージを行い、スターバックスカードと同様に店舗で利用できる。すでにスターバックスカードを持っている場合も、LINEアプリ内で新たに発行して残高を移行することも可能だ。

LINE Payチャージ

LINE Payでは独自のポイントプログラム「LINEポイントクラブ」を実施しており、過去6カ月のポイント獲得数に応じてランクが決定、ランクに応じたポイント還元率が設定される。クレジットカードからのチャージはVisa LINE Payクレジットカードでのみ可能。その他の方法であれば、ポイントクラブのランクに応じて還元率が決まる。

Visa LINE Payクレジットカード 公式

3. Starを集めて商品と交換


スターバックスでは「My Starbucks」という無料会員サービスにてポイント制度「Starbucks Rewards™(スターバックスリワード)」を実施しており、登録済のスターバックスカード50円利用につき1個の「Star(スター)」を獲得できる。

Starbucks Rewards

「My Starbucks」にはグリーン/ゴールドという2つの会員ランクがあり、最初はグリーンで、Starを250個(12,500円相当)以上集めるとゴールドへ昇格できる。

ゴールドでStarを150個(7,500円相当)集めると「Reward eTicket」1枚を発行できる。「Reward eTicket」は、700円(税別)までのドリンクやフードと交換可能だ。

Starbucks Rewards

クーポン発行までには合計20,000円の利用が必要な計算になるが、スターバックスのドリップコーヒー トールサイズ(330円)で計算すると約60杯分となり、ヘビーユーザーであれば達成可能だろう。ゴールドランクでは、クーポン以外にも新店舗の優先入店資格の抽選権などの特典を得られる。

組み合わでお得になる節約術

前述の方法以外にも、スターバックスをお得に利用するための小ワザがいくつかあるので紹介していく。

2杯目を100円で購入

スターバックスでは「ドリップコーヒー」を注文した場合、当日に限り2杯目のドリップコーヒーに割引が適用される。

通常は2杯目が150円になるが、Web登録したスターバックスカードで注文した場合は100円で購入できる。

割引を受けるには1杯目のレシートが必要になるため、1日数回利用する可能性があるときはレシートをなくさないよう気を付けよう。レシートには「One More Coffee」という表示とその金額が記されている。

タンブラー持参で「マイボトル割」

スターバックスでは、タンブラーやマグカップを持参してそれにドリンクを入れてもらうと、通常価格から20円割引になる「マイボトル割」を実施している。

コロナの影響で、現在このサービスは休止中となっている(2020年9月6日)

スターバックス専用のタンブラーでなくても割引は受けられるが、スターバックスでタンブラーを購入すると無料でドリンクを1杯注文できるチケットをもらえる(タンブラーに入るサイズ・種類のドリンクが対象)。

ただし、スタバ専用タンブラーはトールサイズ用(350ml)で1,500円~するため、元を取るためには何度も利用する必要がある。

たとえばドリップコーヒー・トールサイズ(330円)で計算すると、タンブラー購入時の無料1杯(330円分)+マイボトル割59回分(20円×59回=1,180円分)で元が取れることになる。

コスパだけを重視するなら、専用タンブラーではなく安いタンブラーを購入するのがおすすめだ。ちなみに、タンブラー持参による割引はタリーズ(30円引き)や上島珈琲(50円引き)でも実施されているので、合わせて利用することでお得度が増す。

ルミネ内のスタバ店舗で割引

ルミネ内にあるスタバ店舗の場合、ルミネカードを使うことでつねに5%割引になる。また、年に数回10%割引のセールも開催され、期間中はスターバックスも10%割引で利用できる。

よく利用するスタバ店舗がルミネ内にある人にはおすすめだ。

当たりレシート

スタバヘビーユーザーなら経験があるかもしれないが、商品購入時に不定期で「カスタマーボイスレシート」と呼ばれる長いレシートをもらうことがある。

これはアンケート付きのレシートで、回答すると無料でドリンクを注文できるのだ。通称「当たりレシート」と呼ばれている。新メニューの開始日には確率が高くなるという噂もあるようだ。

コンビニ商品のキャンペーン

コンビニやスーパーなどで販売されているスタバ商品で、スタバ店舗で利用できる最大500円分のギフト券が当たるキャンペーンが定期的に行なわれている。

コンビニやスーパーのスタバ商品を愛用している人は、チャレンジしてみると良いだろう。

「LINE Pay」や「LINEギフト」のキャンペーン

「LINE Pay」や「LINEギフト」では、スタバ店舗を対象としたポイント還元や割引キャンペーンなどが不定期に行なわれ、なかには20%OFFや50%OFFとなる場合もある。

「LINEギフト」は友達に贈るだけでなく自分で利用することも可能なので、キャンペーン開催中はぜひチェックしておこう。

対応していない支払い方法

スターバックスでは、以下のような支払い方法には対応していない。

・各種スマホ決済(PayPay、LINE Pay、au PAY、d払い)
・クレジットカードのタッチ決済、コンタクトレス決済(Visaのタッチ決済)
・Apple Pay、Google Pay

中目黒ロースタリーで使える節約術

中目黒ロースタリーは、東京の中目黒にオープンした特別なスタバ店舗。正式名称は「STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO」。

4つのフロアがあり、通常のスタバ商品以外に、ここでしか味わえないスタバ商品やカクテル、グッズなども販売している。また、体験型のイベントも開催される。

中目黒ロースタリーでは、本記事で紹介した節約術のうち、以下のように使えるものと使えないものがある。

利用可

  • スターバックスカード/LINEスターバックスカード
  • 登録済スターバックスカード利用によるStar獲得
  • Starbucks Reward eTicketの利用

利用不可

  • 専用タンブラー購入時のドリンクチケット取り扱い
  • 他店舗のOne More Coffeeレシート
  • 他店舗のカスタマーボイスレシート

まずはスターバックスカードへのチャージから

スターバックスをお得に利用する節約術をいろいろと紹介してきたが、まず実践してほしいのが、「スターバックスカード」への高還元率クレジットカードによるオンラインチャージ、またはオンラインLINEスターバックスカードにLINE Payでチャージする方法だ。

利用頻度に関わら必ずお得になる節約術なので、月1回程度でもスターバックスを利用する人なら利用してほしい。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る