楽天カードの問い合わせ先まとめ、電話番号、利用明細確認、コールセンター混雑状況

Pocket
LINEで送る

電話
楽天カードに電話で問い合わせをする場合、通常、オペレーター対応(9:30~17:30)のコンタクトセンターか、24時間受付の自動音声専用ダイヤルに電話をかけることになる。

問い合わせには基本的にカード番号が必要となるので、手元にカードを用意した上で問い合わせをしよう。

ただし、時期や時間帯によっては回線が混み合ってなかなかつながらないことがある。

時期としては、引き落とし日である毎月27日その後数日は、でできれば避けたい。

時間帯としては、平日15:00〜17:00が比較的電話のつながりやすい時間帯だ。

また、電話以外の方法で手続きや確認をしたほうが早い場合もある。

楽天カード会員向けWebサービス「楽天e-NAVI」や、「よくある質問」で問い合わせ内容に対応できることも多い。

問い合わせ内容として多い利用明細の確認は、楽天e-NAVIを利用したほうが早いし便利だ。

ただし、不正利用が疑われる緊急時、カードの紛失・盗難については、24時間対応の専用のダイヤルが用意されているので、すぐに連絡しよう。

その他、海外からの問い合わや、ゴールドカード・プレミアムカード会員については、専用のデスクが用意されている。

本記事では、楽天カードの電話問い合わせ先のとサポート内容、問い合わせの際の注意点などについてまとめた。

問い合わせ方法と番号一覧

楽天カードについての問い合わせる手段は、大きく分けて有人サポートが3種類、無人サポートが2種類ある。

有人サポートはメール、コンタクトセンター、手話通訳サービスの3種類だ。

無人サポートは自動応答チャットサポート、自動音声ダイヤルの2種類だ。

問い合わせ方法ごとの受付時間と問い合わせ先は下表の通り。自動音声ダイヤルは通話料無料だ。

問い合わせ方法受付時間問い合わせ先
自動応答チャットサポート24時間楽天カードサイト右下のオレンジのボタン
自動音声ダイヤル0120-30-6910(無料)
092-474-9255(有料)
※上記が利用できない場合
コンタクトセンター

9:30-17:300570-66-6910(有料)
092-474-6287(有料)
※上記が利用できない場合
手話通訳サービスリンク先参照

より緊急性の高い案件、あるいは海外からの問い合わせは下表の問い合わせ先へ。

すべて24時間対応となっている。

専用ダイヤル受付時間問い合わせ先
カードの紛失・盗難専用ダイヤル24時間0120-86-6910(無料)
092-474-9256(有料)
※上記が利用できない場合
81(国コード)-92-474-9256
※海外からの問い合わせ
楽天カード保険デスク0120-456-029(無料)
018-888-9289(有料)
※上記が利用できない場合
81(国コード)-18-88-9289 (有料)
※海外からの問い合わせ
プレミアムカード保険デスク0120-711-818(無料)
018-888-9871(有料)
※上記が利用できない場合
81(国コード)-18-888-9871
※海外からの問い合わせ
渡航先からの問い合わせ81(国コード)-18-888-9289
渡航先からの緊急医療などアメリカ本土・ハワイ・グアム・サイパン
1-877-300-3931
シンガポール
800-810-2355
中国(北部)
10800-813-2784
中国(南部)
10800-481-2967
その他地域 81-18-888-9998
※コレクトコール

引用:楽天カード:よくあるご質問

保険の適用に関する問い合わせは、保険の付帯条件を満たしているどうかが重要になる(詳細は後述)。

簡単な手続き・情報照会に関しては、会員専用オンラインサービス「楽天e-navi」またはアプリで確認するほうが早くて便利だ。

情報照会・簡易手続きは楽天e-naviで

Webサービス
情報の照会や簡単な手続きは、会員専用のオンラインサービスである「楽天e-navi」で行える。

また、メールでの問い合わせは「楽天e-navi」を利用することになる。

楽天e-naviでは、以下の手続きが可能。

  • 支払い方法の変更
  • 残高の確認
  • 請求額や利用明細の確認
  • カードの限度額変更申請

楽天カードアプリ経由でも同様の情報が確認できる。

アプリは一番操作が簡単なので、楽天カードユーザーはダウンロードしておくことをおすすめする。

楽天e-NAVIについて、もしIDとパスワードを忘れてしまった場合、こちらから問い合わせが可能だ。

年会費無料のカードながらサポート体制はしっかりしているが、サポートデスクは利用者が多く、電話が混雑してつながらないことも多い。

混雑してやすい時期や時間を避け、余裕のあるときはメールで問い合わせるなどすると良いだろう。

この点、詳しくは後述する。

サポートの対応内容

サポート
楽天カードのサポートで受け付けている問い合わせ内容は以下の通り。

  1. 楽天e-NAVI、キャンペーン・ポイント関連
  2. 各種照会(利用可能額・請求額・残高・カード暗証番号など)
  3. 支払い関連(利用残高の一括or一部支払い・自動リボの登録解除など)
  4. 各種申し込み(ETCカード・家族カード・テレフォンキャッシングなど)
  5. 各種変更(基本情報の変更・登録口座変更・カード暗証番号の変更・解約手続きなど)
  6. カードの作り直し(磁気不良・汚損・破損・氏名変更・漢字・ローマ字変更など)
  7. タクシーチケットの契約・案内
  8. オートローン所有権・ショッピングクレジットについて

なお、以下の内容については電話問い合わせの場合でもメールでの回答となっているので、メールで問い合わせるのが早い。

  • 楽天e-naviのID・パスワード確認方法
  • キャンペーンのエントリー状況
  • ポイントの確認方法

それ以外は、電話問い合わせで全て受け付け(一部郵送での案内)となる。

営業時間内(9:30〜17:30)はコンタクトセンターへ、それ以外は24時間対応の自動音声ダイヤルへ連絡しよう。

注意点として、ゴールドカード・ビジネスカード・プレミアムカードのサポートデスクは一般カードとは別にある。

該当カードを使っている場合は、プレミアムデスクに問い合わせよう。

紛失・盗難は24時間体制の専用デスクへ

緊急性の高いカードの紛失・盗難の際は、記事冒頭でも問い合わせ先を掲載しているが、速やかに公式サイトに記載されている専用デスクに連絡してほしい。

ちなみに、海外で盗難・紛失した際は「海外における盗難・紛失」専用デスクへ連絡する必要がある。

海外でのトラブル対応

トラブル
海外に渡航中、以下のトラブルが起こった際はまずサポートデスクに連絡しよう。

  • 保険が適用されるようなケガをした場合
  • カードを盗難・紛失した場合
  • その他、カードに関する相談

また、以下のような海外でのトラブル・問い合わせについては、専用デスクが準備されている。

  • 渡航先でのカードの紛失・盗難
  • 事故受付・相談・その他相談
  • 渡航先からの緊急医療などに関する連絡先

盗難・紛失以外はカードを手元に用意した上でコレクトコールによる連絡が必要。

海外で楽天カードを利用する予定の人は、渡航前にあらかじめ番号をメモしておこう。

渡航した地域によって番号が違うので、間違えないようにメモしておきたい。

「緊急医療に関する連絡先」は、楽天カードではなく三井住友海上に直接繋がるダイヤルだ。

サービスは基本無料(保険での補償金額内までは保険金として計上されるため)だが、補償金額を超えてしまった場合は自己負担だ。

なお、保険については「適用される条件」がある。

海外旅行保険の適用条件

楽天カードは、海外旅行保険の適用条件が利用付帯となっている。

保険を受けるには以下に該当する代金を、楽天カードで支払っている必要があることに注意しよう。

  • 自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)
  • 海外旅行金(募集型企画旅行)

さらに具体的な利用条件は、こちらで詳しく解説されている。

同伴者も楽天カード会員である場合、旅行保険の対象となる。

ただし、楽天カード会員でない場合は、たとえ子供であっても保険の対象にはならない。

海外旅行保険の補償額

海外旅行保険の補償額について、下表にまとめた。

楽天プレミアムカードとそれ以外のカードとで補償額が異なっている。

保険の種類保険金額楽天カード楽天プレミアムカード
障害死亡・後遺障害最高額2,000万円5,000万円
障害治療費用1事故の限度額200万円300万円
疾病治療費用1疾病の限度額200万円300万円
賠償責任 (免責なし)1事故の限度額2,000万円3,000万円
救援者費用年間限度額200万円200万円
携行品損害 (免責額3,000円)年間限度額20万円50万円

引用:楽天カード:海外旅行傷害保険

海外の病院で治療を受けると、日本では比べものにならないほどの医療費がかかることが多い。

海外旅行の際は、必ず保険の補償がきくようにしておきたい。

電話連絡前に確認しよう

楽天カードに限らないが、クレジットカードの電話窓口は時期や時間帯によっては、回線混雑のためなかなかつながらないことがある。

緊急時は別だが、通常の電話連絡の際は、問い合わせ前に以下を確認しよう。

混雑する時間帯は避ける

日時
混雑している時間帯に問い合わせをすると、電話がつながらない可能性が高い。

特に、以下の時間は混雑していることが多い時間帯だ。

  • 平日9:30〜10:00、12:00〜13:00
  • 毎月27日(引き落とし日)の15:30以前
  • 毎月27日〜翌月1日までの9:30〜10:00頃

上記のように、引き落とし日から数日間は混雑している。

引き落としに関する相談がある場合は、引き落とし日(27日)よりも前に連絡するようにしよう。

時間帯としては、平日15:00〜17:00がベストだ。

また、夜間に連絡する際は、メンテナンスの時間と被っていないかもチェックしておきたい。

なお、電話で問い合わせをする際は、基本的にカード情報の入力が必須となる。

電話をかける前に、クレジットカードを手元に用意しておこう。

まず「よくあるご質問」を確認

よくある質問
問い合わせる前に、「よくある質問」のチェックを忘れないようにしたい。

問い合わせしたい内容が掲載されていることもよくあるからだ。

「よくある質問」には、検索窓も設置されているので活用してほしい。

以下に、代表的な「よくある質問」の一部を抜粋したので参考にしてほしい。

Q.口座振替日に残高不足で引き落としができていなかったのですが、その分の支払い手続きはどのようにすればよいですか?
キャンセル分の金額は、通常のご利用分と同様に毎月月末に締め切り、翌月のショッピングご請求金額から差し引かせていただきます。なお、翌月のご利用代金請求明細書もしくはWEB明細サービスメニューにて、「○月度」の「調整額」としてご案内させていただきます。
※キャンセル分のポイントについては減算させていただきます。
また、ショッピングご請求金額よりもキャンセル分の金額が多い場合は、差額を翌月27日(土日・祝日の場合は翌営業日)にご登録口座へご返金致しします。

Q.ショッピング1回払いのカード利用分を、後からボーナス払いやリボ払いに変更することはできますか?
大変申し訳ございませんが、一回払いを選択した後にボーナス払いへの変更はできかねます。
ボーナス払いは、初回決済時のみご利用可能なサービスとなりますのでご了承ください。

Q.カード利用のキャンセル分はいつ返金されますか?
※口座登録がお済みでないお客様へは、ご返金先口座確認の書面をお送りさせていただきます。
再振替サービス(自動再引き落とし)対象の金融機関の口座をご登録の場合は、自動で再度口座引き落としをおこないます。(対象以外の金融機関の場合はお振込みをお願いいたします。)

問い合わせ手順まとめ

楽天カードについて問い合わせをしたい場合、まずは以下で対応できないか確認しよう。

どちらでも解決できない場合、サポートデスクに連絡する。

ただし、緊急性の高い「紛失・盗難」については、24時間対応の専用ダイヤルで問い合わせる。

特に、盗難が明らかな場合、不正利用を防ぐため速やかに利用停止しなくてはならない。

番号を日頃から控えておくと安心だ。

また、海外渡航中における相談、事故受付や緊急連絡などについては海外用の専用デスクがある。

問い合わせる前には、以下も確認しておこう。

  • できれば混雑する平日9:30-10:00、12:00-13:00は避ける
  • できれば引き落とし日(27日)から数日間は避ける
  • 基本的にカード番号が必要なのでカードを手元に用意する(盗難・紛失時は除く)
  • ゴールドカード・プレミアムカード会員は専用デスクが使える

以上が、楽天カードで問い合わせをする際の手順になる。

ひととおり把握しておけば、より安心して楽天カードを活用できるだろう。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天SPUで最大16倍還元。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

楽天経済圏の必須アイテム、カード所持だけで楽天グループの決済に+2倍される。海外保険も付帯。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る