TOP

ビックカメラのポイントの貯め方、使い方。楽天やpontaで貯めるのはあり?

2020年4月22日よりビックカメラでPontaポイントが貯まるようになった。今回の記事ではビックカメラでどういったポイントを貯めるとよいか紹介しよう。

ビックポイントとは

大手家電量販店のビッグカメラが展開するポイント制度のこと。商品購入に応じて10%のポイント還元が受けられるポイントサービスだ。

ビックポイント以外のポイントを貯める

実はビックカメラの買い物では、ビックポイント以外にも他社ポイントを貯めることができるのをご存知だろうか?

  • 楽天ポイント:ポイント還元率5%
  • Pontaポイント:ポイント還元率5%
  • JALマイル:ポイント還元率3%

例えば楽天ポイントやPontaポイントの場合、100円分の商品を購入すると、5ポイント貯めることが可能。
※4/22より、Pontaポイントが100円(税込)で5ポイント貯まるようになった。

一見還元率が高そうに見えるが、ビックポイントと重複して貯めることはできないので、ビックポイント還元率の10%と比較して見る必要がある。

そう見ると、楽天ポイントやPontaポイントとして貯めるのはビックポイントを貯めるのに比べると不利であることがわかる。

他のポイントをビックポイントへ移行

ビックカメラでは、他社のクレジットカードで貯まったポイントをビックポイントに移行することもできる。

  • Okidokiポイント(JCB):200ポイント→1,000ポイント
  • ワールドポイントプレゼント(VISA):200ポイント→1,000ポイント
  • NICOSわいわいプレゼント(ニコス):500ポイント→2,500ポイント
  • 永久不滅ポイント(セゾン):200ポイント→1,000ポイント

上記のように、他社ポイントからビッグポイントへ移行すると、ポイント還元を有効活用できるので覚えておこう。

ビックポイントから他のポイントへ移行

他社ポイントからビックポイントへ移行できるように、ビックポイントから他のポイントへ移行させることもできる。

  • Suica:1,500ポイント→1,000ポイント
  • JALマイル:4,000ポイント→1,000マイル
  • J-WESTポイント:1,500ポイント→1,000ポイント
  • JRキューポ:1,500ポイント→1,000ポイント
  • MI POINT:1,500ポイント→1,000ポイント

上記のように、SuicaやJALマイル、MI POINT(エムアイポイント)へ移行できるが、移行レートがあまり良くない。

基本的に利用しない方が賢明だ。

ビックカメラのポイントはビックポイントとして貯めるのがお得

結論、ビックカメラのポイントは、そのままビックポイントとして貯めるのがお得だ。

他社ポイントも5%などお得な還元率で利用できるが、やはり10%還元の魅力にはかなわない。

また、他のクレジットカードで貯まったポイントをビックポイントへと移行するのもおすすめの方法であることがわかる。

ビックカメラSuicaカードなどのクレジットカードもお得

ビックカメラで、より効率的にポイントを貯めたい場合、ビックカメラSuicaカードがおすすめだ。

ビックカメラSuicaカードとは、ビックポイントとJREポイントが貯まるクレジットカードで、ポイント還元率は最大11.5%に設定されている。

具体的には、ビックカメラSuicaカードのSuicaにクレジットチャージすることで1.5%(JREポイント分)、チャージしたSuicaで支払いをすると10%(ビックポイント分)の還元率を獲得可能。

他のクレジットカードと比較しても、まさに圧倒的なポイント還元率となっており、非常にお得なサービス内容になっている。

こんかい紹介した内容をもとにビックカメラのポイントを是非有効に活用してほしい。

最終更新日:2020/05/08

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る