ソフトバンク・ワイモバイル、PayPayのチャージ分をスマホでまとめて払い!未成年の利用制限は?

Pocket
LINEで送る

2019年7月31日、スマホ決済アプリ「PayPay」が「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」と連携することが発表された。

これによりソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザーは、毎月のスマホ料金を利用してPayPayにチャージすることが可能に。

クレジットカードや銀行口座を登録しなくて済むようになり、PayPayの利便性がますます向上することが期待できる。

まとめて支払いとは

「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」とは、スマホやパソコンで購入した商品の代金を、毎月のスマホ利用料金と合算させることができるサービス。

  • 有料スマホアプリ
  • ゲーム内での課金
  • 動画や音楽 など

上記のようにさまざまなデジタルコンテンツが対象になっており、クレジットカードがなくても利用できるのが大きなメリットだ。

また請求先をスマホ1台にまとめることができるので、毎月の支払の管理が楽になるというメリットもある。

利用可能額

「まとめて支払い」には利用可能額が設定されており、具体的には下記の通りだ。

 


 

ただし携帯電話の契約期間などによっては、利用可能額が異なる場合もあるので注意しよう。

使いすぎ防止機能

子供が「まとめて支払い」を使いすぎてしまうか心配な人は、「使いすぎ防止機能」をおすすめする。

  • 利用額を変更:利用可能額を、もともとの利用額範囲内で変更可能
  • 利用制限:利用自体を制限する機能

上記のように、もともとの利用額範囲内であれば利用額を変更することが可能。

例)15歳の子供の場合、利用可能額20,000円から10,000円に変更

さらに「まとめて支払い」自体の利用を制限する機能もあるので、子供の使いすぎを心配する人におすすめだ。

まとめて支払いでのチャージ方法

「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」で「PayPay」にチャージする方法は下記の通り。

  1. PayPayアプリを起動
  2. トップ画面の「チャージ」を選択
  3. 「チャージ方法」を選択
  4. 「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を選択
  5. 任意の金額を入力し、「チャージする」を選択

また「まとめて支払い」からのチャージを利用するためには、PayPayをバージョン1.31.0以降にアップデートする必要がある点も覚えておこう。

現在利用できるチャージ方法一覧

「まとめて支払い」機能が追加されことで、「PayPay」へのチャージ方法は下記の通りとなった。

  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • Yahoo!マネー
  • セブン銀行ATM
  • ヤフオク!の売上金
  • ギフトカード
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

おすすめのチャージ方法

数あるPayPayへのチャージ方法で最もおすすめなのは「ヤフーカード」。

チャージ時にクレジットカード分のポイントが付与されるだけでなく、支払に利用すると3%のポイント還元を受けることができる。

  • ヤフーカードのポイント還元率:1%
  • PayPay利用でのポイント還元率:3%

上記のように合計4%のポイント還元を実現することができるので、仮に10,000円の商品を購入する場合、10,000×4%=400円分のポイントがたまる計算。(Tポイント:100、PayPay残高:300)

他のクレジットカードではPayPay利用のポイント還元率が0.5%になってしまうので、チャージ分+利用分のポイント還元率が高い「ヤフーカード」をおすすめする。

ただし他のチャージ方法も便利なことに変わりなはいので、ヤフーカードを新規発行するのが面倒という人におすすめだ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る