PayPayが3Dセキュアに対応!認証で利用上限額引き上げ!

Pocket
LINEで送る

21日、モバイル決済アプリ「PayPay」の3Dセキュアへの対応が開始された。

極めて高い還元率で大きな話題を集めた「100億円あげちゃうキャンペーン」にて、クレジットカードの不正利用の被害が多数報告されたのが主な原因だ。

かねてより3Dセキュアの導入が予告されており、ついに本格的に対応が始まったということになる。

3Dセキュアとは本人認証サービスで、事前にクレジットカード会社に登録したパスワードを入力することで本人確認を行うという仕組みだ。

クレジットカード単体の利用でもセキュリティコードというプロテクションがある。

しかし、コードも含めたカード情報が漏れていると不正利用を防ぐことができないため、3Dセキュアの必要性が高まったという背景がある。

【3Dセキュアを利用する方法(新規クレジットカード)】

  1. PayPayメニューの「お支払い方法の管理」をクリック
  2. 「クレジットカードを追加」をクリック
  3. 「Yahoo!ウォレットからインポート」か「クレジットカードの追加」をクリック
  4. 「Yahoo!ウォレットからインポート」を選んだら利用したいクレジットカードを選択
  5. 「クレジットカードの追加」を選んだら必要情報を入力して「追加する」をクリック
  6. クレジットカード会社のページへ移動
  7. 案内に従って入力
  8. 登録完了したら「閉じる」をクリック

【3Dセキュアを利用する方法(登録済みクレジットカード)】

  1. PayPayメニューの「お支払い方法の管理」をクリック
  2. 本人認証をしたいクレジットカードが表示されるまで右へスワイプ
  3. クレジットカードの下部に表示される「本人認証をしていません」をクリック
  4. 本人認証を設定するをクリック
  5. クレジットカード会社のページへ移動
  6. 案内に従って入力
  7. 登録完了したら「閉じる」をクリック

3Dセキュア登録で利用限度額引き上げ

3Dセキュアにて本人認証を完了させると、クレジットカードの利用限度額が過去24時間で2万円、過去30日間で5万円から、過去30日間で25万円にまで引き上げられる。

「100億円あげちゃうキャンペーン」はすでに終了しているが、PayPayは発展性の高い決済サービスだ。

利用限度額の引き上げはPayPayをメインに利用する方ならば、優先的に行っておきたい。

特に、過去24時間における上限額設定を外すことができるのが非常に重要だ。

ヤマダ電機やビックカメラでなどの家電量販店で、高額家電を購入することも可能となるからだ。

加えて、Yahoo! JAPANカードで3Dセキュアによる本人認証を行えば過去30日間にてPayPay残高に限度額25万円までチャージできるようにもなる。

こちらはアプリを「バージョン1.7.0」以降へアップデートする必要があるのに注意しよう。

3Dセキュアによる本人認証のメリット

PayPayにて3Dセキュアを登録することで、多様なメリットを受けられる。

まずは、純粋なセキュリティの向上だろう。

クレジットカードの不正利用はダメージが大きく、クレジットカード利用そのものへの不信感も出てしまう。

仮にカード情報と一緒にセキュリティコードを把握されてしまったとしても、3Dセキュアにて登録したパスワードがセキュリティとして機能する。

また、本人認証サービスに登録する最も大きな利点は利用限度額の大幅な引き上げだ。

過去30日間に5万円、過去24時間にて2万円が利用限度額というのは、高額のショッピングをする上で大きな弊害となってしまう。

PayPayはPayPayボーナスの還元率0.5%と、クレジットカード付帯のポイントプログラムというポイント二重取りが可能な決済サービスだ。

3Dセキュアの認証を行い、利用限度額を25万円へ高めて、ポイント二重取りが可能な範囲を広げるのが重要だ。

モバイル決済サービスのPayPayを安全かつおトクに利用したい方は、3Dセキュアの認証を忘れずに行おう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。