楽天ペイが福岡空港内の67店舗で利用可能に!楽天ペイの勢いがとまらない!

Pocket
LINEで送る

2018年10月2日より楽天のスマホアプリ「楽天ペイ」が福岡空港内の67店舗で利用可能になった。

正確な内訳は国内線が53店舗、国際線は14店舗の合わせて67店舗となる。

ほぼすべての店舗に対応しており、自社のレジを使っている以下の店舗などが非対応となる。

●「国際線」

  • ANA FESTA
  • ロイヤル那の福

●「国内線」

  • ジャルックス
  • ANA FESTA
  • 岩田屋
  • 大丸
  • うぃんぐ

●「国内線」のラーメン滑走路

  • ラーメン海鳴
  • 五行
  • 満月

素早いスマホ決済と高いポイント還元率

「楽天ペイ」は素早い決済手段と高いポイント還元率を誇っている。

また、表示されるQRコードをスマホで読み取れば即座に決済ができるので、カードも現金も不要となる。

「楽天ペイ」の決済方法は以下の3つだ。

  • 提示されたQRコードをスマホで読取る「QR読み取り」
  • 店側でバーコードを読み取ってもらう「コード表示」
  • 支払う店と金額を選ぶ「セルフ」

「楽天ペイ」は200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる(還元率0.5%)。

さらに、クレジットカードの登録にも対応しており、ポイントが別途貯まる。

よって、楽天カードを決済カードに設定すれば、還元率を1.5%までアップさせることも可能だ。

「楽天ペイ」対応店舗が急激に増加中

手軽さでもポイント還元率でもユーザーにメリットの大きい「楽天ペイ」は急激に勢力を拡大している。

9月26日(水)からは、メンズ・レディースファッション専門店の「はるやま」、「Perfect.Suit.FActory」、「大きいサイズの店フォーエル」といった全国333店舗が楽天ペイに対応した。

はるやま商事はこれまでも楽天市場にて「紳士服はるやま 楽天市場支店」を出店しており、楽天グループとの連携を深めていることがわかる。

また、全国規模のコンビニチェーン店である「ポプラグループ」にて、2018年12月中旬から全国約470店舗で「楽天ペイ」が利用可能となる。

ポプラグループは2014年から楽天ポイントカードも導入している。

全国規模のメジャー店をカバーしている「楽天ペイ」

「楽天ペイ」はローソン、アート引越しセンター、自遊センター、魚民、白木屋、メガネスーパー、ピザーラといった全国展開のチェーン店にて対応している。

「楽天ペイ」の正確な対応店舗数は公表されていないが、ローソンが加盟しているだけで対応店舗数は約14,000店舗以上となる。

さらに、全国チェーンの店舗にも対応していることから、総対応店舗数は全国で10万店舗を軽く上回る予測となる。

「楽天ペイ」は福岡空港のほぼ全店で対応

2018年10月2日から対応開始となった福岡空港内での「楽天ペイ」は、自社レジを使っている店舗を除くほぼ全店舗に対応している。

非対応店舗が少ないことから、福岡空港と「楽天ペイ」が深いつながりにあることがわかる。

「楽天ペイ」は素早く手軽に決済が可能で、クレジットカード登録によって還元率を上昇させることも可能。

さらに、対応店舗数も急激に増えていることから、福岡空港など特定の場所に限らず、全国的にユーザーの強力な武器になっていくだろう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る