楽天カードでアメックスブランドが選択可能に!主要ブランド全てに対応!

Pocket
LINEで送る

24日、日経新聞は楽天カードがアメックスブランドの取り扱いを25日より開始すると報じた。

実際に楽天カードの申し込み画面を確認したところ、確かにアメックスブランドが選択できるようになっていた。

楽天カード申し込み画面

今回のアメックスブランド対応により、楽天カードの選択可能ブランドは以下となった。

  • Mastercard
  • JCB
  • VISA
  • Amex

主要な国際ブランドには全て対応しているため、自分の好みや用途によってブランドを選択することができる。

ゴールドカードはアメックスブランドを選択不可

楽天カードには上位カードとしてゴールドカード、プレミアムカード、ブラックカード*1が存在する。

*1ブラックカードは招待制のため、基本的に希望者からの申し込みは不可

プレミアムカードではアメックスブランドを選択可能だが、ゴールドカードではアメックスブランドは選択できない。

そのため、一般よりもランクが高い楽天カードでアメックスブランドを選択する場合は、必然的にプレミアムカード一択となる。

なぜゴールドカードがアメックスブランドに対応していないのか、理由は定かではない。

しかし、アメックスゴールドが日本で最初に発行されたゴールドカードであることが関係しているかもしれない。

アメックスにとってゴールドカードは特別な位置付けのカードだと言えるからだ。

対応ブランド数がトップクラスに

主要4ブランド全てに対応しているカードは現在それおほど多くない。

PARCOカードやSEIBU PRINCE CLUBカード、タカシマヤカードなど一部のカードのみとなる。

楽天カードがアメックスブランドに対応したことで、選択肢は広がったと言える。

さらに、楽天カードは普及率・知名度共にトップのカードであるため、アメックスブランドに対応した影響は大きい。

また、一般カード・プレミアムカードどちらのアメックスブランドも、年会費は他のブランドと変わらない。

つまり、一般カードであれば年会費無料でアメックスブランドのカードが持てることになる。

アメックスブランドのカードは全体的にステータスが高いため、年会費が有料もしくは高額の場合が多い。

そのため、年会費が無料のアメックスブランドカードは嬉しい。

なお、MastercardブランドやJCBブランドで選択可能なバルセロナデザインや楽天イーグルスデザインは、アメックスブランドでは選択できない。

これはVISAブランドも同一で、アメックスブランド、VISAブランドで楽天カードを検討している際は通常デザインのみとなるので注意が必要だ。

楽天カードアメックスブランド申し込み画面

アメックスブランドへ切り替える方法

これまでは他のブランドでカードを使っていたが、アメックスが対応したことでカードのブランドを変更したいと考える人もいるだろう。

しかし、結論から言うと、一度作ったカードのブランドを後から変更することはできない。

また、別々のブランドで複数枚のカードを持つこともできない。

そのため、アメックスブランドのカードに切り替えたい場合は、一度現在利用しているカードの解約をしてから再度申し込みを行う必要がある。

解約をしてしまうと審査からやり直しとなるため、よく考えて行うようにしてほしい。

通常はカードの申し込みから7〜10日ほどで手元に到着する。

また、審査の結果だけならば最短2〜3営業日ほどで出ることもある。

貯めたポイントは楽天アカウントに紐づいているため、カードを解約してもポイント失効しないので安心だ。

手軽に持てるアメックスブランドのカード

楽天カードがアメックスブランドに対応したことで、アメックスに対するハードルは下がったと言える。

楽天カードはもともと審査がそれほど厳しくないと言われている部類のカードだ。

そのため、上述したように知名度や普及率も高い。

一方、アメックスは旅行関連のサービスに強みを持つブランドだ。

アメックスのプロパーカードは審査のハードルが高く、年会費も比較的高い。

しかし、その分サービスが充実しているという特徴のカードだ。

アメックスと楽天カードが提携したことによって、これまでのアメックスブランドのイメージが一変する可能性もある。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る