結婚式費用はクレジットカードで支払える?一時増額の方法!

Pocket
LINEで送る

結婚式
クレジットカードは、街中やインターネットでのショッピングに限らず、さまざまな場面で利用できるようになっている。

そのひとつが、結婚式費用の支払いだ。

式場によって対応に差はあるが、結婚式費用の支払いにクレジットカードを利用できる式場は増えている

クレジットカードを利用するメリットとしては、支払いを先延ばしにできること、そしてまとまったポイントを獲得できることが大きい。

ただし、結婚式費用をクレジットカードで支払う場合、ショッピング枠と呼ばれる限度額に達してしまう可能性がある。

限度額に達してしまうと、それ以上のカード利用阿できなくなり、次の支払い日までカードが一時停止となってしまう。

これを防ぐために、結婚式費用をクレジットカードで支払う場合、あらかじめ限度額の一時増額をしておくことをおすすめする。

本記事では、結婚式費用のクレジットカード支払いを行う際に注意すべき点とともに、おすすめのクレジットカードを比較しながら紹介する。

カード払い可能な会場を選ぼう

結婚式の費用をクレジットカードで支払えるかどうかは式場によって異なるが、対応している式場は多い

結婚式場の検索サイトなどでは、クレジットカードでの支払いが可能という条件で式場を検索することもできる。

結婚式においてクレジットカードでの支払いを希望する場合、まずはそういったサイトで式場を探すと良いだろう。

また、JCBの公式サイトではカード利用可能な結婚式場を検索できたり、三井住友カードの公式サイトではカード利用可能なおすすめのホテルを紹介していたりする。

すでにこれらのカード会社が発行するカードを持っている人、あるいは申込を決めている人は参考にしてほしい。

クレジットカードを利用するメリット

マスターカードゴールド
結婚式の費用の支払いにクレジットカードを利用するメリットとして大きいのが、高額な費用の支払いを先延ばしにできることと、まとまったポイントがつくことだ。

ウェディング情報サイト「マイナビウェディング」の記事では、結婚式の費用について、以下のような記載がある。

結婚式をした先輩カップルへのアンケートによると、結婚式にかかった費用の総額は【200万円~250万円が最も多く12.8%】、次に【300万円~250万円(12.2%)】、【150万円~200万円(11.7%)】という結果に。

引用:結婚式にかかる費用の基礎知識

ご祝儀で賄える分や、親からの援助が受けられる場合もあるとはいえ、自己負担額もそれなりのものになる。

また、結婚式の費用を支払うタイミングは、式場によって異なるが、契約成立時に内金を支払い、式の内容や参加人数が決定したタイミングで残りの金額を支払うというケースが多い。

結婚式場の中には、内金以外の支払いを当日もしくは後日支払いで対応してくれるところもあるが、それでもそれほど猶予があるわけではない。

そんなときにクレジットカード払いが利用できると、一回払いでも一ヵ月ほどは支払いを先延ばしできるので、支払い金額の用意が楽になる。

ボーナス払い分割払いが利用可能なカードであればなおさらだ。

また、支払い金額の準備には特に不安はなくても、高額な費用に対してポイントがつくのは大きいだろう。

たとえば、100万円の支払いをポイント還元率1.0%のカードで行えば、1万ポイントを一気に獲得できることになり、かなりお得だ。

マイル獲得やポイントからマイルへ高レートで移行可能カードを利用して、新婚旅行に活用するという使い方もできる。

インビテーションの可能性

クレジットカードのなかでも、ステータス性の高いゴールドカードプラチナカードなどは、申し込むためにカード会社からのインビテーション(招待)が必要なものがある。

インビテーションの条件は公表されているわけではないが、一般的に、下位カードで一定の利用実績を積むことが条件のひとつとなっていることが多いと考えられる。

ステータス性の高いカードほど、下位カードで大きな金額を利用することが必要とされるようなので、結婚式代のようなまとまった出費はチャンスだ。

インビテーションを狙うカードの下位カードで結婚式の費用を支払うことで、大きな利用実績ができ、インビテーションの可能性が高まると言えるだろう。

限度額に注意


結婚式の費用をクレジットカードで支払う場合、注意したいのが限度額だ。

クレジットカードにはショッピング枠というひと月分のショッピング利用上限額が設定されており、これを超えての利用はできない。

月の途中でショッピング枠に達してしまった場合、引き落とし日(支払い日)にひと月分の利用金額が引き落とされるまで、カードの利用が一時停止となる。

キャッシング機能も付いているカードの場合、ショッピング利用とキャッシング利用の両方を合わせた利用限度額が設定されているので、キャッシング利用にも注意が必要だ。

結婚式の費用は数十万円~百万円以上の支払いになることもあるので、一般的なクレジットカードの設定だと、限度額以上になってしまうことが多い

そこで、結婚式の費用をクレジットカードで支払う前に行っておきたいのが、限度額の一時増額だ。

一時増額の方法

クレジットカードの利用限度額は、カード申込時の審査の際に決定するが、支払い遅延などを起こさず、利用実績を積むことで増額が可能になる。

また、カードによっては、一定期間のみ限度額を増額する一時増額(一時増枠)が可能だ。

限度額の増額時には審査が行われるが、一時増額のほうが審査に通りやすい

一時増額の方法は、カードによって違いがあるが、ほとんどの場合、カード会員向けWebサービスから申し込むか、電話で申し込むかのいずれかで申し込みができる。

電話での申込の場合、カード会社によっては、結婚式の日にちや会場などの確認や、実際の見積書の提出を求められるケースもあるという。

Webサービスからの申込のほうが比較的簡単な手続きで済むことが多い。

クレヒスに要注意

一時増額に対応しているカードで、結婚式のための一時増額を申し込む場合、断られることはあまりないと思う。

しかし、それまでの利用実績によっては一時増額ができない可能性も出てくる。

具体的には、それまでに支払い遅延を繰り返していたり、大幅な支払い遅延があったりした場合、一時増額ができない可能性がある。

また、あまりないと思うが、一時増額の申込時点で支払い遅延があり、まだ支払いをしていない場合、一時増額はまず無理だろう。

結婚式代の支払いにクレジットカード利用を考えている場合、いつも以上に日頃のクレジットカードの利用と支払いには気をつけるようにしてほしい。

一時増額ができない場合

クレジットカード
結婚式の費用をクレジットカードで支払いたいが、限度額に達してしまい、一時増額もできない場合でも、クレジットカードを利用する方法はある。

ひとつは、分割払いやボーナス払いなどの一括払い以外の支払い方法の利用、もうひとつは複数のクレジットカードで分割して支払う方法だ。

分割払いやボーナス払いで支払う

分割払いやボーナス払いの支払い方法の利用可否は、カードによって異なる。

限度額や一時増額に不安がある場合、式場探しの際にクレジットカード利用可否と合わせて、そのクレジットカードで利用可能な支払い方法も再確認しておこう。

特に、一定のボーナスが出る見込みのある人は、ボーナス一括払いが便利だ。

ボーナス一括払いでは、手数料がかからず、支払いを一般的なボーナス月まで引き延ばせる

限度額もしくは一時増額に問題はなくても、すぐにまとまったお金が引き落とされるのは苦しいという場合も、ボーナス払いがおすすめだ。

複数のカードで分割して支払う

手持ちの複数のカードもしくは新たに複数のカードに申し込んで、結婚式代を分割することで、個々のカードが限度額に引っ掛かることなく、一時増額も行わずに支払いが可能だ。

ただし、この方法を利用できるかどうか、結婚式場によって異なる

限度額や一時増額に不安がある場合、式場探しの際にクレジットカード利用可否と合わせて、この方法の利用可否も式場に確認しておこう。

この方法では、複数のカードを使うことで、一枚ごとのカードのポイント獲得は少なくなるが、数種類のポイントを貯めることができるというメリットがある。

注意点としては、手持ちのカードを利用する場合は問題ないが、新たに複数のカードに申し込む場合、通常より審査に落ちる可能性が高くなるということだ。

カードの申込状況は信用機関に登録されているクレジットヒストリーにより、どのカード会社でも確認ができる。

一度に申し込むのではなくて、二人で申込をわけたり、一定期間経ってから次のカードを申し込んだりするように気をつけたい。

結婚式費用の支払いにおすすめのカード

結婚式費用をクレジットカードで支払う場合、還元率の高いカードがおすすめだ。

そして、一時増額に対応しており、審査が厳しくないクレジットカードのほうが良いだろう。

まだ、結婚式費用の支払いのために新たにクレジットカードを申し込むのであれば、その後も使う機会の多い、日常の買い物でもお得なカードだとなお良いだろう。

これらの条件を踏まえて、本記事では以下のカードを紹介する。

  • オリコカード・ザ・ポイント
  • JCB CARD W
  • 楽天カード

この3券種を、結婚式費用の支払いにおいて押さえるべきポイントで比較すると下表のようになる。

券種 オリコカード・ザ・ポイント JCB CARD W 楽天カード
発行会社 オリエントコーポレーション JCB 楽天カード
年会費 無料 無料 無料
還元率 1.0% 1.0% 1.0%
ポイントプログラム オリコポイント Oki Dokiポイント 楽天スーパーポイント
一時増額
※増額は可能
その他 Webブライダルクレジット
ウェディングサポートプラン
公式サイトより利用できるホテル・レストラン検索可能

オリコカード・ザ・ポイント

年会費無料、高還元率1.0%のカードで、日常の中で使い勝手の良いカード。

Amazonでは還元率2.0%になるので、Amazonユーザーにもおすすめ。

また、入会後6ヶ月はポイント2倍となり、還元率が常時2.0%となるので、結婚式費用の支払いに利用する際は、このタイミングを狙いたい。

一時増額には対応しておらず、増額にのみ対応。

ただ、結婚式費用の支払いに関して、「Webブライダルクレジット」および「ウエディングサポートプラン」という独自のサービスがある。

いずれも通常のカード利用とは別に申込手続きと審査に通ることが必要だが、通常のショッピング枠とは別に、結婚式費用のクレジットカード払いが可能になるサービスだ。

「Webブライダルクレジット」は、Web上で申込および手続きが完了する。

結婚式費用を分割で支払うことができる他、ご祝儀をスポット返済(一部先入れ入金)するなど、利用者のニーズに合わせたプランを用意してもらえる。

「ウエディングサポートプラン」は、対応している式場にて申込を行う。

結婚式費用を分割で支払うことができる他、ご祝儀を挙式後の翌月1回払いに組み込み、1回払いと分割払いの併用や、スポット返済(一部先入れ入金)など、利用者のニーズに合わせたプランを用意してもらえる。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でありながら高還元率なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費無料
還元率1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%〜15%
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
国際ブランドMasterCardJCB
オリコカード・ザ・ポイントの公式サイトを見る
オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

JCB CARD W

Web申込・39歳以下限定で申し込めるJCBオリジナルシリーズのカード。

通常のJCBオリジナルシリーズとは違い、年会費無料・ポイント2倍で高還元率のお得なカード。

カード利用で貯まるOki Dokiポイントはさまざまなポイントに移行可能で、マイルへの移行も可能。

一時増額は、会員向けWebサービス「MyJCB」もしくは電話のいずれでも可能。

MyJCBでは確認・審査に即時対応で、上限は500万円

電話では確認・審査は即時~最大3営業日かかるが、上限なし

一時増額の有効期間は、申込日が1~15日の場合、申込日から2カ月後の支払い日まで、申込日が16日~末日の場合、申込日から3カ月後の支払い日までとなる。

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
W×Wでポイント4倍キャンペーン中!
2019年3月31日まで
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

楽天カード

年会費無料、高還元率1.0%で、誰でも申し込みやすいカード。

楽天市場を始めとした楽天グループのサービス利用でポイントが大幅アップする。

カード利用により貯まったポイントは、同じく楽天グループのサービスで利用できるので、楽天ユーザーにおすすめ。

一時増額は、会員向けWebサービス「楽天e-NAVI」にて行うことができる。

一時増額の有効期間は、増額後2カ月間

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る