【悲報】ソラチカルート終了……マイラーにとっての影響はいかに?注目の新ルートは?

Pocket

飛行機

陸マイラーに欠かせなかったソラチカルートが制度変更により2018年3月末をもって実質終了となる。

そこで今回は、ソラチカルート終了の原因と影響、ソラチカルートに変わる新たなANAマイル獲得方法を紹介する。

ソラチカルートの制度変更と影響

ANA To Me Metroソラチカカード

ソラチカルートの仕組み

ソラチカルートは「ANA To Me CARD PASMO JCB」(ソラチカカード)を使い、ANAマイルを貯める方法だ。

マイルを貯めるためには、基本的に飛行機の搭乗やクレジットカードの利用が必要だ。

しかし、ソラチカルートでは、以下の手順でマイルを貯めることができた。

ソラチカルートのマイル獲得手順
各種ポイントサイトでポイントを貯める

ソラチカカード提携の中継サイトのポイントに交換(等価交換)

貯めたポイントをソラチカカードの「メトロポイント」へ交換(等価交換)

「メトロポイント」を「ANAマイル」に交換(90%)

上記のルートによって、各種ポイントサイトで貯めたポイントを90%のレートでANAマイルに変更可能だった。

ソラチカルートがマイラーに有名な理由は、90%という高いレートでANAマイルに交換できる点だと言える。

他のカード経由の場合は50%~60%程度のレートが一般的だ。

制度変更でソラチカルート封鎖へ

ソラチカルートに影響を与える制度変更は、2018年1月に発表された。

その内容は、2018年3月31日をもって、ポイント中継サイト「ネットマイル」「PeX」「Gポイント」「ドットマネー」との提携サービスを終了するというもの。

4月以降もメトロポイントからANAマイルへのレート90%での交換は継続されるが、「ポイントサイトで貯めたポイント」をソラチカカードのメトロポイントへ交換することができなくなり、ソラチカルートの大部分が封鎖されることになる。

ソラチカルートに変わる新たなルート

今回封鎖されてしまうソラチカルート以外にも、ポイントをマイルに交換できるルートは存在する。

その中でもおすすめのルートが以下で紹介する3つのルートだ。

LINEポイント・ソラチカルート

LINEポイント・ソラチカルートは、LINEポイントを経由して、メトロポイント→ANAマイルへの交換を行うルート。

LINEポイントからメトロポイントへの交換レートは90%のため、LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルで81%のレートで交換が可能だ。

LINEポイントは、通常、LINEの関連サービス(LINE Payカード、LINEモバイルの利用、LINEポイントキャンペーンなど)を利用することで獲得できる。

また、ポイントサイトの「ポイントタウン」からはLINEポイントへ等価交換が可能。

さらに、少し複雑になるが、以下のような手順でポイント中継サイト「PeX」からLINEポイントへの移行も可能だ。

「Pex」からLINEポイントへの交換手順
「PeX」から「三井住友VISAカード」へポイント移行(100%)

「三井住友VISAカード」から「Gポイント」にポイント移行(100%)

「Gポイント」から「LINEポイント」にポイント移行(95%)※キャンペーンにより100%の場合も

上記のルートでは、最終的なレートは以下のようになる。

LINEポイントを経由する方法が、現時点で考えられるソラチカルートの代替ルートとして最も高いレート(76.95~81%)だ。

ニモカルート

ANA VISA nimocaカード

ニモカルートでは、「ANA VISA nimocaカード」を使う。「nimoca」は九州地方を中心に使える交通系ICカードだ。

ニモカルートはソラチカルートと同じくらいシンプルに、ANAマイルに還元ができる。その手順は以下の通り。

ニモカルートのマイル獲得手順
各種ポイントサイトでポイントを貯める

貯めたポイントをポイント中継サイト「PeX」に移行

「PeX」から「nimocaポイント」へ

「nimocaポイント」を「ANAマイル」に変更

ソラチカカードで行っていた手順をそのまま、ANA VISA nimocaカードで行うイメージだ。

ニモカルートのレートは70%と、先述のLINEポイント→ソラチカルートと比較すると見劣りしてしまうが、手続きがシンプルでわかりやすいというメリットがある。

しかし、ニモカルートには致命的な欠点があるの注意が必要だ。

致命的な欠点とは、ニモカのポイント交換ができる地域が限られていることだ。

具体的には、九州(熊本、宮崎、福岡、大分)と北海道(函館)に設置されたポイント交換機でしか交換ができない

対象地域に在住しているマイラーの方であれば、積極的に活用したいルートではある。

三井住友VISAルート

三井住友VISAカードクラシック

「三井住友VISAカード」を使うルートで、ソラチカルートの「ソラチカカード」の部分を、「三井住友VISAカード」に置き換えたルートだ。

具体的には以下のような手順となる。

三井住友VISAルートのマイル獲得手順
各種ポイントサイトでポイントを貯める

貯めたポイントをポイント中継サイト「PeX」に移行

「PeX」から「三井住友VISAワールドプレゼントポイント」へ

「三井住友VISAワールドプレゼントポイント」を「ANAマイル」に変更

三井住友ルートの交換レートは60%と、他のルートと比べるとやや低め。

しかし、手順がシンプルで、すべてネット上で完了するので、多くの人に使いやすいルートと言えるだろう。

今後の変更にも注意

陸マイラーに大きな衝撃を与えたソラチカルート封鎖だが、今回紹介したように、まだお得にマイルを貯める方法は存在する。

ただし、今後さらなる制度変更の可能性もある。あるいは、新たに陸マイラー用のカードやルートが見つかるかもしれない。

「知らないで損をした!」ということがないように、最新情報のチェックが必要だ。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。