JCB CARD WでETCカードを発行するための手順まとめ!

Pocket
LINEで送る

ETC
クレジットカードには、追加カードとしてETCカードを発行できるものがある。

申込をする場合は、本会員カードの申込とは別に発行手続きが必要だ。

年会費無料かつポイント2倍というお得なJCBオリジナルシリーズとして人気の高いJCB CARD Wでも、ETCカードの発行が可能だ。

すでにJCB CARD Wを持っている場合は別途手続きが必要だが、新規にJCB CARD Wを申し込む場合は、一緒にETCカードの申込も行うことができる。

ETCカードを利用すると、有料道路の料金所で自動的に支払いが行われ、料金所をキャッシュレスで簡単に通過できる。

また、通行時間帯によっては割引が適用されたり、ポイントが付くなどのメリットもある。

ETCカードでは、すべてのETCカードに共通して、ETCマイレージサービスというポイント制度がある。

また、JCB CARD Wの場合、クレジットカードのポイントであるOki Dokiポイントも付与される。

JCB CARD Wは年会費無料で、ETCカードも年会費無料。発行や更新に際しての手数料も発生しない

有料道路を少しでも利用する機会があるなら、ETCカードを作っておきたいところだ。

本記事では、JCB CARD Wの追加カードとしてETCカードを発行するための手順と、ポイントに関する仕組みなどを解説していく。

JCB CARD WのETCカード発行方法

JCB CARD Wを含めた個人用のJCBカードで発行できるETCカードは、「ETCスルーカード(ETC専用カード)」と呼ばれる、JCBカードとあわせて所有できるETC専用のICカードとなる。

ETCスルーカード(以下「ETCカード」)は、JCBカード1枚に対して1枚のみの発行となる。

JCB CARD WのETCカード発行手順は、すでにJCB CARD Wを持っている場合と、JCB CARD Wも新規で発行する人によって異なる。

JCB CARD Wを持っている場合

すでにJCB CARD Wを持っている場合、JCB会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」からETCカードの発行手続きができる。

MyJCBにログイン後、「各種お申し込み・購入>カードに関するお申し込み」欄から、「ETCスルーカード」を選択して手続きを行おう。

MyJCBでは、ETCカードの発行だけでなく、ポイントの交換や各種設定の変更など、さまざまな手続きができるので、活用してほしい。

また、MyJCBからの申込が簡単かつカード到着も早いのでおすすめだが、郵送または電話での申込によるETCカードの発行も可能だ。

申込の際はカード番号などのカード情報が必要となるため、手元にJCB CARD Wを用意した状態で行うようにしたい。

郵送での申込の場合は、まずは「JCBカードの資料請求サービス」ページより、「ETC/QUICPay入会申込書」を請求しよう。

電話での申込みの場合は、以下の専用ダイヤルに電話をかけ、ETCカードを発行したい旨を伝えよう。

ETCスルーカード入会ご案内専用ダイヤル
TEL:0120-1104-55 
携帯電話専用ダイヤル:0570-0010-55
営業時間:9:00~17:00(日・祝・年末年始は除く)

JCB CARD Wを持っていない場合

JCB CARD Wを持っていない場合、JCB CARD Wの申込と一緒にETCカードの申込を行うことができる。

JCB CARD Wの申込はWeb申込限定となている。

まずはJCB CARD WのWeb申込ページにアクセスし、必要事項を記入していく。

その際、追加カードについて設定する項目があるので、ETCカードを選択しよう。

これにより、本会員カードと一緒にETCカード発行の手続きを進めることができる。

また、手続きを進めるにあたり、下記の情報が必要となる。

  • 住所
  • 本人確認書類
  • カード代金の引き落とし用の銀行口座番号・銀行届印
  • 保護者の同意書(未成年者が申し込む場合)
  • 学生証(申込者が学生の場合)

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
W×Wでポイント4倍キャンペーン中!
2019年3月31日まで
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

ETCカードのポイント付与

ポイント付与
ETCカードの利用代金は、基本的にクレジットカードで支払われる。

そして、本会員カード利用分だけでなく、ETCカード利用分についてもポイントが付与されるカードもある。

JCB CARD Wでも、ETCカード利用に応じてポイントが貯まる仕組みとなっている。

これに加えて、JCB CARD Wに限らず、「ETCマイレージサービス」という、ETCカード全般に共通するポイント制度もある。

ETCマイレージサービス

ETCマイレージサービスは、有料道路の利用額に応じてマイレージポイントが付与されるサービス。

このサービスに関するシステムの運営は、カードの発行会社に関わらず、以下の5事業者によって行われている。

  • 東日本高速道路株式会社
  • 中日本高速道路株式会社
  • 西日本高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

マイレージポイントは、有料道路の料金支払いや、商品との交換に利用できる。

また、これもすべてのETCカードに共通して、下記の時間帯割引を受けられる(区間や走行距離により一部適用されない場合あり)。

0時~4時(深夜帯):30%割引
平日朝6時~9時:30~50%割引
平日夕方17時~20時:30~50%割引
土日祝:30%割引

Oki Dokiポイント

Oki Dokiポイントは、JCBが運営するポイントプログラム。

基本的に、JCB発行のクレジットカード利用により貯まり、JCB CARD Wのポイントプログラムでもある。

JCB CARD Wを含むJCBカードのETCカードでは、前述のマイレージポイントとは別に、ETCカード利用1,000円につきOki Dokiポイントが1ポイント貯まる。

ETCカードは発行できてもクレジットカードのポイントが貯まらないというカードもあるので、この点もJCB CARD Wのメリットといえる。

特に、ETCカードの利用頻度の高い人は、意識しないでもまとまったポイントが貯まるので、ぜひ活用してほしい。

JCBのETCカードは無料

無料
最後に、JCB CARD W含め、JCBカードのETCカードに関する基本情報をまとめておく。

ETCカードの発行には、発行手数料や年会費、更新手数料などがかかるころもあるが、JCBの場合はすべて無料だ。

JCB CARD Wは、本会員カード自体の年会費も無料だ。

有料道路を利用する機会が少しでもあるならば、申し込んでおきたいところだ。

JCB CARD Wはお得がいっぱい

JCBオリジナルシリーズのなかでも珍しく、年会費無料ポイント2倍というお得なカードであるJCB CARD W。

そのお得さから利用者が増えているが、無料で追加できるETCカードも、せっかくなら利用を検討してほしいところ。

有料道路の料金書をキャッシュレスで通過できる他、曜日・時間帯による割引。ETCマイレージサービスおよびOki Dokiポイントによるポイント付与など、メリットは大きい。

申込自体も簡単なので、すでにJCB CARD Wを持っている人も、これからJCB CARD Wの申込を行う人も、ETCカードを忘れずに活用していこう。

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
W×Wでポイント4倍キャンペーン中!
2019年3月31日まで
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る