dポイントのおすすめの使い方・貯め方トップ3を発表!ファミリーマート支払い、ドコモケータイ料金支払いがお得

Pocket
LINEで送る

お得
NTTドコモが運営するポイントプログラム「dポイント」。

dカード/dゴールドカードdポイントカードの利用でポイントが貯まり、貯まったポイントは商品との交換や他のポイント・サービスとの交換、キャッシュバックなどに利用できる。

最もおすすめでお得なのは、街なかのdポイントが使えるお店で使う、もしくはドコモケータイ料金の支払いだ。
まだ、「dポイント投資」により、獲得したdポイントを増やすチャンスもある。

おすすめの使い方トップ3
・ドコモケータイ料金の支払い
・街なかのコンビニ、カフェで使う
・dポイント投資

おすすめの使い方を詳しく見る

また、おすすめの貯め方という意味では、圧倒的にdカードゴールドを所持して貯めた方が良い。

おすすめの貯め方トップ4
・dカードゴールド
・dカード
・dポイントアプリ
・dポイントカード(クレジット機能なし)

おすすめの貯め方を詳しく見る

本記事では、dポイントについて、最もおすすめのお得な使い方・貯め方について解説する。

また、dポイント利用時の注意点や、そもそものdポイントの貯め方などについても説明していく。

特に、クレジットカードのdカードゴールドを利用することで、効率的にdポイントが貯まるので、そのあたりも詳しく解説している。

ドコモユーザーへの特典も充実しているのでおすすめだ。

お得な使い方3選

dポイントにはさまざまな使い方があるが、最もおすすめのお得な使い方が、次に紹介する3つの方法だ。

街なかで使う

dポイントが貯められる店舗では、たいていdポイントを使うこともできる。

dポイントは様々な使いみちがあるが、最も簡単に利用できる方法は、この街なかで使う方法だろう。

この方法以外は、基本的に事前にポイント申請が必要など、手続きが若干面倒になる。面倒くさがりな方に、最もおすすめできる使いみちである。

ポイントの使い方は、店舗によっては1円から使うことができる場合もあれば、100円単位といった単位が区切られている場合もある。

全国に展開している店舗だと、以下のような所が使いやすいだろう。

・ファミリーマート
・ローソン
・ドトールコーヒー
・サンマルクカフェ
・マクドナルド
・かっぱ寿司

特にファミリーマートは全国に展開しており、最も使いやすい店舗といえるだろう。

使い方は簡単で、カード、又はアプリをかざすだけでよい。

ケータイ料金の支払い

ドコモ回線を契約中であれば、毎月のドコモのケータイ利用料金にdポイントを充当することができる。

1ポイント単位で充当でき、非常に利便性が高い。

各種割引後(月々サポート含む)の利用料金に充当されるため、ケータイ利用料金の大幅な割引が可能だ。

このdポイントの使い方は、ドコモ回線契約中のdカード会員に人気のある方法だ。

利用の際は、dポイントクラブサイトまたはMy docomoから申し込みが必要。

d払いの支払いに充当する

d払いとは、ネットショップなどで利用でき、引き落としが毎月の携帯利用料と一緒に引き落としされるというもの。

d払いに対応しているネットショップを使用している場合は、d払い時に、dポイントを同時に利用することもできる。

d払いに対応
(引用:公式サイトより)

dポイント投資

上級者の使い方も紹介しておこう。

通常、クレジットカードのポイントは、還元率をアップする方法はあっても、獲得後のポイントをさらに増やすということはできない。

しかし、dポイントの「dポイント投資」という使い方では、dポイントを使って投資体験を行い、運用状況によってはポイントを増やすことができる。

dポイントをdポイント投資の運用ポイントに交換後、ポイントが投資信託の基準価額に連動し日々変動する。

運用ポイントはいつでもdポイントに戻すことができる。

手数料は無料で100ポイント単位で運用でき、1ポイントから引き出すことができるため、こまめな運用が可能だ。

その他の使い方一覧

使い方
前述のおすすめの使い方を含め、dポイントの使い方としては次のような方法がある。

買い物の支払い

  • dポイント加盟店で利用
  • ネットショッピングで利用
  • dマーケットで利用
  • d払いに利用

携帯電話料金・端末の支払い

  • ドコモの携帯電話料金支払いに利用
  • スマホ端末やデータ容量の追加に利用
  • ドコモの商品の購入に利用

商品やポイントと交換

JALマイルにも交換することができる。
JALマイル

5000ポイント→2500 JALマイル

の交換とレートが悪くなるので、あまりおすすめできる方法ではない。

また、有名所ではpontaポイントにも交換することができる。

pontaポイント

5000ポイント→5000 pontaポイントと、等価で交換することができる。
(別途移行手数料250ポイントが必要)

JALマイルはドコモの回線契約がなくても使えるが、pontaポイントはドコモの回線契約が必要なので、覚えておこう。

  • 他のポイント(JALマイル、Pontaポイントなど)と交換
  • 交換商品(iDキャッシュバック、ポインコグッズ、子育て商品など)に利用
  • 優待クーポンと交換

その他

  • dポイント投資に利用
  • プレゼントが当たる抽選に応募
  • 寄付

dポイントの貯め方

貯め方
dポイントはdポイントカード、アプリを持つ必要がある。

dポイントを貯める方法
・dカードゴールドカードを持つ
・dカード(一般カード)を持つ
・ddポイントアプリを使う
・dポイントカード(クレジット機能を持つ)

dポイントの貯め方としては、次のような方法がある。

この中で、特に注目したいのは、dカードゴールドカード。ドコモの携帯利用料が10%還元されるのに加えて、携帯補償や旅行保険などが付帯している。

年会費が10,000円かかるが、通常のドコモユーザーであれば、携帯利用料の還元だけで、年会費以上のメリットが得られる。

dカードゴールドカードのメリット

  • ドコモ携帯電話・ドコモ光の利用料金1,000円ごとにポイント10%還元
  • dカード特約店でポイントアップ
  • 加盟店でのカード呈示および利用でポイントアップ

カードの利用で貯める

クレジットカードのdカードdカードゴールド、ポイントカードのdポイントカードの利用により貯めることができる。

dポイント加盟店で買い物をする際、カード呈示で100円または200円につきポイントが貯まる。

dカードおよびdカードゴールドの場合、ショッピング利用でもポイントが貯まる。

通常はポイント還元率1.0%だが、dポイント特約店ではポイント付与率がアップする。

もっともお得に貯まるのが、スターバックス/ドトール/エクセルシオールカフェのプリペイドカードへのdカード/dカードゴールドでチャージ

通常の100円につき1ポイントに加え3倍のポイントが貯まり、100円につき4ポイントが貯まる。

dポイントカードの場合も、カード呈示だけでなく買い物をすることでポイントを貯められる店もある。

dポイント加盟店として代表的な店を、ジャンルごとに以下に紹介する。

コンビニ、飲食店、薬局、カフェなど全国展開のチェーン店も多いため、ポイントを貯めやすい。

飲食店

  • マクドナルド
  • いきなり!ステーキ
  • かっぱ寿司

コンビニエンスストア、スーパーマーケット

  • ローソン
  • ライフ

ドラッグストア

  • マツモトキヨシ

アパレル

  • ユナイテッドアローズ
  • 紳士服のコナカ

CD、DVD

  • タワーレコード

カフェ

  • スターバックス
  • エクセルシオールカフェ
  • ドトール

百貨店

  • 三越伊勢丹

雑貨店

  • PLAZA

家電量販店

  • ノジマ
  • 丸善、ジュンク堂書店

d払いを利用

d払いとは、月々のケータイ料金と合算して支払いを行う方法。

以下のネットショッピングの利用時にd払いを利用すると、サイトごとに設定された分のポイントを貯めることができる。

フリマアプリやアパレルなどのオンラインショップが多数対応しており、利用機会も多いのではないだろうか。

フリマアプリ

  • メルカリ
  • ラクマ

アパレル

  • BEAMS公式オンラインショップ
  • ユナイテッドアローズ公式オンラインショップ
  • ニッセンオンライン
  • オンワード・クローゼット
  • ワールドオンラインストア

薬、コスメ

  • マツモトキヨシオンラインショップ

食品

  • カルディコーヒーファーム公式オンラインショップ

その他ショップ

  • 無印良品ネットストア
  • タワーレコードオンライン
  • ノジマオンライン
  • ショップジャパン

アンケートへの回答

d POINT CLUBのサイト上またはdポイントクラブアプリ上からdポイントクラブアンケートに回答すると、ポイントが付与される。

付与されるポイント数は、アンケートにより異なる。

アンケートの実施期間と、同じアンケートには一回のみしか回答できない点には注意しよう。

ドコモの回線の利用

ドコモの携帯電話もしくはドコモ光を利用すると、利用金額1,000円につき10ポイントまたは100ポイントが貯まる。

ドコモユーザーは毎月確実にまとまったポイントを貯めることができるため、dポイントやdカード/dカードゴールドはドコモユーザーにおすすめと言われる。

dポイント利用の注意点

注意点
dポイントを利用するためには、Webサイト上で「dアカウント」を発行し、「d POINT CLUB(dポイントクラブ)」への登録を行う必要がある。

商品や他のポイントの交換、キャッシュバックや携帯利用料金への充当などは、dポイントクラブもしくはMy docomoから手続きを行うことができる。

手続き後即座に反映されるわけではなく、数日~数週間程度かかるので、余裕を持って手続きを行いたい。

特にJALマイルに交換する場合は申込から約2か月後の反映となり、他の使い方に比べて時間がかかる。

店頭でdポイントを利用する際は、会計時、dポイントカードもしくはdカード/dカードゴールドを店頭で呈示し、ポイントを利用したい旨と、利用ポイントを伝えよう。

ポイント残高は、以下の方法で確認できる。

  • dポイントクラブサイトで確認
  • dポイントアプリで確認
  • 店員に尋ねる
  • ポイント利用後のレシート印字

期間・用途限定のポイント

dポイントには、通常のポイントと、期間限定の「期間・用途限定ポイント」の2種類がある。

通常のdポイントは獲得から約4年後が有効期限となっているが、期間・用途限定ポイントは利用期間が短い

期間・用途限定ポイントは、主に以下のような場合に付与される。

  • カケホーダイプランなどの定期契約の更新時
  • ドコモ子育て応援プログラムの利用者で、小学生以下の子どもがいる場合はその誕生日月
  • dポイントクラブのゲームなどで獲得

また、期間・用途限定ポイントは、非常に用途が限られており、以下には利用できない。

利用できるのは、dポイント加盟店での買い物や、iDへのキャッシュバックなどだ。

  • 携帯電話料金の支払い
  • 商品との交換
  • dポイント投資
  • 寄付
  • プレゼントの抽選応募
  • dカードプリペイドへのチャージ
  • 他のポイント(JALマイル、Pontaポイントなど)と交換

家族と共有する

家族
dポイントは、以下のいずれかの方法で家族と共有することもできる。

  • dカード/dカードGOLDの家族カードを作る
  • ポイント共有グループの会員になる

家族カードは、会員の配偶者、子、親などが加入できる。

支払い口座がひとつになるため、ポイントもまとめて管理できる。

ポイント共有グループは、dポイントクラブ会員で三親等以内の親族であれば、20会員まで加入できる。

ドコモ回線に加入していない人も対象だ。

夫婦や親子などでポイントを共有できるため、ポイントを効率的に貯めることができる。

dカードゴールドがお得

dポイントを使うためには、dポイントを十分に貯める必要がある。

dポイントを貯めるために効果的なのが、dカードゴールドだ。

dカードゴールドでは、以下のようにdポイントが貯まる機会が多い。

  • ドコモ携帯電話・ドコモ光の利用料金1,000円ごとにポイント10%還元
  • dカード特約店でポイントアップ
  • 加盟店でのカード呈示および利用でポイントアップ

年会費はかかるものの、メインカードとして利用すれば、ポイントを非常にお得に貯めることができる。

dカード GOLD

dカードゴールド

ドコモケータイ/「ドコモ光」利用料金の10%をポイント還元!!

携帯電話補償が10万円まで付帯。ポイントだけでなく保険やサービスも手厚い。pontaポイントをお持ちならdポイントに集約するのがおすすめ。

年会費10,000円(税抜)
還元率1.0%〜10%
旅行保険国内:最高5,000万円(利用付帯)
海外:最高1億円(自動付帯+利用付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。