TOP

ハワイで使えるクレジットカードの国際ブランドは?暗証番号・サインは必要?特典・ラウンジがあるカードも


旅行先として人気のハワイ。ハワイでの観光にはクレジットカードの利用が便利だ。一定の現金も必要にはなるが、クレジットカードは忘れずに持って行きたい。

基本ハワイでは、楽天カードのVISAかマスターカードをメインに使い、2枚目のカードとしてJCBも持っていくことをおすすめする。

楽天カードは、ハワイにラウンジがあるので便利だ。また、また、JCBカードシリーズはハワイで利用できる独自の特典がある。

本記事では、ハワイのクレジットカード事情や注意点、また、特典やラウンジの利用などカードの活用法も紹介する。

ハワイで使えるクレジットカード

観光地として人気のハワイでは、観光客がよく訪れる地域ではクレジットカードを利用できる店が多い。

基本的に五大国際ブランドのクレジットカードは使用できるが、VISA、マスターカードに比べるとJCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの加盟店が少ない印象。

ただし、日本人がよく訪れる地域ではJCBが使える店は多く、JCBならではの特典もある。

そのため、ハワイではVISAまたは、マスターカードをメインで利用し、二枚目としてJCBを持っていくことがベスト。JCBが使える店ではアメリカン・エキスプレスも利用可能だ。

一方、現地の人の利用がメインの小さなショップや露店などではクレジットカードが使えないこともあるため、ある程度の現金も用意しておこう。

暗証番号入力またはサインが必要

ハワイでのクレジットカードの使い方は日本とほぼ同じ。カード決済時にはサインまたは暗証番号入力が求められる。

最近ではICカード対応が進んでおり、暗証番号の入力を求められることも多くなっている。その際、店員から「PIN プリーズ」と言われることがあるのを覚えていこう。

暗証番号入力のほうがスムーズに会計できるが、万が一暗証番号を忘れた場合は、サインで決済できる。

JCBカードで優待・ラウンジ利用

JCBカードには、ハワイにおいてカードを提示するだけで無料で利用できるいくつかの特典がある。

基本的には、JCBブランドのクレジットカード、デビットカードを持っていれば誰でも利用できる。

ただし、JCBプリペイドカードだけは対象外なため注意したい。

JCBのクレジットカードは持っているけれど普段は使わないという人も、旅先にJCBプラザがあれば念のため持っていくことをおすすめする。

クーポンブックで割引に

ハワイのアラモアナセンターでは、JCBカードを提示すると、クーポンブック「プレミアムパスポート」がもらえる。

時期によって内容が変わるが、女性に人気のケイト・スペード・ニューヨークや、ロコに親しまれている庶民派デパート、メイシーズの15%引きは、魅力的。

店名アラモアナセンター、Ala Moana Center 
住所Ala Moana Center
TEL8089559517
営業時間月~土 9:30AM~9:00PM/日 10:00AM~7:00PM
定休日感謝祭 クリスマス

ワイキキ・トロリーの「ピンクライン」が乗り放題

ワイキキ・トロリー

トロリーはワイキキの公共交通機関で、観光客向けの巡回バスのようなもの。観光エリアや有名ホテルの前に停車してくれるので、滞在中はぜひ活用したい。

トロリーの乗車料金は、通常、大人も子供も往復でひとり4ドル。しかしJCBカードを提示すると、カード会員と大人1名、子供2人まで無料で乗車できる。

大人2名、子供2名の4人家族であれば、全員の交通費が浮くので、ハワイに行くときは忘れずにJCBカードを持って行こう。

無料ラウンジの利用、現地情報が得られる

JCBカード会員は、ワイキキにある「JCBプラザ・ホノルル」を利用できる。ここでは、現地情報を得たりやレストラン、ツアー、各種チケットの手配をしてもらえる。

さらに「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」では無料ラウンジも使える。

ラウンジにはゆったりとくつろげるテーブルやソファーが配置され、Wi-Fiサービス、無料ドリンク、雑誌や新聞に加え、レンタル傘も利用できる。

どちらのJCBプラザもスタッフが日本語を使えるので、英語が苦手な人も心配無用。

さらに2019年夏にアラモアナセンターに新しいJCBプラザがオープンした。

新しいJCBプラザでは、観光案内、レストラン・ツアーの予約に加えて、キッズプレイエリア、手荷物一時預かり、ベビーカーレンタルなどのサービスが受けられる。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルル

サービス
  • 観光案内
  • ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケット等の予約
  • 緊急サービス
  • Wi−Fi無料サービス
  • インターネット、プリントアウト無料サービス
  • 日本語新聞、雑誌の閲覧
  • 現地ガイドブック、情報誌の閲覧
  • ドリンクサービス
  • マッサージ機
  • レンタル傘サービス
  • お荷物の当日中一時預かりサービス
所在地2nd Floor, Waikiki Shopping Plaza, 2250 Kalakaua Ave.,
Suite 207A, Honolulu, HI 96815, U.S.A.
カラカウア通り沿い、ワイキキ・ショッピング・プラザ2階。
電話番号1-800-775-0046
(アメリカ国内からおかけの場合のトールフリー)

808-971-8111
(オアフ島内からおかけの場合)

1(国番号)-808-971-8111
(オアフ島外からおかけの場合)

営業時間9:00AM ~ 8:00PM
定休日年中無休

JCBプラザ・ホノルル


2019年6月3日に新しい場所に移転した。

サービス
  • 観光案内
  • ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケット等の予約
  • 緊急サービス
  • Wi−Fi無料サービス
  • ベビーカーレンタル(※1)
  • キッズプレイエリア利用
  • インターネットサービス
  • 手荷物の当日中一時預かりサービス(※2)
  • Wi-Fi無料サービス
所在地Ala Moana Center ,1450 Ala Moana Blvd. Honolulu, HI 96814, U.S.A.
Ala Moana Blvd(アラモアナ大通り)沿いにある Ala Moana Center (アラモアナセンター)の1階。「 JTB ‘OLI’OLI STATION Ala Moana 」(オリオリステーションアラモアナ)内
電話番号808-921-1212
営業時間9:30AM~6:00PM
定休日年中無休

楽天カードでラウンジ利用

楽天カード会員は、券種、国際ブランドを問わず、誰でもハワイにある2つのラウンジを無料で利用することができる。

どちらも日本語で対応してくれるうえ、ドリンクサービスなどが利用できるため、ハワイを訪れるなら立ち寄ってほしいスポットのひとつである。

楽天カード ワイキキラウンジ

楽天カード ワイキキラウンジ

サービス

ワイキキラウンジでは以下のようなサービスが利用できる。

  • カード盗難・紛失時のご相談
  • ホットコーヒー、冷たいジュースの提供
  • Wi-Fi
  • ラウンジ内トイレ
  • マッサージチェア
  • お荷物当日中預かり
  • PC/プリンター
  • 傘貸し出し

お子様連れのお客様へのサービス

  • キッズスペース
  • 授乳室
  • おむつ交換台
  • ベビーカー貸出し
所在地T ギャラリア ハワイ by DFS 2階
330 Royal Hawaiian Ave., Honolulu, HI 96815
電話番号+1-808-926-0151
営業時間9:30-20:00 (年中無休) ※最終受付 19:45

楽天カード アラモアナラウンジ

楽天カード アラモアナラウンジ
楽天カード アラモアナラウンジは2019年8月8日にオープンしたラウンジで、アラモアナセンター内にある。

サービス

  • カード盗難・紛失時のご相談
  • 温かいコーヒーや冷たいジュースのご提供
  • Wi-Fi
  • ラウンジ内トイレ完備 ※ウォシュレット付き
  • マッサージチェア
  • お荷物の当日中一時預かり
  • PC/プリンター
  • 傘貸出し
  • お子様連れのお客様へのサービス
  • キッズスペース
  • 授乳室
  • おむつ交換台
  • ベビーカー貸出し
所在地アラモアナセンター エヴァウィング 3階
1450 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814
電話番号+1-808-400-9742
営業時間9:30-18:00 ※最終受付 17:45
(休業日はアラモアナセンターに準じる)

上級カード会員限定「Premium Room」

楽天カード アラモアナラウンジには、楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードの会員向けの専用スペース「Premium Room」がある。

対象カード保有者と同伴者(13歳以上の方)1名の利用が可能だ。

チップもクレジットカードで

海外ではレストランやホテル、タクシーでサービスを受けた場合、チップを渡すのがマナーだ。

このうち、レストランで食事をしたときはチップもクレジットカードで支払うことができる。

ハワイ チップ

写真のように、クレジットカード支払いの場合、レシートにチップを記入する欄があるのだ。ここにチップ額を記入して定員に渡す。

レストランでのチップは、食事代の15~20%が相場だ。伝票をチェックし、サービス料が含まれていない場合はカードで支払おう。

サービス料が含まれているということは、その金額がチップ込みの請求ということなので、その金額以上に何か支払う必要はない。

カードでチップを支払う手順

  1. チェックプリーズと伝える
  2. 伝票が来たらクレジットカードと一緒に伝票を渡す
  3. カード処理後、カード決算レシート2枚が渡され、クレジットカードが返却される
  4. お店用のレシート(Merchant Copy)にチップ額(Tip)と合計金額(Total)を書いてサイン(Signature)すれば決済完了
  5. お客様控え(Customer Copy、Guest Copy)を持って退席

お店用のレシート(Merchant Copy)にチップ額(Tip)と合計金額(Total)を書いてサイン(Signature)をした後、そのレシートを必ずしも店員に渡す必要はない。

お店用のレシート(Merchant Copy)をテーブルに置いたまま、お客様控え(Customer Copy、Guest Copy)を持って帰れば問題ない。

あとは店がお店用のレシート(Merchant Copy)をもとに処理を行う。このとき、再度客側に決済情報を確認することはない。

客側は、後で明細を確認するために、いくらのチップを払ったかをお客様控え(Customer Copy、Guest Copy)にしっかり残しておくと良いだろう。

チップだけ現金で支払える?

チップもカードで支払ったほうがスマートではあるが、食事代はカードで、チップは現金で支払うことも可能。

手元のドルを使ってしまいたかったり、チップをカードで支払う手順が面倒という場合は現金で支払うのもありだ。

ただし、マナー上、チップとしてテーブル上にコインを置くことはしないので注意。

タクシーやホテルのチップは現金で

レストランのチップはクレジットカードで支払えるが、タクシーやホテルでは現金でチップを渡すことが望ましい。

ホテルで荷物を運んでくれたポーターには2~3ドル、ベッドメイキングには1~2ドル、タクシーでは運賃の15~20%のチップを渡そう。

クレジットカードの為替手数料


日本でクレジットカードを使って一括払いした場合、手数料は発生しない。

しかし、海外でクレジットカードを使うと一括払いでも手数料がかかってしまう。

これはカード会社が設定している為替手数料と為替レートによるものだ。

為替手数料

為替手数料とは、両替所で現金を両替したときにかかる手数料と同じようなもので、料金はカード会社によって異なる。以下の通り利率が設定されている。

国際ブランド為替手数料
VISA1.6~2.5%
MasterCard1.6~2.0%
JCB1.6~2.0%
アメリカン・エキスプレス2.0%
ダイナースクラブ1.3%

※VISAとMasterCardはカードの種類によって利率が異なる。

為替手数料だけを見ると、Diners Club(ダイナースクラブ)の利率が低く一番お得に感じるかもしれないが、必ずしもそうではない。

なぜなら、カード会社ごとに設定されている為替レートによって手数料が変わってしまうからだ。

為替レート

為替レートとは「1ドル=100円」など、自国の通貨を外貨に交換したときの比率のことを言う。日によって変動するが、カードブランドごとに基準が異なる。

国際ブランド為替手数料
VISAVisaインターナショナル所定のレート
MasterCardMasterCardインターナショナル所定のレート
JCBJCB所定のレート
アメリカン・エキスプレスAMERICAN EXPRESSが選択した銀行間レート
ダイナースクラブAMERICAN EXPRESSが選択した銀行間レート

上記の為替レートを用いて、最終的な手数料が計算される。

ちなみにレートは購入日ではなく、購入情報が日本のカード会社に届いた日を基準に決められるため、2~3日ほどタイムラグがあるのが特徴だ。

手数料の計算例

例えば、ハワイで100ドル使い、為替手数料が2%、為替レートが110円だったとしよう。

ドルを日本円に交換すると
100ドル×110円=11,000円となる。

そして、為替手数料を計算すると
11,000円×2%=220円

結果として、11,220円の支払いが確定するというわけだ。

クレジットカード使用の注意点

暗証番号の入力

ICチップが埋め込まれたカードで買い物をするときは、サインではなく暗証番号の入力が求められる。

ICチップが埋め込まれていないカードでも、海外キャッシング枠があると暗証番号が必要になるケースがあるので事前に確認しておきたい。

レジで店員に「PIN(ピン)Please」と言われたら、「暗証番号を入力してくださいという意味だ。慌てずに入力し、スマートに会計を済ませよう。

スキミングなど犯罪に注意

ハワイは日本人観光客が多く、比較的気軽に行ける観光地だが、日本ほど治安が良いわけではない。盗難やカードのスキミングに注意したい。

暗証番号を入力するときは、盗み見されることがないよう、手首で隠すようにして入力する癖を普段から身につけておこう。

まれに、悪意ある店員によってクレジットカードが不正利用されることも考えられる。カードを渡したら目を離さず、伝票に書かれた金額が正しいことを確認してから決済するよう心がけたい。

そして、クレジットカードでよくあるトラブルが、二重請求だ。

万一、二重請求されたとしても、手元にレシートや明細書などがあれば証拠書類として提示できる。クレジットカードの引き落としが問題なく行われたか確認するまで、レシートや明細書は大切に保管しておこう。

両替よりもお得なキャッシング

ハワイ滞在中に現金が必要になったら、通常ホテルや両替所で日本円をドルに変える。

しかし、場合によっては手数料を多く取られてしまう。そこで便利なのが、クレジットカードのキャッシング機能だ。

例えば、一般的なハワイの両替所では1ドルにつき3円の手数料が発生する。5万円をドルに変えると、約1,500円の両替手数料がかかる計算だ。

一方、年率15%のキャッシング機能を使い、15日後に返済した場合は、

5万円×15%÷365×15日=308円
ATM手数料220円+利息308円=合計528円

となり、約1,500円-524円=約976円もお得ということが分かる。

キャッシングとはクレジットカード会社への借金なので、キャッシングを使うと言うとびっくりする人もいるだろう。しかし、手数料を計算してみるとキャッシングを利用したほうが、コストを抑えることができるのだ。

1回の取引ごとにシステム手数料が取られてしまうので、頻度は少ない方がいいだろう。

ハワイでおすすめ! 年会費無料クレジットカード

JCB CARD W

年会費無料のJCBカード。最短当日発行で翌日に届くため、出発まで日数がなく、早めにJCBカードを作りたい人におすすめ。

ワイキキ・トロリーの「ピンクライン」が乗り放題や、JCBプラザラウンジの利用など、ハワイでの特典が多いのが魅力。

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

JCBカードWは39歳までの申込み限定となっている。40歳以上の方はJCBオリジナルシリーズがおすすめ。

楽天カード

楽天カードを持っているだけで楽天カードラウンジを利用することが出来る。ドリンクサービスに加え、お子様の授乳室など、子供向けのサービスが充実しているのは嬉しい。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天SPUで最大16倍還元。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

楽天経済圏の必須アイテム、カード所持だけで楽天グループの決済に+2倍される。海外保険も付帯。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードであれば、空港ラウンジも利用できる。

エポスカード

VISAカードならエポスカードが最適だ。年会費永年無料で、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯される。また、利用に応じてエポスゴールドカードに無料でインビテーションされる。

エポスゴールドカードならば、空港ラウンジも利用できる。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る
シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る