ビジネスシーンからデートシーンまで幅広く使えるプロパーカードのおすすめクレジットカード

Pocket

クレジットカードでは多くの提携カードが発行されているが、いったいどの提携カードを選べばいいか我々はいつも迷うもの。そういうときは、あえて提携されていないカード(プロパーカード)を選択するのがおすすめ。

プロパーカードのプロパーとは、「固有の」、「正規の」、「独自の」という意味を持ち、他社と提携したクレジットカードとは異なり、カード発行会社が単独で出すカードを意味する。

プロパーカードは、カード発行会社を代表するクレジットカードということもあり、より企業のブランド性を重視したクレジットカードとなっていることが多い。

そのため、提携クレジットカードと比べても、ステータス性が高く、見栄えがいいのが特徴と言えるだろう。

今回はプロカーカードも含めて、いわゆるスタンダードといわれるカードをピックアップして紹介する。

スタンダードカードの魅力は、高いステータス性と充実した補償サービスが魅力だろう。また、プロパーカードであれば、ゴールドカードやプラチナカードへのインビテーションが狙えるという点でも、是非とも持っておきたい一枚である。

JCBカードW

JCBカードW

JCB CARD Wはジェーシービー自身が発行するJCBオリジナルシリーズのプロパーカードとして新たに登場したクレジットカードである。

JCBオリジナルシリーズとしては初の年会費無料還元率1.0%を実現したカードで、さらに海外旅行保険も付帯しており、優秀なクレジットカードの仲間入りを果たしたカードと言える。プロパーカードで年会費無料というのは非常に珍しく、ステータス性とお得さが両立したクレジットカードといえる。

シックなカードフェイスは、ジェーシービーの風格を感じさせるデザインとなっている。申込みはWEB限定で39歳以下

こんな人におすすめ

年会費無料のクレジットカードが欲しいおすすめ
ポイント還元率を重視したいおすすめ
補償やサービスが充実したカードが欲しいおすすめ

3つのポイント

・JCB CARD Wはずっと年会費無料
ジェーシービーは世界5大国際ブランドの1つであり、JCBオリジナルシリーズはジェーシービーを代表するクレジットカードとして位置づけられている。

従来までのJCBオリジナルシリーズは、サービスやステータス性を重視されたものがほとんどであったが、「年会費無料」「高還元率」にフォーカスをあてた、性能重視のクレジットカードとなっている。

・ポイント還元率も高い。
JCB CARD Wは還元率が1.0%と通常の2倍の高還元率となっている。通常還元率が2倍という意味で「W」という文字が付いているが、JCBオリジナルシリーズの他のカードは通常0.5%の還元率となっているので、その2倍の1.0%還元ということになる。JCBオリジナルパートナーであるセブンイレブン、アマゾン、スターバックスなどでポイント2倍〜5倍のポイント還元を得ることが出来る。

・補償やサービスは万遍なくトータルサポート
海外旅行傷害保険が最高2,000万円の旅行保険が付帯。JCB CARD Wで購入した商品を90日間、最高100万円まで補償してくれるショッピングガード保険も付帯しているなど、安心してカードを利用することが出来る。

QUICPayの発行にも対応しており、ApplePayにも登録出来る。

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
W×Wでポイント4倍キャンペーン中!
2019年3月31日まで
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

三井住友VISAカードといえば、誰しもが一度は聞いたことがある日本を代表するクレジットカードの1枚と言えるだろう。カード券面に書かれたパルテノン神殿はステータス性の象徴として、多くのクレジットカードファンの人気を集めている。
さらにゴールドカード、プラチナカードとステップ可能なので、じっくりと育てて行くカードとも言える。

おすすめポイント

  • 信頼のあるステータスが手に入るおすすめ
  • 旅行保険、ショッピングなどの保険が充実おすすめ
  • ポイントUPモールでポイントが貯まりやすいおすすめ

3つのポイント

・信頼のあるステータスが手に入る
CMでもおなじみのカードフェイスは信頼の証。日本国内でもステータスカードの代名詞として知られたカードですので、どこで出しても恥ずかしくないカードです。また、利用実績を重ねることでゴールドカードへのインビテーション(招待)もあるので、積極的に使っていこう。

・旅行保険、ショッピングなど保険が充実
三井住友VISAカードならば、国内・海外旅行障害保険が2,500万円まで補償される。また、ショッピング補償も付帯しているので、購入した商品が破損や盗難などの損害を受けた場合も補償される。

・ポイントUPモールでポイントが貯まりやすい
通常のポイント還元率こそ0.5%だが、ポイントアップモール経由ならば最大で20倍のポイントが貯まる。さらに、ポイントアップモールで事前登録すると、小田急や東急をはじめとした有名デパートや三井アウトレットモールなど実店舗でもポイント3倍などの優遇が受けられる。電子マネーiDも使えるので細かい買い物でもポイントを貯められるのがうれしいポイント。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーンカード)

アメリカンエキスプレスグリーン

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーンカード)は、プロパーカードの中で、一目おかれるカードであることは間違いないだろう。ビジネスシーンやデートシーンでも楽天カードなどを出すよりはアメリカンエキスプレスカードを出す方がスマートと言えるのではないだろうか。

このカードはステータスカードとして有名なクレジットカードであるが、実は日常生活でも大活躍するクレジットカード。充実した旅行保険やトラベルサービス、補償を兼ね備えている。

アメリカン・エキスプレスは海外での利用で活躍するのはもちろんのこと、国際ブランドJCBと提携しているので、国内のJCBブランドが使える店舗であればカードを利用することが出来る。(一部店舗を除く)

こんな人におすすめ

年会費無料がいいおすすめ
しっかりとしたサービスが欲しいおすすめ
保険は重視したいおすすめ

3つのポイント

・アメックスカードは初年度年会費無料
アメックスグリーンカードは、初年度年会費無料(翌年以降12,000円)で持つことが出来るので、気になる方はまずは1年間つかってみると良いだろう。

アメックスカードのステータス性をまずは1年間体感して欲しい。

・ゴールドカード相当のサービス
アメックスグリーンカードは、一般カードながら空港ラウンジの利用各種トラベルサービスが充実している。また世界中の空港ラウンジが利用できる通常約1万円相当のプライオリティパスを無料で持つことが出来る。

レストランの優待から様々な施設の割引サービスなどを受けることが出来るアメリカンエキスプレスセレクトも魅力的だ。

・充実の補償
アメックスグリーンカードは一般カードながら、海外旅行傷害保険が最高5,000万円まで付帯している。

その他にもカードで購入した商品の返品をお店が受け付けない場合、購入日から90日以内であれば、アメックスが変わりに払い戻しに応じてくれるリターンプロテクションなどオリジナルの補償も充実している。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

充実のサービスと安心の補償を手に入れられる贅沢なカード

クレジットカードに最低限必要な機能はすべて備えており、プラスαのサービスが付帯している究極の一般クレジットカード。グリーンの次はゴールドカードを。

年会費初年度無料
2年目以降:12,000円(税抜)
還元率0.5%
旅行保険国内・海外:最高5,000万円(利用付帯)
国際ブランドアメックス
アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトを見る
アメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

アメリカン・エキスプレス特集

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
セゾンカードは他のクレジットカードの券種に比べるとステータス性でいえば一歩劣るかもしれない。しかし、永久不滅ポイントはポイントの有効期限がないなど、実益面では活躍するクレジットカードとなっている。

おすすめポイント

  • 年会費無料、永久不滅ポイントが魅力おすすめ
  • 西友・LIVIN・サニーなら、毎月5日、20日は5%オフおすすめ
  • nanacoポイントが二重で貯まる。おすすめ

3つのおすすめ

・年会費無料、永久不滅ポイント
年会費無料で、ポイントの有効期限がないので、年間利用額が少なくてもポイントを少しずつ貯めることが出来る魅力的なカード。普段カードを使わない方でも一枚財布にしのばせていれば手持ちがない時の突然の支払があっても安心できる。

・西友・LIVIN・サニーなら、毎月5日、20日は5%オフ
西友LIVIN、サニーなどのスーパーを使う方であれば、是非5日、20日に利用して欲しい。また、クレディセゾンが運営するポイントサイト「セゾンポイントモール」を利用すると、Amazonや楽天市場なので、2倍~30倍のポイントが貯まるので、ポイントは貯まりやすいだろう。

・nanacoポイントが二重で貯まる
セゾンカードでイトーヨーカドーやセブンイレブンで買い物をすると、セゾンカードの永久不滅ポイントに加え、nanacoのポイントが二重に貯まる。二重に貯まった場合の還元率は約1.5%にもなるので、非常にお得に貯めることが出来る。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

全国のセゾンカウンターで受け取り可能。永久不滅ポイントなので、ポイントも貯められる。

JCBブランドも選択可能。ETCの即日発行にも対応している。パルコやららぽーとなどで受け取り可能。

年会費 無料
海外利用 可能
※旅行保険なし
koushiki-200-40
shousai-95-40

プロパーカードと提携カードはどちらがお得

プロパーカードはカード発行会社が独自で出すクレジットカードであり、サービスもカード発行会社単独で提供するサービスとなっている。
一方で提携カードはカード発行会社が提供するサービスに加えてと提携先が提供するサービスがプラスされてよりお得なサービスが受けられる。

一見すると提携カードの方が、サービスがプラスされてお得になっているように感じるが、実際は提携先の特典が追加されている分、カード発行会社が提供するサービスが少し減っていることが多い。

プロパーカードの方は、提携カードでは提供していない、質の高いサービスやサポートを用意していることが多い。ポイント還元率だけを重視すれば、提携カードの方がお得になることもあるが、そこは利用者が求めるものを見定めることが重要になるだろう。

プロパーカードのステータス性の違い

この記事で紹介しているプロパーカードの中でもステータス性に順位をつけるとするならば、以下のような感じになるだろう。

アメックスカード(グリーン)

三井住友VISAカード

JCBカードW

セゾンカードインターナショナル

JCBのプロパーカードはJCBカードWとは別に、JCBカード(一般カード)もある。JCBカード(一般カード)の方は、ステータス性で言えば、三井住友VISAカードと同等ランクと言えるだろう。

厳密な定めはないが、高還元率であったり、年会費無料であったり、金銭面でお得なカードほどステータス性は低く感じてしまうのが実情ではないだろうか。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る