TOP

三井住友カード プラチナ 国内VISA最上級のステータスカード

三井住友カード プラチナ

手厚いサービスが多数!三井住友カードの最上位カード

三井住友カード プラチナは、三井住友カード株式会社が発行している最上級のクレジットカードだ。

全世界の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス無料入会コンシェルジュサービス、医師のセカンドオピニオンサービス、VJAギフトカードプレゼントなど手厚いサービスが魅力である。

年会費は50,000円(税抜)と高額ではあるが、家族会員は全員無料というのが嬉しいポイントだ。カード利用明細を郵送ではなくWebで確認するようにした上で、年間6回以上カードを利用すれば年会費が最大1,000円(税抜)割り引かれる。

ポイント還元率は0.5%だが、特定の店舗では還元率が最大2.5%となる。

国際ブランドはVISAもしくはMastercard。インビテーション(招待)だけでなく、申し込みでも発行できるので心強い。

メリット

  • プライオリティ・パスが無料
  • コンシェルジュサービスが受けられる
  • 手厚い保険ラインナップと補償額
  • 対象店舗では還元率最大2.5%
  • 安心・安全、信頼の三井住友カード
デメリット

  • 年会費が高額
  • 基本のポイント還元率は0.5%と低め

こんな人におすすめ

  • ステータスカードが欲しい方
  • 旅行や出張で海外によく行く方
  • サービスの充実したカードが欲しい方

公式サイトを見る

3つのおすすめポイント

0.5%相当額のVJAギフトカードプレゼントがある

6か月間のカード利用料金が50万円以上だった場合、利用額の0.5%相当額の三井住友カードVJAギフトカードがプレゼントされる。

最低2,000円から最高30,000円までとなっており、年会費を上回る年間最高60,000円のキャッシュバックを受けられるメリットは大きい。

VJAギフトカードは百貨店や家電量販店、イオンやイトーヨーカードーなどで利用できるため、使えるシーンは多いはずだ。

メンバーズセレクション

年に1度メンバーズセレクションの中から好きな商品やサービスを受けることができる。

プライオリティ・パス

世界143か国、1,200を超える空港のVIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」を無料で発行できる。通常は年会費429ドル(約50,000円)のため、このサービスだけでも年会費の元が取れると考えられる。

搭乗する航空会社や搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できるので、旅行でも出張でも活用しやすい。

ラウンジにはゆったりとしたソファやパソコンテーブルなどが完備されており、アルコールやソフトドリンク、軽食、シャワーなども用意されているので、空港の待ち時間を快適にできるはずだ。

名医によるセカンドオピニオンサービスが無料

専門分野を代表する医大教授で構成される総合相談医が、きめ細かいセカンドオピニオンサービスを実施してくれる。より良い治療を選択するために、医師との面談で現在の治療方針や今後の方針について意見を聞くことができる。

必要に応じて優秀な専門医の紹介を受けることもできるので、健康を維持するためにも非常に安心なサービスである。

プラチナカードだけのサービスが豊富

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ユニバーサル・エクスプレス・パスが無料でもらえる、ラウンジが利用できるなど、プラチナカードだけのサービスが豊富に付帯している。

ポイントの貯め方

三井住友カード プラチナのポイントシステムは、ポイント還元率が0.5%の「Vポイント」だ。200円(税込)あたり1ポイント貯まり、有効期限は4年間と長く設定されている。

賢く利用することで、還元率をさらに引き上げることが可能なポイントだ。

※2020年6月1日よりワールドプレゼントがVポイントにリニューアルした。

ポイントUPモールで還元率がお得に

会員専用のネットショッピングサイト「ポイントUPモール」を利用すると、ポイントが通常の2倍以上に跳ね上がる。

提携サイトはAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、ベルメゾンネットなど多岐に渡るので、非常に使い勝手が良い。

目的のサイトにアクセスする際に、ポイントUPモールを経由するだけでポイントが倍増するため、忘れず活用していこう。

コンビニ3社とマクドナルドでポイント5倍

三井住友カードは、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社と、マクドナルドでの利用時にポイントが5倍になる(一部対象外の店舗あり)。

200円につき5ポイントが付与されることになるので、ポイント還元率は2.5%。タッチ決済やiD、Apple Pay、Google Payでの利用も対象となる。

選んだお店でつねにポイント2倍

三井住友カードでは、対象の店舗から3つの店を選び、その店でのカード利用はつねにポイント2倍になるというサービスを提供している。

よく利用する店絵を登録しておくことで、効率的にポイントを貯めることができるだろう。

ココイコ!で実店舗の買い物をお得に

会員限定で利用できる「ココイコ!」というサイトを利用すれば、実店舗の買い物をお得にすることができる。

東急百貨店や大丸松坂屋、東急ハンズ、三井アウトレットパーク、渋谷ヒカリエなど人気の店舗に事前エントリーし、店頭でカード払いを選択するとボーナスポイントをゲットできる。

2倍以上のポイントアップやキャッシュバックを受けられるため、効率的に活用していきたいサービスだ。

毎月の固定費でポイントが貯まる

家賃や水道光熱費、携帯電話料金、プロバイダー料金、NHK受信料など、毎月固定で支払うものをカード払いにするとポイントが貯まる。

安定してポイントを貯めていけるため、ぜひとも決済方法にカード払いを選択したいところだ。

ポイントの使い方

Vポイントはギフトカードや他社ポイント、マイル、景品など様々なものに交換することができる。

楽天スーパーポイントやiDバリュー、Amazonギフト券、dポイント、VJAギフトカードなどはレートもよく使い道としてお得だ。

ANAやSlaseed Air、シンガポール空港、ブリティッシュ・エアウェイズ、アリタリア航空、エールフランス、KLM、中国東方空港などは移行手数料なしでマイルに交換可能。

景品は人気の家電製品やグルメなど多岐に渡るが、多少レートが悪くなってしまうため、他社ポイントやギフトカードに交換することをおすすめする。

旅行保険

三井住友カード プラチナには、最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯している。

その他の補償サービス

ショッピング補償

盗難や紛失などの被害にあった場合に、年間500万円までの金額を補償してくれる。

購入日と購入日の翌日から200日間が補償期間となっており、1事故あたり3,000円の自己負担が発生するが安心できる補償制度である。

航空便遅延保険

飛行機の遅延や欠航、手荷物の配達遅延や紛失が発生した際、一定の費用が補償されるも付帯している。

乗継遅延が発生した場合は宿泊料と食事代として20,000円、出航遅延や欠航が発生した場合は食事代として20,000円といったように、手厚い補償を受けられる。

万が一トラブルが発生した際にも、金銭的負担を最小限に抑えて対応することが可能だ。

カード番号は裏面記載、アプリで利用状況を即確認・管理

2020年2月のカードリニューアルにより、三井住友カードはカード番号が裏面記載となった。これにより、店頭でカードを出すときなどにカード番号が第三者に見られにくくなり、不正利用のリスクを下げることになる。

また三井住友カードは、専用アプリ「三井住友カード Vpassアプリ」により利用状況をリアルタイムで確認でき、アプリから利用制限もできる。セキュリティ体制の整ったカードといえるだろう。

付帯サービス

コンシェルジュサービスが受けられる

24時間365日対応してもらえるコンシェルジュサービスを無料で利用できる。

チケットやホテル、レストランの予約手配や旅行プランの相談、コンサートや美術館の案内、ギフト手配などができるため、プライベートでもビジネスでも役立つこと間違いない。

忙しい時にも自分で色々な情報を調べる必要がなく、コンシェルジュが右腕となってサポートしてくれるため嬉しい。

また、海外でケガや病気をしてしまった場合、24時間年中無休で日本語サポートしてくれる救急サービスも利用できる。

医療施設の紹介や医薬品類・通訳などの緊急手配、弁護士の紹介・手配など、サポートは非常に手厚いので安心だ。

ラウンジが利用できる

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション「ジョーズ」施設内に設置されているラウンジを無料で利用できる。

ソフトドリンクの無料サービスやジョーズの優先搭乗を受けることができ、遊び疲れた体をラウンジでゆったりと休めることも可能だ。

大丸東京店の11階にあるメンバーズサロン「D’s ラウンジトーキョー」も無料で利用できる。

年間80万円以上買いものするロイヤルカスタマー限定のラウンジを特別利用でき、フリードリンクサービルや喫煙ルーム、応接室の貸し出しなど多様なサービスを受けられる。

ETCカード

高速道路の料金支払いをスムーズに行えるETCカードを、発行手数料・年会費無料で発行できる。

家族カード

家族カードを年会費無料で発行できる。上限枚数もないのが嬉しいポイントだ。

電子マネー

電子マネー「iD」が無料で利用できる。

Apple Payの対応可否

ApplePayにも対応しているので、iPhoneやAppleWatchでスマートに決済できる。

Visaのタッチ決済に対応

三井住友カードは、Visaのタッチ決済に対応している。Visaのタッチ決済対応店舗では、端末のカードをかざすだけで決済が完了、署名も暗証番号入力も必要ない。

Visaのタッチ決済は世界基準のセキュリティ技術(EMV)を採用しており、安全性は高い。世界の新標準となりつつある決済方法なので、国内外でより便利に決済ができるだろう。

カード詳細情報

年会費50,000円(税抜)
還元率0.5%~2.5%
ブランド
電子マネーiD
対応電子決済QUICPay、Apple Pay、Google Pay
ETC無料
家族カード無料
国内保険最高1億円
海外保険最高1億円
ポイント種類Vポイント
ポイント交換100ポイント以上
その他

(発行会社:三井住友カード株式会社)

公式サイトを見る

その他の付帯サービス

国際線手荷物宅配サービスが利用できる

国際線を利用した際、空港から自宅などの往復手荷物を優待価格で宅配するサービスを受けられる。

Mastercardブランドの場合は、スーツケース2個までなら無料で宅配できるのでメリットが大きい。

入会条件

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

発行スピード

最短3営業日

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る