三井住友カードのポイント還元制度がVポイントにリニューアル、何がどう変わる?

Pocket
LINEで送る

2020年6月1日より、三井住友カードのポイント制度「ワールドプレゼント」が「Vポイント」にリニューアルされた。

対象カードとなるカードは、三井住友カードが発行している個人カード、三井住友ビジネスカードfor Owners、三井住友コーポレートカード(個人システム型)。

ポイント還元の仕組みが一部変更され、利便性が非常に向上した。

本記事では、三井住友カードの新しいポイント制度で押さえておきたい変更点を解説する。

すでに三井住友カードを利用している人も、今後発行予定の人もぜひ参考にしてほしい。

新ポイント制度の仕組みについて

新ポイント制度の変更点は次の通り。今後、三井住友カードを活用するうえで押さえておく必要がある。

変更前変更後
対象カード個人カード(一部提携カードは除く)
一部のビジネスカード、コーポレートカード
個人カード(一部提携カードは除く)
三井住友カードビジネスカードfor Owners
三井住友コーポレートカード(個人システム型)
1ポイントの獲得に必要な利用金額1,000円(税込)200円(税込)
交換できる景品の金額(1ポイントあたり)5円相当※景品により変動あり1円相当※景品により変動あり

ポイントの有効期限、交換方法について変更はない。

また、詳しくは後述するが、今回のポイント制度変更で重要な点が、還元率は変わらず、ポイントを獲得しやすくなったということだ。

対象のカードについて

新ポイント制度の対象となるカードは、個人カード(一部提携カードは除く)、三井住友カードビジネスカードfor Owners、三井住友コーポレートカード(個人システム型)。

個人カードのうち対象外となる一部提携カードとは、ワールドプレゼントではない独自ポイントが貯まるカードのことだ。

個人カードの他には、ビジネスカード、コープレートカードのうち三井住友カードビジネスカードfor Owners、三井住友コーポレートカード(個人システム型)も対象となる。

変更前のポイント制度

  • 対象カード:個人カード、一部のビジネスカード、コーポレートカード
  • 1ポイントの獲得に必要な利用金額:1,000円(税込)
  • 交換できる景品の金額:5円相当(1ポイントあたり)※景品により変動あり

注目してほしいのは1ポイントを獲得するために必要な利用金額で、変更前は1,000円に設定されている。

つまり、三井住友カードを毎月合計1,000円分(税込)利用するごとに、1ポイントが付与される仕組みだったのだ。

変更後のポイント制度

  • 対象カード:個人カード、三井住友カードビジネスカードfor Owners、三井住友コーポレートカード(個人システム型)
  • 1ポイントの獲得に必要な利用金額:200円(税込)
  • 交換できる景品の金額:1円相当(1ポイントあたり)※景品により変動あり

ポイント制度変更後の三井住友カードでは、1ポイントの獲得に必要な利用金額が200円(税込)になっている。

つまり、今まで1,000円(税込)単位の買い物でしか獲得できなかったポイントが、200円(税込)単位の買い物から付与されるようになったということ。

少額のショッピングでもポイント獲得が容易になり、使いやすいクレジットカードへと変貌を遂げた。

例)同じ1,800円(税込)の買い物でも、変更前は1ポイントだが、変更後は9ポイント獲得できる。

還元率は変わらない!1ポイントの価値の変更について

ポイントが付与されやすくなった三井住友カード。これと合わせて、1ポイントあたりの価値が変わり、変更前は1ポイント=5円相当だったところ、変更後は1ポイント=1円相当になった。

  • 変更前:1ポイントあたり5円相当で景品と交換可能
  • 変更後:1ポイントあたり1円相当で景品と交換可能

※景品により変動あり

変更前はカード利用1,000円(税込)=5円相当のポイント、変更後はカード利用200円(税込)=1円相当のポイントを獲得できるので、還元率自体に変更はない。

無駄なくポイントを獲得できるようになった点が最大の魅力なので、三井住友カードユーザーや、発行を検討している人は覚えておこう。

今までの保有ポイントは引き継ぎされる?

ポイント制度変更前から三井住友カードを利用してきた人は、「ポイントサービスがリニューアルした後、すでに保有しているポイントがどうなるのか」が気になると思う。

ポイント制度変更前の保有ポイントは、1ポイント→5ポイント換算で新ポイント制度にそのまま移行されているので、利用者が別途手続きなどをする必要はない。

2020年5月中までポイントが、同年6月中に付与されるようになっている。

有効期限はそのまま引き継がれ、もともとのポイント獲得月の2~4年後となっているので、期限切れによるポイント失効には注意しよう。

5月末で失効するポイントは7月末まで利用できる

今回のポイント制度変更にともない、ワールドプレゼントは、2020年5月16日~5月31日の期間、ポイント交換ができない状態だった。

そのため、2020年5月末で失効するポイントについては、2020年7月末まで利用できるポイントとして6月中に付与されている。

対象のポイントを保有している場合は、ポイントの移行を確認の上、7月末までに使い切るようにしよう。

また、ANAカード会員でANAマイレージ交換にこのポイントを利用する場合、「3マイルコース」のみに利用でき、「15マイルコース」「10マイルコース」「5マイルコース」には利用できない。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る