クレディセゾン、バーチャルカードと番号レスのプラスチックカードを秋にリリース! 他のバーチャルカードと違う点は?

Pocket
LINEで送る

2020年2月14日(金)、株式会社クレディセゾンは新ペイメントサービスを、今秋に向けてリリースるすることを発表した。

クレジットカードの入会から利用までをスマホで完結させる「セゾンカードレス決済」を発展させた内容になっており、具体的にはバーチャルカードの発行などが挙げられる。

バーチャルカードとはオンライン上のクレジットカードのことで、実物のカードがなくても対象店舗で買い物ができるのが特徴。

例えば店頭でカードを財布から取り出さなくても、モバイル決済サービスと連携することで好きな商品を購入することができる。

また今回クレディセゾンでは番号レスのプラスチックカードがリリース予定で、セキュリティ面の不安も解消済み。

「カードを落としてしまった」というトラブルの時も、悪意のある第三者にカードが悪用されるリスクも少ない。

総合的に分析して使いやすいバーチャルカードとなっており、従来の「提携先アプリや店舗を限定」される仕組みとは異なる、利用先を選ばない決済スキームの構築が実現する内容だ。

国内初の番号レスプラスチックカード

今回クレディセゾンではリリース予定のプラスチックカードは下記の通り。

最大の特徴は何といっても「番号レス」という点で、カード券面の表裏どこにもカード情報が記載されていない。

つまりクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードが第三者に漏洩しにくいということであり、非常にセキュリティ性の高いカードとなっている。

また番号レス以外にも、「券面着せ替え」や「アプリ上での利用通知・利用停止」、「オンラインキャッシング」なども可能。

例えば券面着せ替えではアプリ上のバーチャルカードを好きな券面に変更できたり、カード発行後すぐにオンラインでのキャッシングができたりする。

他のバーチャルカードと違う点は?

バーチャルカードといえばKyashやバンドルカードが有名だが、今回クレディセゾンでリリース予定のクレジットカードとは仕組みが違う。

それは「事前チャージの有無」だ。

Kyashもバンドルカードもプリペイドカードの一種なので、買い物に利用するためにはお金をチャージする必要がある。

つまり10,000円チャージすれば10,000円分まで、20,000円チャージすれば20,000円分までの商品が購入可能ということ。

しかしクレディセゾンのバーチャルカードの場合、クレジットカードをスマホで利用するだけなので、支払いは基本後払いになる。

手元に現金がなくても利用限度額の範囲内なら問題なく、Kyashやバンドルカードと比較して柔軟性が高いのだ。

イオンカードや三井住友カード

Kyashやバンドルカード以外にも、イオン銀行が展開するイオンカードの即時発行サービスがクレジットカードのバーチャルカードとして記憶に新しい。

従来の店頭で発行する方法よりも素早くカードを利用でき、最短5分で買い物を楽しむことができる。

しかし今回のクレディセゾンのバーチャルカードでは、希望者のみプラスチックカード、つまり実物のカード発行を受け付ける仕組みなので要注意。

さらに有名なバーチャルカードといえば、三井住友VISAバーチャルカードが挙げられる。

しかし三井住友VISAバーチャルカードはインターネット決済専用のカードなので、実店舗では利用できないという欠点も。

カードタイプの選択肢、利用可能な店舗の種類などを考慮すると、今回クレディセゾンからリリース予定のバーチャルカードやプラスチックカードは、柔軟性が高く他のカードよりもクオリティの高い仕上がりになっているといえる。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る