来年2月、郵便局で各種キャッシュレス決済導入!切手やはがきの購入でもポイント還元対象に

Pocket
LINEで送る


日本郵便は2020年2月3日から郵便窓口で各種キャッシュレス決済を導入することを決定した。

支払い可能な決済手段は、クレジットカード、デビット・プリペイドカード(非接触対応カードを含む)、電子マネー、スマホ決済アプリと幅広い。

利用対象となるサービスは郵便料金またはゆうバック、ゆうメールなど荷物の支払い、切手・はがき、レターパックの支払い、カタログなどの物販品の支払いなど。

まず全国65の郵便局から導入を開始し、5月に約8,500局で導入予定となっている。

各種クレジットカード、スマホ決済サービスが利用可能

今回導入されるキャッシュレスは以下の通り。

国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、銀聯(ぎんれん)と幅広く、訪日外国人観光客への対応も目的としている。

スマホ決済アプリはゆうちょPayをはじめ、PayPay、楽天Pay、LINE Payなど主要スマホ決済アプリはほぼすべて利用可能になる。

切手やはがきの購入でもポイント還元が受けられる

郵便局でのキャッシュレス導入で一番大きなメリットは、切手やはがきの購入でもポイント還元が受けられる点だ。

PayPayをはじめ、各社スマホ決済アプリ(一部を除く)ではコンビニなどで切手購入は利用対象外となる場合がほとんど。

今回郵便局での購入はポイント還元対象となり、生活必需品がよりお得に購入することができるため注目度が高い。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る