ファミリーマート、9月からQUICPay、Apple Payの支払い「JALカード特約店」対象外に

Pocket
LINEで送る

2019年8月31日(土)をもって、ファミリーマートでのQUICPay・Apple Payの支払いが「JALカード特約店」から外れる。

つまり2019年9月からはファミリーマートでJALカードを連携させたQUICPay・Apple Payを利用してもマイル還元率は通常通りということ。

また大手スーパーのイオンや、ドラッグストアのウェルシア・マツキヨもQUICPay・Apple Payの支払いはJALカード特約店の対象外。

2019年の12月まで開催している「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」併用を考えている人も多いとおもうが、さらなるポイントの2重取りはできないので要注意だ。

JALカード特約店とは

そもそもJALカード特約店とは、JALカードを利用することで通常の2倍マイルが貯まる店舗のこと。

  • 通常時:100円の利用で1マイル貯まる
  • JALカード特約店:100円の利用で2マイル貯まる

上記のように、同じ100円の利用でも1倍のマイルが貯まり、特典航空券*を手に入れる近道となっている。

*マイルと交換可能なフライトチケットで、無料で飛行機に乗ることができる

またJALカード特約店は、Apple Payなど一部のキャッシュレス決済でもマイルをためることが可能。

ただ以前は対象だったファミリーマートは、2019年9月以降は対象外になるので覚えておこう。

利用できる主要なお店一覧

2019年8月27日(火)時点でJALカード特約店対象の主な店舗は下記の通り。

  • JAL
  • エネオス
  • イオン
  • 大丸
  • ファミリーマート
  • ウェルシア
  • マツキヨ
  • 紀伊国屋書店
  • ロイヤルホスト など

旅行や買い物、美容まで幅広いバリエーションが用意されており、店舗数は日本全国約5,400店舗。

JALマイルを効率的に貯めるうえでは欠かせない要素なので、主要な店舗程度は覚えておこう。

JCBカードスマホ決済で20%キャッシュバックキャンペーン中

冒頭でも述べたが、JCBカードではApplePay、Google Payでの支払いを対象にした20%キャッシュバックキャンペーンを開催中。

  • 特典内容:JCBカードを紐付けたApple PayまたはGoogle Payの利用金額20%をキャッシュバック
  • 期間:2019年8月16日(金)~2019年12月15日(日)
  • 対象店舗:QUICPay加盟店
  • 条件:JCB発行の個人カード、一部ビジネスカードの連携(一部、対象外)
  • 上限金額:最大10,000円キャッシュバック

上記のようにJCB発行のクレジットカードとApple Pay、Google Payを連携した状態で利用すれば、合計金額の20%がキャッシュバックされる仕組み。

対象店舗はQUICPay加盟店が指定されており、どこでもいいというわけではない。

JALカードでのポイント2重取りは不可

非常に魅力的な本キャンペーンだが、JCBのJALカードを発行し、JALカード特約店の2倍と今回の20%キャッシュバックの併用はできない。

  • 特約店のマイル2倍+20%キャッシュバック→不可
  • 20%キャッシュバックのみ→可能
  • 特約店のマイル2倍のみ→可能

JCBの20%キャンペーンを活用できるクレジットカード会社は、JCBのキャンペーンサイトに記載されているので参考にしてほしい。

2019年9月以降のApple Pay、QUICPayに注意

今回は2019年9月以降、ファミリーマートがApple Pay、QUICPayでの支払い時、JALカード特約店ら外れることを解説した。

JALカード特約店とは通常の2倍マイルが貯まるお得な店舗。

特典航空券を手に入れるための非常に効率的な方法なので、活用する際は対象店舗に注意しよう。

 

 

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る