ファミペイを徹底解説!使い方、還元率、チャージ方法、お得に利用するには?

Pocket
LINEで送る

ファミリーマート

2019年7月1日にリリースされた、ファミリーマートのスマホQR決済サービス「ファミペイ」。

ファミリーマートでの利用でポイントが貯まるほか、クーポンを利用することでファミリーマートでの買い物がお得になる。

今後は、ファミリーマート以外でも活用できるようになることが予想される。また、お得な回数券のリリースも予定されている。

本記事では、このファミペイについて解説する。チャージ方法や支払方法といった基本の使い方から、ポイント還元率などお得に活用するための方法まで紹介するので、参考にしてほしい。

ファミペイの基本の使い方


ファミペイとは、大手コンビニチェーンのファミリーマートが運営するスマホ決済アプリ。2019年7月1日にリリースされ、1日で100万ダウンロードを突破するなど非常に注目度が高まっている。

バーコード決済ができるだけでなく、ファミリーマートでの買い物がお得になる機能が多数搭載されているのが特徴的だ。

ダウンロード~会員登録

ファミペイを利用するためには、アプリをインストールした後に会員登録を行う必要がある。

  1. ファミペイアプリをインストール
  2. アプリホーム画面から「初めての方(会員登録)」を選択
  3. SMS認証
  4. パスワードを入力し登録完了

上記の4ステップにより、ファミペイのコード決済やお得な機能が利用可能になる。初期設定自体は3分もかからない。

チャージ方法

ファミペイはプリペイド方式のスマホ決済なので、利用するためには事前にお金をチャージする必要がある。チャージ方法は以下の4種類。

  • 店頭レジでチャージ(現金)
  • クレジットカード(ファミマTカード)
  • オートチャージ
  • 「FamiPayボーナス」でチャージ

店頭レジを利用する場合が最もシンプルで、レジ画面で希望金額を選択した分だけチャージできる。

またクレジットカード(ファミマTカード)を登録してチャージしたり、FamiPayボーナスと呼ばれる特典でチャージしたりバリエーションも豊富。

さらにオートチャージを利用すれば、手元に現金がなくてもファミペイを利用できる。

ただ現金・クレジットカードとともに、以下のように上限金額が決まっている点は注意が必要だ。

チャージ上限金額

現金:10万円
クレジットカード(ファミマTカード):1日10万円/1か月100万円

店頭での支払い方法

店頭での支払いにはコード決済機能を利用する。利用者がアプリのバーコードを表示し、それを店員に読み取ってもらえば支払い完了だ。

非常にシンプルだが、事前に「FamiPayアプリを使う」をONにしておく必要がある点は要注意。

また、ファミペイが利用できる通販サイト「Kaema(カエマ)」では、決済手段としてファミペイを登録後に専用の暗証番号を入力する必要がある。

利用可能な場所

現時点(2019年7月28日)でファミペイが利用できるのは、ファミリーマートと通販サイト「Kaema(カエマ)」のみ。

ただ、全国に展開するファミリーマートの店舗数を考えると、使える場所は多いともいえる。

また今後、ファミペイを利用できる店舗は増えていくと予想される。

ファミリーマートでは、ファミペイを利用することでTポイントが貯まったり、お得なクーポンが利用できたりするので、ファミリーマートを利用する機会が多い人は、ぜひ使ってみてほしい。

一部公共料金の支払いも可能

ファミリーマートでファミペイを使う場合、東京都の水道料金など、一部の公共料金の支払いにも対応している。

水道料金などの収入代行をファミペイで支払う場合は、1件につき10円分のポイント(FamiPayボーナス)が付与されるという特典もある。

ファミペイを使うとお得な理由

手軽にキャッシュレス決済を利用できる点以外にも、ファミペイには下記のようなメリットがある。

  • ポイントが貯まる
  • クーポンを利用できる
  • FamiPay回数券が利用できる

ポイントが貯まる

ファミペイにもポイント制度が存在しており、200円(税込)の利用につき1ポイント(FamiPayボーナス)貯まる。

キャンペーンなどを活用することでポイント還元率を上昇させることも可能だ。

貯まったFmaiPayボーナスは、全国のファミリーマート店舗や、FamiPay加盟店での買い物に利用できる。

クーポンを利用できる

ファミペイでは、ファミリーマートの人気商品が無料や割引になるさまざまなクーポンを配布している。

決済時にファミぺアプリ上で手軽にクーポンを利用できる。

紙のクーポンのように、持って行くのを忘れる、使いそびれるということが少ないのも嬉しい。

FamiPay回数券が利用できる

「FamiPay回数券」とはファミリーマートで販売される対象の商品をお得に購入できる回数券で、2019年秋以降にリリース予定。

基本的な仕組みは通常の商品券と変わりはないが、FamiPay回数券はデジタル商品券なので、スマホ1台で利用可能。

たとえばコーヒーなど、いつも決まって購入する商品が回数券の対象となれば、お得さもキャッシュレス化も体感できる。

FamiPay回数券を友達に送付する機能も実装予定とのことで、今後ファミリーマートでの使いやすさが大幅に向上することが予想される。

お得な活用方法

ポイント還元やクーポンのほかに、以下の方法でもファミペイをお得に活用することができる。

  • クレジットカードと連携
  • ミニゲームやスタンプもある

クレジットカードと連携

ファミマTカード

「ファミペイ」の基本ポイント還元率は0.5%だが、ファミマTカードと連携させることで還元率を1.0%まで上げることができる。

これは、ファミマTカードでチャージしてファミペイを利用することで、チャージ時に貯まるカードのポイント(Tポイント)とファミペイ利用分のFamiPayボーナスを2重取りできるからだ。

さらに会計時にファミマTカード・Tポイントカードを提示することでTポイントを貯めることもできる。

ただし以下の2点には注意してほしい。

  • ファミペイにはファミマTカード以外のクレジットカードが登録できない
  • チャージ分と利用分で貯まるポイントはFamiPayボーナス*で、カード提示で貯まるポイントはTポイント

*FamiPayボーナスをTポイントに変換することはできない

ファミマTカードの公式ページはこちら

ミニゲームやスタンプもある

ファミペイでは、当たりが出ると特典がもらえるミニゲーム(スロット・くじ引き)や、貯めてクーポンがもらえるスタンプなども用意されている。

これらを活用することで、ファミリーマートでの買い物がさらにお得になるはずだ。

ファミマTカード

ファミマTカード

ポイントをとにかくTポイントに集約させたい人に特におすすめ

ポイントが貯めやすく、使いやすいのが最大の特徴で、ETCカードや家族カードの発行も無料なのがうれしい。

年会費無料
還元率0.5%~1.5%
ポイントの種類Tポイント
koushiki-200-40
shousai-95-40
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る