TOP

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 航空券購入でポイントが3倍貯まる!マイラー必見のカード【アメックススカイトラベラー】

amex-Sky-Traveler

対象の航空会社でポイント3倍!

「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」は、飛行機によく乗る人におすすめのクレジットカードだ。

ANA、JALをはじめとした全27社(2019年4月時点)の提携航空会社で航空券を購入すると、ポイントが3倍貯まる。

また、貯めたポイントは有効期限がないため、あらゆるシーンでポイントを大きく貯めてから利用できる。

ポイントの移行先となっている航空会社は15社(2019年4月現在)で、目的地に合わせて航空会社を選べるのも大きなポイントだ。

【キャンペーン実施中!】
入会特典3,000ポイントがもらえる!

  • 初回年会費を期日までに支払うと加算される
メリット

  • 提携航空会社(ANA、JALなど)での購入でポイント3倍
  • ポイントの有効期限が無期限
  • ANAなど全15社の航空会社マイルへ移行が可能
デメリット

  • 貯まったポイントをJALマイルへ移行できない*

*ワンワールド加盟の航空会社を経由して特典航空券には交換できる。

公式サイトを見る

航空券の購入でポイント3倍

ANA、JALをはじめとした全27社の提携航空会社で航空券を購入すると、ポイントが通常の3倍の100円につき3ポイント貯まる(還元率3%)。

【対象の航空会社一覧】

あ行

  • アシアナ航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • エア タヒチ ヌイ
  • ANA
  • エールフランス航空
  • エティハド航空
  • エバー航空
  • エミレーツ航空
  • オーストリア航空

か行

  • ガルーダ・インドネシア航空
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • KLMオランダ航空

さ行

  • シンガポール航空
  • スイス インターナショナル エアラインズ
  • スカンジナビア航空
  • スターフライヤー

た行

  • タイ国際航空
  • 大韓航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空

な行

  • 日本航空(JAL)

は行

  • バニラエア
  • フィリピン航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ

ら行

  • ルフトハンザ ドイツ航空
  • 通常は100円につき1ポイント

    その他、通常の買い物では100円につき1ポイントのポイントが貯まる。

    貯まったポイントの使いみち

    貯まったポイントは15の提携航空会社のマイルに1,000ポイント = 1,000マイルのレートで交換することができる

    1マイルの価値は1円〜2円に換算されることが多いため、仮に1マイル1円として低めに換算した場合でも、クレジットカード利用100円につき1ポイントで還元率1%となる。

    提携航空会社での航空券購入ならば、クレジットカード利用100円につき3ポイントで還元率3%にもなる。

    POINT
    通常、クレジットカードのポイントをマイルに移行するには、移行手数料が必要になることが多いが、アメックス・スカイ・トラベラー・カードは移行手数料なしで移行できるのが大きな特徴。

    ただし、唯一の例外がANAマイレージプログラム

    ANAマイルへ移行する場合にのみ、別途参加登録費(年間参加費5,000円+消費税/2年目以降自動更新)が必要になる。

    ANAマイルへ移行する予定のある人は注意しておこう。

    航空会社のグループをまたいで、マイル移行できる

    マイル移行できる15の提携航空会社は、以下のように複数のグループにまたいでいる。

    スターアライアンス

    • ANA
    • スカンジナビア航空
    • シンガポール航空
    • タイ国際航空

    スカイチーム

    • アリタリア‐イタリア航空
    • エールフランス・KLM空港
    • チャイナエアライン
    • デルタ航空

    ワンワールド

    • フィンランド航空
    • ブリティッシュ・エアウェイズ
    • キャセイパシフィック航空
    • カタール航空

    独立系

    • ヴァージンアトランティック航空
    • エティハド航空
    • エミレーツ航空
    裏技
    このカードでどうしてもJALマイルへ移行したいという方は、ワンワールド提携の航空会社のマイルへ移行することで、特典航空券と引換えることができる。

    ただし、国外のサイトということで、若干の使いづらさがあるので、マイル上級者向けと言える。

    ポイントで支払う

    貯まったポイントは、カード利用後の代金の支払いに充当することができる。この場合のポイント交換レートは1ポイント=0.5~1円となっている。
    航空券の購入では、交換レートが良いが、それ以外の方法はレートが低くなるので、できれば避けたい交換方法である。

    • 航空会社または指定旅行代理店(日本旅行/アップルワールド)などの場合:1ポイント=1円
    • ホテルや指定以外の旅行代理店などの場合:1ポイント=0.8円
    • 旅行関連以外での利用の場合:1ポイント=0.5円

    旅行傷害保険

    海外旅行傷害保険

    国際航空券やパッケージ・ツアーなどの代金をカードで支払う利用付帯を条件に、傷害死亡・後遺障害保険金最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯する。

    傷害死亡・後遺障害保険金最高3,000万円
    傷害治療費用保険金最高100万円
    疾病治療費用保険金最高100万円
    賠償責任保険金最高3,000万円
    携行品損害保険金
    (免責3千円/年間限度額100万円)
    1旅行中 最高30万円
    救援者費用保険金保険期間中最高200万円

    国内旅行傷害保険

    事前に旅行代金の支払いをカードで行う必要がある利用付帯となっており、傷害死亡・後遺障害保険金最高2,000万円

    公式サイトを見る

    旅行に関する特典も充実

    海外旅行

    「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」はマイルだけでなく、旅行に関するあらゆる特典が充実しているクレジットカードでもあるので、快適な旅を望む人にはぴったり。

    空港ラウンジ

    国内28空港・海外2空港の空港ラウンジを、カード会員本人と同伴者1名が無料で利用可能となっている。

    航空便遅延費用補償(海外旅行のみ)

    カード会員本人が海外旅行の際に、航空便の遅延によって出費した宿泊費用や食事代を補償してくれる。

    その他にも、手荷物の到着遅延、紛失によって負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償してくれる。

    海外旅行先での日本語サポート

    手荷物の無料宅配サービスもある。現地で困ったことがあっても日本でのサポートセンターもある。

    ほぼ全世界で24時間通話料無料あるいはコレクトコールで連絡可能だ。万が一カードの紛失あるいは盗難の際にも、現地で緊急再発行も承っている。

    手荷物無料宅配サービス

    海外旅行からのご帰国時に空港から自宅まで、カード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送するサービス。

    対象:成田国際空港、中部国際空港

    エクスペディア優待料金

    24時間365日利用可能なオンライン旅行サイトの「エクスペディア」を、カード会員ならば優待料金で利用可能なのもうれしいところだ。

    ApplePayにも対応!

    アメックススカイ・トラベラー・カードは、ApplePayの登録にも対応している。

    ApplePay

    カード詳細情報

    年会費10,000円(税抜)
    還元率1.0%〜3%
    ブランドアメックス
    電子マネー
    ETC年会費:無料
    新規発行手数料:850円(税抜)/1枚
    家族カード5,000円(税抜)
    国内保険最高2,000万円(利用付帯)
    海外保険最高3,000万円(利用付帯)
    ポイント種類メンバーシップ・リワード
    ポイント交換1ptから

    (発行会社:アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレーテッド)

    公式サイトを見る

    入会特典

    入会でもれなく3,000ポイントがプレゼント!
    さらに毎年のカード継続毎に1,000ポイントをプレゼントされる。

    入会・審査条件

    20歳以上で定職・定収入のある方。

    シェア ツイート LINEに送る
    シェア ツイート LINEに送る

    執筆・編集

    オトクレ編集部

    オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

    編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

    また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

    大人のクレジットカード編集部について詳しく見る