ドトールでもQUICPay利用開始!そもそもQUICPayって何?使える店まとめ!

Pocket
LINEで送る

2019年9月2日(月)より、全国のドトールコーヒーショップで「QUICPay™(クイックペイ)」の利用が可能になる。

またドトールコーヒーショップ以外のチェーンでも導入され、具体的には下記の通りだ。

  • ドトールコーヒーショップ
  • エクセルシオール カフェ
  • カフェ レクセル
  • ル・カフェ ドトール 合計約1,200店舗

さらに今回QUICPayの導入に伴い、2種類のキャンペーンを開催予定。

どちらのキャンペーンもお得な内容になっているので積極的に参加することをおすすめする。

キャンペーン概要

今回のドトール×QUICPayのキャンペーンは2種類だ。

  • 特典内容①:QUICPayのTwitter公式アカウントをフォロー&リツイートすると、抽選で豪亜k旅行が当たる
  • 期間:2019年9月2日(月)0:00AM~2019年10月31日(木)11:59PM
  • A賞:ドトールコーヒーハワイ「マウカメドウズ」農園見学付きハワイ旅行5日間
  • B賞:ドトールコーヒー焙煎工場(関西)見学ツアー+USJのチケット

1つ目のキャンペーンはQUICPayのTwitterアカウントをフォロー&リツイートすれば参加でき、特典内容も海外旅行など豪華になっている。

  • 特典内容②:キャンペーン期間中、対象店舗でQUICPayを2,000円(税込)以上利用すると、抽選で400人に10,000円チャージ済みの「ドトール バリューカード」が当たる
  • 期間:2019年9月2日(月)~2019年10月31日(木)
  • 対象店舗:全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、カフェ レクセル、ル・カフェ ドトール

2つ目のキャンペーンはQUICPayの利用で「ドトール バリューカード」が当たる内容になっている。

そもそもQUICPay(クイックペイ)とは

QUICPayとは電子マネーの支払手段の1つで、クレジットカードやスマートフォンなどと連携させることで利用できる。

プリペイド式の電子マネーとは異なり、事前チャージが必要ない点もポイントだ。

このマークがある店舗は利用できる。

またQUICPayには「QUICPay+」と呼ばれるサービスも存在する。

【QUICPay利用上限額】

  • QUICPay:1回あたり2万円まで利用可能
  • QUICPay+:1回あたり2万円以上利用可能

上記のように1回あたりの利用可能額が違うので覚えておこう。

どういったお店で使える?

気になるQUICPayの利用範囲だが、主なコンビニ、スーパー、ドラッグストア、家電量販店と多岐にわたる。

主な店舗は下記の通り。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ENEOS
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • オーケー
  • ウェルシア
  • スギ薬局
  • キリン堂
  • エディオン
  • コジマ
  • ジョーシン など

また飲食店や百貨店、空港施設でも利用でき、非常に幅広いバリエーションの店舗で利用可能となっている。

  • 牛角
  • ガスト
  • コメダ珈琲店
  • 近鉄百貨店
  • ロフト
  • 関西国際空港
  • 成田空港 など

さらに最新の利用可能店舗として東京ディズニーランドが加わり、QUICPayが使える店舗はどんどん拡大している。

  • 東京ディズニーランド
  • 東京ディズニーシー
  • 吉野家
  • ロッテリア など

JCBの20%キャッシュバックキャンペーンでお得にお買い物

2019年8月16日(金)~2019年12月15日(日)まで、JCBでは利用金額の20%がキャッシュバックされるキャンペーンを開催中。

Aplle PayまたはGoogle Payと連携させる必要あるが、最大10,000円もキャッジュバックされる非常にお得なキャンペーンとなっている。

JCBグループ発行の個人カードなら手軽にキャンペーンに参加できるので、積極的に参加することをおすすめする。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る