クレカが不安な人は「後払いアプリ」が便利!atone、Paidy、バンドルカードを比較

Pocket
LINEで送る

現在、ほとんどのネットショップで導入されている、クレジットカード払いを代表とした「後払い決済」。

後払いは「手元に現金がなくても決済」できる、「支払日を先延ばしにできる」といったメリットがある。

また、トラブルがあった場合すぐに返金されるなど、付加価値も多い決済手段だ。

特にネットショップにおいては、コンビニ払いや銀行振り込み、代引きを使わなくてもいいという利便性もある。

しかし、クレジットカードでの支払いは、以下のような不安を抱えている人もいるのではないだろうか。

  • つい使いすぎてしまう
  • 請求がプレッシャーになる
  • クレジットカード情報が漏れる危険性がある
  • 年齢や信用の問題でカードが作れない

今回は、そのような人でも後払い決済のメリットを享受できる「後払いアプリ」について解説しよう。

すでにリリースされ、今から使える3つの代表的なアプリを比較していく。

「後払いアプリ」とは?

後払いアプリとは、一言で言うと「クレジットカードなしで後払い決済ができるアプリ」だ。

仕組みとしては、アプリを使って加盟店でWeb決済をし、利用額は翌月にまとめてコンビニ等で支払うというもの。

後払い決済自体は現金払い、口座振替、クレジットカードに次ぐ決済手段として注目を集めているが、今回紹介するのはアプリで行う決済手段だ。

利用できる店舗は、各種アプリで対応している加盟店のみとなる。

登録料・年会費がかからないアプリが多く、買い物履歴や請求額はアプリで確認可能。

気になる限度額だが、多くのアプリでは月の上限額が1万円~5万円程度に設定されている。

限度額に達したら支払いを終えるまで次の買い物はできないため、クレジットカードのような使いすぎを防止できる。

中には分割払いへの対応や、リアルカードを発行可能といった特色を持つアプリある。

さらに、どのアプリも未成年が利用可能で、審査などは一切ない、というハードルの低さも特徴的といえる。

以上のような特徴を持つ「後払いアプリ」には、利用者にとってどんなメリットがあるのだろうか。

主な後払いアプリを紹介・比較

今回紹介するアプリは以下の3つ。

それぞれのアプリの特徴を掴み、自分にあったものを選んでいって欲しい。

  • atone(アトネ)
  • Paidy(ペイディー)
  • バンドルカード

3つのアプリの共通点としては、メリットの項目で説明したとおり、以下の点で共通している。

  • クレジットカード不要
  • 18歳以下も利用可能で審査なし
  • 支払いを翌月まで持ち越せる
  • 個人情報流出の心配がない

それでは、どの部分でそれぞれ異なるのかを解説していこう。

atone(アトネ)の特徴

「atone」は実店舗でのQRコード決済が可能な点や、ポイント還元が受けられる点が大きな特徴だ。

まとめると、以下の点が挙げられる。

  • 上限金額は誰でも5万円。翌月20日までに支払い
  • 利用可能なのは現状オンラインのみ
  • 支払いはコンビニでの請求書払いのみ
  • 請求が発生した月のみ90円の手数料が必要(他の費用はすべて無料)
  • 0.5%のポイント還元あり
  • 今後、QRコード決済を使って実店舗での利用が可能に

まず、誰でも限度額が5万円までに設定されているため、与信に難がある人でも使いやすい。

また、ポイント還元がつくのもメリットで、他2つのアプリには見られないメリットだ。

還元率は0.5%とそれほど高くないが、支払いに直接充当できるため無駄がない。

また、QRコード決済導入により、今後Web決済のみならず実店舗でも使えるようになる点も見逃せない。

実店舗のさまざまな所で使えるようになれば、それだけ利便性も高まる。

なお、現状では他2つのアプリと比較すると利用幅はもっとも狭いのがネックだ。

さらに詳しい加盟店は、以下のリンクからチェックしてほしい。

使えるショップ一覧 | atone(アトネ)

Paidy(ペイディー)の特徴

Paidyは月額課金(サブスクリプション)方式と、分割払いに対応している点が大きな特長だ。

まとめると、以下の点が特長特徴として挙げられる。

  • 月額課金(サブスクリプション)方式に対応
  • 支払いはコンビニ、銀行振り込み、口座振替が選択可能
  • 手数料はコンビニ払いの場合350円、銀行振込は振込手数料、口座振替は無料
  • 3回払い~36回払いまで分割可能(手数料など詳細は後述)

分割払いに対応している点から、利便性は非常に高い。

しかし、限度額が固定されているatoneとは異なり、利用限度額は個人の与信によって変動する。

さらに、分割払いの際は審査があるため、信用情報に難がある場合は注意が必要だ。

なお、分割払いの際の手数料は、以下のように支払回数に応じて変動する。

主な分割払い手数料率(実質年率15.00%の場合)

支払回数利用代金100円当りの分割手数料(円)
3回2.51円
6回4.42円
9回6.35円
12回8.31円
24回16.37円
36回24.80円

引用:よくあるご質問 | Paidy

なお、加盟店はDMM.comやフリマアプリ「ラクマ」など。

対応ショップは以下のリンクを確認してほしい。
オススメショップ | Paidy(ペイディー)

バンドルカードの特徴

バンドルカードは、上記2つのアプリとは少々毛色が異なる。

もともとは事前チャージ方式のVisaプリペイドカードアプリだが、後払い可能なチャージ機能が組み込まれたためだ。

そのため、通常のVisaプリペイドカードとしても利用でき、利便性は上々。

さらに、後払いアプリの中で唯一Visaブランドのリアルカードが発行できるのが特長だ。

そのほか、以下のような特徴を持っている。

  • 利用限度額は2万円
  • 翌月末までの好きなタイミングで支払可能
  • 事前チャージ方式で、後払いを含むさまざまなチャージに対応
  • ポチッとチャージ(後払い)の利用には手数料がかかる(後述)
  • 対応店舗はVisa加盟店すべて

まず、Visaが使えるAmazonはもちろん、実店舗でも利用可能なため、3つの中では利用範囲がもっとも広い。

ただし、手数料がもっとも高いのがバンドルカードのネック。

リアルカードの発行に300円かかる他、後払い機能である「ポチッとチャージ」の利用に以下の手数料がかかるためだ。

1回のチャージにつき、以下の手数料がかかります。
3,000円 〜 10,000円: 500円
11,000円 〜 20,000円: 800円
引用:ポチっとチャージの申込み可能額について

単純に、リアルカードを発行して2万円チャージしたとすると1,100円かかる計算になる。

決して安くはない手数料だ。

とはいえ、Visaブランドを持っている点は魅力であり、プリペイドカードとしても使えるのは心強い。

なお、プリペイドカードとして使う場合のチャージ手段は以下のとおり。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)

いずれも手数料がかからないため、非常に使いやすい。

なお、口座振替はないため、デビットカードのように利用することは不可能だ。

クレジットカードを持ちたくない&持てない現金派の味方

冒頭でも述べたが、Web決済においては後払いのメリットが大きい。

Webでの前払い決済では、以下のようにさまざまなデメリットが考えられるためだ。

  • コンビニ払いや銀行振り込み → 支払いに行く手間が発生する
  • 代引き → 自宅で待っている必要がある&手数料が高い
  • 電子コンテンツの場合 → 支払いしてからの反映に時間がかかる

利便性においてはクレジットカードを使った方がいいと言えるだろう。

しかし、前述のような使いすぎ、セキュリティ面の不安から、クレジットカードを使っていない人がいるのも事実だ。

そこで「後払いアプリ」の出番だ。

後払いアプリは、前払い決済のデメリットを克服しつつ、支払いはしっかり現金で払えるという点に魅力がある。

また、クレジットカード以外には「デビットカード」という選択肢もあるが、現金で支払わないと安心できない人もいるだろう。

しかも、デビットカードとは異なり、後払い決済にはキャッシュフローに余裕ができるというメリットがある。

ネット決済において、後払いアプリは現金派の強い味方になのだ。

バンドルカード>Paidy>atoneの順でおすすめ

3アプリの比較をまとめると以下のとおりだ。

  • atone:手数料面では強いが、利用可能店舗が少なく、支払い方法もコンビニ払いのみ。QRコード決済の普及で化けるか
  • Paidy:利用店舗はそこそこ、口座振替、分割払いもできて便利。信用力次第で有力に
  • バンドルカード:Visaリアルカード発行で断トツの利用範囲。ただし、後払いは手数料が高めで、限度額2万円まで

結論を言うと、以上3アプリでは「バンドルカード」が利用可能範囲で飛び抜けているため、おすすめだ。

ただし、決して手数料が安くないため、他2アプリを検討する余地も生まれる。

今後atoneやPaidyも、加盟店の伸びやQRコード決済普及速度次第では、バンドルカードに負けない利便性を手に入れていくだろう。

ネットショップにも確実に普及しつつある「後払い」。

クレジットカードが作れない人、使いたくない現金派の人は、うまく活用して便利な通販生活を送ってみよう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。