クレジットカード不要の後払い決済サービス「Paidy」がデジタルコンテンツに対応開始!Paidyはどんな店舗で使えるのか?利便性は?

Pocket

クレジットカード不要の後払い決済サービスを提供する「Paidy」は8日、電子書籍や音楽・ソフトウェアなどのデジタルコンテンツに対応したと発表した。

EC向けの後払い決済サービスで、デジタルコンテンツの取扱に対応するのはPaidyが初。

これにより、デジタルコンテンツを提供するEC事業者もPaidyによる後払いサービスを導入でき、ユーザーはPaidyを使ってデジタルコンテンツをクレジットカードなしで決も済可能になる。

Paidyは、会員数100万人、導入サイト数70万を超える翌月後払い方式のECサイト(ネット通販)向け決済サービスだ。

メールアドレスと携帯電話番号だけで買い物ができ、1ヶ月の買い物を翌月にまとめて支払えるのが特徴。

コンビニや銀行振り込みのほか、口座振替払いにも対応しており、3回〜36回払いまでの分割払いができるのもポイント。

利用限度額はユーザーの利用状況によって細かく変動し、クレジットカード不要のサービスながら、クレジットカードのように買い物ができる。

特に、ECサイトにクレジットカードの情報を登録するのに抵抗があるユーザーや、クレジットカードを持たない層などに後払い決済は需要が高い。

今回、Paidyが対応したデジタルコンテンツは、コンテンツ市場全体の中でも年々存在感を増してきている。

総務省が2017年に発表した情報通信白書によると、デジタルコンテンツの市場規模はコンテンツ市場全体の25.7%、2兆9,633億円に達する。

2020年までには5割を超えるとも言われており、決済手段の拡充によりアクセスしやすくすることは、市場の活性化にも繋がるだろう。

Paidyが使えるオンラインショップは?

Paidyは、中小のECサイトを中心に70万超のサイトに導入されており、エンタメからファッションまで幅広い。

そこで、比較的知名度の高いショップを中心に、Paidyが使えるサイトを以下にピックアップした。

  • ラクマ(旧フリル)(オークション)
  • fifth(ファッション)
  • エアトリ(トラベル)
  • オタマート(エンタメ)
  • ハーセリーズオンライン(美容)
  • モアコンタクト(コンタクトレンズ)
  • デジタルコンテンツを取り扱うサイトでもPaidyが使えるようになり、これから更に拡充されていくことが予想される。

    ECサイトで個人情報を登録したくないユーザーに便利

    ECサイトでクレジットカード情報を登録することに抵抗を持つユーザーは少なくない。

    クレジットカードを持っていても使わない、あるいはモバイル決済サービスを経由して情報を渡さないようにしている人もいるだろう。

    「Paidy」は、そういったセキュリティの不安からカードを使わない層でも後払い決済のメリットが得られる手段だ。

    コンビニや金融機関の前払いで到着が遅れることもなければ、代引きのために現金を用意して配達員の到着を待つ必要もない。

    一方、ポイント還元がない、利用できるサイトが限られているなど、純粋な利便性はクレジットカードに及ばない。

    近年ではクレジットカード登録型のモバイル決済サービスも増えており、そちらでも「個人情報を渡さずに買い物をする」という目的は果たせる。

    したがって、クレジットカードを持っているユーザーは、「楽天Edy」や「Apple Pay」など、他のモバイル決済の利用も検討したほうが良いだろう。

    とはいえ、ECサイトにおける後払いサービスは、楽天市場などでも「NP後払い(コンビニ後払い)」が採用されているように、新規顧客が獲得できる決済手法であることは間違いない。

    これからさらにポピュラーな決済手段となっていくことが予想される。

    Pocket

    執筆・編集:ニュース編集部

    大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。 国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。