クレジットカードの系統別まとめ!選ぶべきカードの種類は?

Pocket

クレジットカードの系統分け

現在では多くの会社が自社のサービスと絡めて、豊富な種類のクレジットカードを展開している。

基本的にどのカードも、他のカードと差別化できる強みが持たせてあるものだ。

ただし、それが年会費無料、高いポイント還元率、割引特典などのように、ひと目でわかるメリットばかりとは限らない。

多くのカードの中から自分に合った付帯サービスやポイントプログラム(ポイントの貯め方・使い方)を選ぶには、最低限の知識が必要になる。

そこで今回紹介するカードの分類を参考にしてほしい。

系統別にカードを分類することで、カードの特徴を掴みやすくなるだろう。

カード発行会社による系統分類

クレジットカードは、カードを発行する会社によって系統に分けることができる。

系統の境界は曖昧で、明確な決まりはないが、以下の4系統は基本的に独立して語られることが多い。

  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

まずはカード発行会社による系統別に見て、違いを理解しよう。

それぞれの特徴を知ることで、自分が注目すべき系統はどれかわかるだろう。

銀行系カード

銀行をグループに持つ金融業者が発行しているカードを「銀行系」と分類する。

圧倒的な信頼度を誇る金融機関、銀行の名のもとに発行されるため、他のカードと比べて安心感で見劣りすることはないだろう。

還元率や付帯サービスにお得感は少ないものの、セキュリティや保険などの面はしっかりしている。

また落ち着いた券面デザインのカードが多く、カードの質実剛健な性質とマッチしている。

主な発行会社

  • 三井住友カード株式会社
  • りそなカード株式会社

メリット

  • セキュリティや保険がしっかりしているものが多い
  • 系列ATMの手数料優遇サービスなどがある
  • 信頼性が高く、どこで出しても恥ずかしくない

デメリット

  • ポイント還元率はそれほど高くない
  • 審査が比較的厳しいと言われている

カード例

・三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

ポイントサービス、ETC、保険など、カードとして欲しい機能をしっかり備えた一枚。

クレジットヒストリーを積むことでゴールドカード、プラチナカードとランクアップすることもできる。

信販系カード

「信販」とは分割払いや後払いといった「信用販売」のことであり、それを主業務とする会社が発行するのが信販系カードだ。

日本で「信用(クレジット)販売」はクレジットカードの普及以前から行われていたため、歴史のある会社も多い。

さまざまな業界の企業と提携することで、バリエーション豊かなカードを展開できる点も強みだ。

主な発行会社

  • 株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)
  • 株式会社セディナ

メリット

  • 銀行系に次ぐ安定感がある
  • 審査が比較的通りやすいと言われる

デメリット

  • 特定の使い方に特化したカードに比べ印象が薄い

カード例

・Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

オリコカード

年会費無料で、通常還元率1.0%、入会から6ヶ月間は2%還元という高還元カード。

貯まったポイントはAmazonギフト券をはじめ、iTuneギフトコードやnanacoギフトに交換でき、使い勝手が非常にいい。

シンプルで高級感のある券面デザインに仕上げられており、シーンを選ばず利用できる。

流通系カード

スーパー、コンビニ、百貨店、家電量販店など、流通にかかわるさまざまな会社が展開しているのが流通系カードだ。

発行元で割引や優待を受けられるものが多いため、よく利用する店のカードを作っておくと便利に買い物ができる。

顧客の囲い込みを目的に発行されるという性質上、一般消費者や主婦層をメインターゲットとしたカードが多い。

そのため審査のハードルは低いとされており、他社のカードで審査落ちてしまった人も十分に通る可能性がある。

主な発行会社

  • 株式会社クレディセゾン
  • 株式会社エポスカード
  • イオンクレジットサービス株式会社
  • 株式会社セブン・カードサービス

メリット

  • 発行元の店舗などで使用するとお得
  • 還元率の高いカードが多い
  • 審査に通りやすい

デメリット

  • 発行元以外ではメリットが少ない
  • 店ごとに作ると管理が大変

カード例

・エポスカード

エポスカード

年会費無料で、マルイをはじめとした10,000店舗以上で優待を受けられる。

買い物だけでなくカラオケや居酒屋、映画館などでの割引があるのもうれしい。

マルイの店舗で最短即日発行に対応しているため、すぐにカードが欲しい人にも便利なカードだ。

・イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

毎月20日・30日は買い物が5%OFF、毎月10日はクレジットでポイント2倍などの特典が特長。

キャッシュカードと一体型のため、財布をすっきりさせられるというメリットもある。

イオン系列店をよく利用する人は、持っておいて損はないだろう。

消費者金融系カード

他の系統と比べて、とくに変わった特徴を持つのが消費者金融系カードだ。

独自の審査基準を採用していると言われ、その分審査に通りやすいとされている。

安定した収入さえあれば、パートやアルバイトの人でも十分に通る可能性がある。

他社でなかなか審査に通らないが、どうしてもクレジットカードが必要な場合には申し込んでみるといい。

主な発行会社

  • アコム株式会社

メリット

  • 特に審査に通りやすいと言われる
  • 発行までのスピードが早い

デメリット

  • カードとしての基本性能は高くない

カード例

・ACマスターカード

ACマスターカード

最短30分の審査で即日発行も可能な点が最大の特長だ。

土日祝も含め8:00~22:00と遅い時間まで対応しており、全国にある自動契約機(むじんくん)でカードを受け取れる。

他にもよく挙げられる系統

航空系カード

ANAやJALなど航空会社が提携して発行するのが航空系カードだ。

カードの利用でお得にマイルが貯められたり、飛行機を利用した際にボーナスマイルがもらえたりと、航空会社ならではの強みが光る。

飛行機をよく利用する人に好まれ、マイルの貯まりやすさがカードを選ぶ際の一つのポイントとなる。

カード例

・JALカード

JALカード(一般カード)

ショッピング利用時は200円=1マイルずつ貯めることができる。

また搭乗毎に10%のボーナスマイルがつくほか、毎年初回搭乗時にもらえる1000マイルのボーナスも嬉しい。

交通系カード

鉄道会社などの交通インフラを運営する会社が提携して発行しているカード。

なかには交通系ICカードや定期券が一体型のカードもあり、1枚のカードで複数の役割をこなせるようになる。

またチャージでポイントが貯まる点も、日常的に電車を使う人にとって大きなメリットだ。

カード例

・「ビュー・スイカ」カード

ビュー・スイカ

クレジットカード、Suica、定期券の役割を1枚でこなせる。

オートチャージにも対応しており、還元率が1.5%な
のも大きな魅力。

インターネット系カード

Webサイトやサービスを運営する会社が提携して発行しているカード。

自社運営するサービスと関連付けて、さまざまな特典が用意されている。

還元率も高いものが多く、効率的にポイントを貯めて、豊富な選択肢から使い方を選べる点も支持を集めている理由だろう。

カード例

・楽天カード

楽天カード(マスターカード)

年会費無料で、通常でも還元率1.0%あり、楽天市場ならばポイントはいつでも2倍もらえる。

楽天EdyやETCの支払いでもポイントが貯まる点も嬉しいメリットだ。

貯めた楽天スーパーポイントは楽天だけでなく街中の提携店でも使用できる。

・Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード
年会費無料で、通常でも還元率1.0%あり、Yahoo!ショッピングかLOHACOならポイントが3倍もらえる。

nanacoチャージでもポイントが貯められる。

貯まるポイントが実店舗、ネット店舗合わせて8万店舗以上で利用可能なTポイントという点も使い勝手がいい。

・Amazon MasterCardクラシック

Amazonカード

通常でも還元率1.0%あり、Amazon内で使えばポイントは1.5倍となる。

貯まったポイントはAmazonギフト券と交換できるため、Amazonの利用が多い人には重宝するカードだ。

即日審査&発行ですぐに使えるようになる点も大きなメリット。

系統によって審査の厳しさが違う

カードの系統分けは、審査の難易度について語る際に用いられることが多い。

一般的に審査基準が厳しいと思われる順に発行元を並べると、以下のようになる。

銀行系>信販系、交通系、流通系>消費者金融系

ただし、最近では銀行系でもそこまで審査が厳しくないと言われており、あまり気にする必要はないだろう。

系統分けに絶対の基準はない

クレジットカードの系統は絶対的な基準で分けられているわけではない。

現在では実にさまざまな業界の企業がカードを出していることもあり、ジャンルの括り方も一筋縄ではいかないのだ。

とはいえ、今回紹介した系統は多くの場面で用いられる分類のため、覚えておいて損はないだろう。

自分に向いている系統をチェックする

それぞれの系統がどのような人に向いているかは、以下のようになる。

・セキュリティ面を重視したい人、ステータス性の高いカードが欲しい人
→銀行系

・普段の買い物でお得にポイントを貯めたい人
→信販系、流通系

・カードの審査に落ちたことがある人、とにかく早くカードが欲しい人
→消費者金融系

・飛行機や電車での移動が多い人
→航空系/交通系

・ネットショッピングやWebサービスをよく利用する
→インターネット系

あくまでも目安ではあるが、カード選びの際には役立つだろう。

今話題の審査に通りやすいカード

今最も話題になっている審査に通りやすいカードは、ライフカード<年会費あり>だ。

本カードの公式サイトでは審査基準について触れており、以下のような方でもチャレンジができると明記されている。

  • 過去に延滞がある方
  • 初めてクレジットカードを作る方
  • 審査に不安のある方
  • 他社で審査に通らなかった方

また、審査においての特徴だけでなく、上手に使えば還元率3%を越えることも可能なカード。

他社の審査に落ちていたり、審査に不安があるが、どうしてもクレジットカードが欲しいという方は、一度チャレンジしてみても良いだろう。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る