PayPay加盟店になった方がいい?導入方法や手数料、効果や入金などあらゆる疑問に答えます!

Pocket
LINEで送る

PayPayQRコード読み取り

キャッシュレス・消費者還元事業や消費税増税に伴い、キャッシュレス決済を検討している小規模店舗も多いのではないだろうか。

キャッシュレス決済にもいくつかの種類があるが、個人店や中小規模も店でも気軽に導入できるのが、QRコードを利用するスマホ決済だ。そしてスマホ決済のなかでも注目度の高いサービスが、PayPayだ。

初期・月額費用無料で始めることができ、2021年9月30日までは決済手数料も無料。入金先の金融機関によっては入金手数料も無料で、まったくコストをかけずに導入が可能だ。

本記事では、PayPayを導入するために必要な条件や導入手順、手数料や入金サイクル、導入によるメリットや注意点など、加盟店向けの情報を解説する。

また、ほかのスマホ決済サービスとの比較も行っているので、どのサービスを導入すべきか迷っている場合は参考にしてほしい。

PayPay加盟店になるには

PayPay加盟店とは、PayPayの決済サービスを利用できる店舗のこと。店頭に提示されたPayPayのマークが目印だ。PayPayの公式サイトやアプリで加盟店を調べることもできる。

PayPay導入は、加盟店向けのPayPay公式ページから申し込むことができる。同ページで案内されているサポートセンターに電話をかけることでも申し込み手続きが可能。

電話やチャットによる問い合わせにも対応しているので、疑問点がある場合はまずは問い合わせてみるのも良いだろう。対応時間は10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)だ。

導入の条件

PayPay導入に必要なのは、店頭にインターネット環境があることと、スマートフォンやタブレットまたはPCを所持していること。

これ以外に、申し込みにあたって業種や売上金額、店舗規模等の条件は特に示されていない。

申し込み後の手続き

Web申込の場合、専用フォームに氏名や電話番号などの必要事項を記入し、送信する形となる。その後、申込案内メールが届くので、記載されているURLをクリックし、審査情報の入力、書類のアップロードを行う。

その際、以下の書類や情報が必要となる。個人・法人で異なる点もあるため、注意してほしい。

個人、法人共通

以下の許可証を写した写真(特定の業種に該当する場合のみ)

  • 古物商許可証(中古品、リサイクル品等の取扱業者)
  • 開設届出済証明書(鍼灸院、整骨院等の施術所)
  • 旅行業登録票(旅行代理店)
  • 資格認定証/登録証(医療、法律相談を実施する業者)
  • 自動車運転代行業認定証(運転代行業)

個人

  • 運転免許証、パスポート、国民健康保険証、住民票の写しなどの本人確認書類いずれか1点

法人

  • 13桁の法人番号

申し込み完了後、最短1営業日~2週間前後で審査結果が届く。ただし、審査内容や審査の順番によっては、さらに時間がかかることもある。

審査に通過したら、10日以内に管理用WEBサイト「PayPay for Business」の設定を行おう。

審査通過後、約1週間で店舗にPayPayコードキットが届くので、初期設定後、店頭にPayPayコードを設置すれば導入完了だ。

PayPay導入にかかる費用

導入時の費用

PayPayでは、店舗がQRコードを表示してそれをユーザーが読み取る「ユーザースキャン支払い」と、ユーザーがQRコードを表示してそれを店舗が読み取る「ストアスキャン支払い」の2つの支払い方法がある。

どちらの支払い方法を選択するかによって導入費用が異なり、以下のようになる。

なお、個人店や小規模の店では導入費用のかからないユーザースキャン支払いが多く、チェーン展開の店舗や大企業ではストアではストアスキャン支払いが多い傾向にある。

ユーザースキャン支払い

 
店舗がコードを表示してそれをユーザーが読み取る方法。この方法では、導入時の費用は無料。申し込み後の手続きを完了し、QRコードを設置すればOK。手軽に導入できる。

ストアスキャン支払い

ユーザーがQRコードを表示、それを店舗にあるPOSレジのバーコード読み取り端末で読み取る方法。

POSレジを使用するため、端末や通信に関する費用がかかる。かかる費用は店舗により異なり、店舗で使用しているPOSレジの担当者に確認する必要がある。

各種手数料

 
初期導入費用、月額固定費は無料となっている。さらにユーザースキャン支払いの場合、2021年9月30日まで決済手数料も無料となっている。

PayPayは中国の大手決済サービス・Alipay(アリペイ)にも対応しており、こちらも2020年6月30日まで決済手数料無料となっている。

また、入金手数料についても、ジャパンネット銀行を指定した場合は永年無料、その他の金融機関も、2020年6月30日まで無料となっており、以降有償化が予定されている。

入金サイクル

締め日は月末締め、または累計金額が1万円以上になったタイミングだ。なお、累計金額に関わらず、月末は必ず締め日となる。

入金サイクルは以下の通りで、入金サイクルが非常に早いのも、加盟店にとってのPayPayの魅力のひとつだ。

ジャパンネット銀行:翌日
その他の金融機関:最短翌々日

期待できる効果・メリット

加盟店にとって、PayPayを導入するメリットとして、次のような点が考えられる。

導入費用がかからない

キャッシュレス決済サービスを導入する場合、サービスによっては初期費用がかかるものや、専用機器の購入・レンタル費用がかかるものもある。

しかしPayPayは、初期導入手数料無料で、ユーザースキャン支払いであれば専用機器も必要ない。

さらに月額固定費もかからず、現在は決済手数料も無料となっているため、個人店や小規模な店舗でも簡単に導入できるのだ。

短期間で導入・開始できる

PayPayは申し込み後、早ければ1~2営業日で審査結果が届く。

そして審査通過後約1週間で店頭にキットが届くため、早ければ申し込みから1週間程度で導入・利用開始ができる。

キャッシュレス決済のニーズが高まっている、顧客が増えてきたなどで、早く導入したい店舗にもメリットは大きい。

来客数の増加が見込める

PayPayのユーザーは、2019年8月時点で約1000万人を突破している。

キャンペーンやCMの効果や加盟店の増加もあり、今後もユーザーが増えることが予想される。

顧客のニーズに合った決済方法を備えておくことで、来客数の増加も見込むことができる。

追加のポイント還元あり

PayPay加盟店申し込み完了後にキャッシュレス・消費者還元事業の申請・登録を行うと対象店舗とみなされる。

その加盟店でPayPayを利用した顧客は、通常のポイント還元に加え、さらに5%の還元を受けられる。

ユーザーにとってお得感のある仕組みなので、PayPay加盟店をより積極的に利用するようになるのではないだろうか。

ただし、大企業や大手チェーン店など、キャッシュレス・消費者還元事業の対象になっていない店舗は5%のポイント還元対象外となる。

インバウンド需要にも対応できる

PayPayは、中国、香港、台湾などに約6億人ものユーザーを持つAilPayにも対応している。

外国人観光客は今後も増加が予想されるため、PayPayに加盟しておくことで、外国人顧客にも対応が可能になる。

特に、キャッシュレス決済が進む中国では現金を持たない人も増えているため、PayPay加盟店になっておくことで機会損失を減らせる。

加盟店向けのキャンペーンあり

PayPayでは、加盟店向けのキャンペーンを実施していることがある。

たとえば2019年8月に実施されていたキャンペーン内容は、条件を満たした新規加盟店に対し、最大1万円を付与するというものだった。

キャンペーン期間中に申し込むことで、よりお得にPayPayを導入できる。公式サイトなどで情報をぜひチェックしてほしい。

申込前に押さえておきたい注意点

PayPayの導入は非常に簡単で店舗にとってのメリットも多いが、次の点には注意してほしい。

慣れるまでは手間がかかる可能性

PayPay経由した売上の管理は、別途「PayPay for Business」で行う必要がある。その分、売上管理の作業が増えることになり、慣れるまでは時間がかかる可能性もある。

ただし、「PayPay for Business」のアプリができたため、スマホから返金操作や決済管理、顧客のバーコードの読み取り決済が可能になっており、売上管理も効率化できる可能性が高い。

審査に時間がかかることがある

PayPay加盟店の審査は最短1営業日で完了するが、場合によっては2週間以上かかることもある。それは、書類の不備や、提出した内容の確認に時間がかることなどが理由だ。

基本的にはスピーディーな導入ができるPayPayだが、できれば余裕をもって導入にあたりたい。

導入できない可能性がある

PayPayは、インターネット環境とスマートフォンまたはタブレットのある店舗であれば申し込みが可能だ。

しかし、申し込みをした100%すべての店舗で導入ができるわけではなく、審査に落ちる可能性もゼロではない。

PayPay加盟店の審査基準は公開されていない。不安な点がある場合は、まずは問い合わせてみると良いだろう。

PayPay公式サイト(加盟店向け)はこちら

他のスマホ決済アプリとの比較

PayPayと、他のスマホ決済アプリとの違いは以下の通り。

 PayPayLINE Pay楽天Payd払いOrigami Pay
初期費用ユーザースキャン支払い:無料プリントQR/店舗用アプリ/据置端末/POS(※)/オンライン決済:無料無料無料無料
ストアスキャン支払い:POSレジ端末・通信費用が発生StarPay端末:35,000円
月額費用無料プリントQR/店舗用アプリ/StarPay端末/POS(※)/オンライン決済:無料無料無料無料
据置端末:1,500円/台
決済手数料2021年9月30日まで無料据置端末/プリントQR/店舗用アプリ:2021年7月31日まで無料3.24%3.24%3.25%
据置端末/プリントQR/店舗用アプリ:2021年7月31日まで無料
StarPay端末:3.45%/POS:~3.45%/オンライン決済:3.45%(物販/サービス)/5.5%(デジタルコンテンツ)
入金手数料ジャパンネット銀行:永年無料入金申請:240円/回楽天銀行:無料公式サイトに情報なし公式サイトに情報なし
その他の金融機関:2020年6月30日まで無料入金申請を行わずLINE Pay締めの場合:無料楽天銀行以外:210円/回
入金サイクル月末締めor累計金額が1万円以上になったとき入金申請受付後(毎月19日に前月売上金の入金申請の締切、未清算金は月末振込)楽天銀行:当日23:50時点の売上が翌日自動入金15日まで:当月末入金/ 月末まで:翌月15日入金1日~15日:当月末日/16日~当月末日:翌月15日
楽天銀行以外:23:30までの入金依頼で当日23:50までの売上が翌営業日に全額入金
Alipay対応
キャッシュレス・消費者還元事業対応

ほかのスマホ決済アプリと比較してみても、PayPayはコストを抑えることができる。

現在無料になっている決済手数料が、無料期間が終了した後どの手度に設定されるかで、中長期的に見たお得度は変わるが、まずは導入してみるという点ではPayPayがおすすめだ。

ユーザースキャン支払いを利用し、入金先の金融機関にジャパンネット銀行を選べば、現時点では費用をまったくかけずに利用できる。

PayPay加盟店一例

PayPayの加盟店はジャンルも規模も多岐に渡るが、一例として、以下のような加盟店がある。

  • セブンイレブン
  • OKストア
  • マツモトキヨシ
  • 東急ストア
  • ライフ
  • かっぱ寿司
  • ピザーラ
  • 魚民
  • ビックカメラ
  • ブックファースト
  • ジーンズメイト
  • 丸の内オアゾ
  • Zoff
  • 東急ハンズ
  • カラオケ館

今年8月からはユニクロの一部店舗でPayPayの導入がスタートし、今後は全国のユニクロ、GUでも利用可能となる予定だ。

このように、全国のチェーン店や主要店で続々とPayPayの導入が実施されており、加盟店は約100万店にものぼる。

加盟店になるメリット大

PayPayは、居酒屋やカフェ、レストラン、惣菜店、雑貨店のほか、美容院、ヨガやダンスなどのレッスンスタジオ、酒屋、花屋、土産物屋など、幅広いジャンルの店舗に導入されている。

Alipayにも対応しているため、外国人観光客の利用が多い店舗では、PayPayを導入することで機会損失を防ぎ、売上を上げることができるだろう。

導入費用は基本的に無料のため、もしも導入してみて予想していた成果が得られなかった場合でも、特に金銭的な損失は発生しない。

実際に導入した店舗からは「導入することのデメリットを感じない」「入金サイクルが早いため助かる」「手数料がゼロでありがたい」「登録後わずか3日でコードキットが届いた」などの口コミがあり、概ね好評だ。

この機会に、ぜひPayPayの導入を検討してみることをおすすめする。

PayPay公式サイト(加盟店向け)はこちら

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る