三井住友VISAカードの審査に通るコツ!キャッシング枠は0円に、複数カードの同時申し込みはNG!

Pocket
LINEで送る

三井住友VISAカードの審査に通りやすくする

VISAのプロパーカードとして人気の高い「三井住友VISAカード」は、どちらかと言えば入会審査が厳しいカードだと言われている。

三井住友銀行(SMBC)と同じく、三井住友フィナンシャルグループに属する「三井住友カード株式会社」が発行しており、比較的審査が厳格な銀行系クレジットカードに分類されるためだ。

しかし、三井住友VISAカードの所有者は2,400万人を超えており、特別に厳しい審査内容だとは考えにくい

事実として、三井住友VISAクラシックカードの申し込み条件は「満18歳以上の方(高校生は除く)未成年の方は親権者の同意が必要です。」となっており、年収や職種について特別な言及はされていないのだ。

複数カードの同時申し込みや、他社からの借り入れ状況遅延・延滞といった事故情報の有無に気をつければ、三井住友VISAカードと言えど審査に通ることはそれほど難しくないはずだ。

本記事では、三井住友VISAカードの審査基準や審査に通りやすくするためのポイントを紹介する。

三井住友VISAカードの特徴

三井住友VISAカードの特徴
三井住友VISAカードは日本で初めてVISAカードとして発行された歴史あるクレジットカードである。

VISA最大手のブランドであるため、数あるカードの中でもトップクラスに信頼性が高く、安心して利用することができる

また、銀行系のプロパーカードであるためステータス性も高い。

プライベートだけでなくビジネスシーンでも自信を持って利用できる優良なカードである。

三井住友VISAカードのメリットとして、国内・海外旅行傷害保険などの付帯サービスが充実している点があげられる。

一般カードである「クラシックカード」は、年会費1,250円(税別)で海外旅行保険が最高2,000万円付帯している。(国内旅行保険は付帯なし)

利用実績を積み上げると、ゴールドカードやプラチナカードといった上位クラスのカードへのランクアップも目指せる。

「三井住友VISAデビュープラスカード」は18歳から25歳専用のカードで、「三井住友VISAアミティエカード」は女性向けのカードといったように、属性ごとに使いやすいサービスが付帯するカードも展開されている。

また、インターネットから申し込むと初年度の年会費が無料になるため(プラチナを除く)、コストパフォーマンスにも優れていると言える。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

各種カードの申込条件

各種カードの申込条件
三井住友VISAカードにはいくつかの種類があるが、代表的なものの申込資格を紹介しよう。

カード名申し込み条件
三井住友VISAクラシックカード満18歳以上の方(高校生は除く)未成年の方は親権者の同意が必要です。
三井住友VISAデビュープラスカード満18~25歳の方(高校生は除く)未成年の方は親権者の同意が必要です。
三井住友VISAアミティエカード満18歳以上の方(高校生は除く)未成年の方は親権者の同意が必要です。
三井住友VISAプライムゴールドカード満20~29歳の方
三井住友VISAゴールドカード満30歳以上の方

公式に公開されている申し込み条件は年齢に関する言及のみで、年収職種については問われていない。

申し込み時に勤務先や年収などを申告する必要があるため、審査ではこれらの情報も確認されることとなるが、特別に厳しい条件を設けているとは考えにくい。

審査で見られるポイント

審査で見られるポイント

三井住友VISAカードの審査に限らず、クレジットカードの審査においては申込者に返済能力信用があるかを判断している。

申し込み時には正しい情報を記入し、嘘や誤った情報にならないよう気を付けてほしい。

勤務先情報・勤続年数

返済能力を判断する上で、勤務先の情報はとりわけ重要視される。

勤務先の名前を記入することによって、上場企業か中小企業か、どのような歴史を持った会社なのかが判別される。

入社年月日では勤続年数が見られる。

勤続年数が長いほど安定して収入を得ており、問題なく勤めていると考えられるため、勤続年数は長い方が審査に有利に働きやすいとされている。

勤務先の電話番号は在籍確認で使用される場合がある。

申込者が本当に会社に勤めているかを調査するために電話で連絡されることもあるため、記入間違いのないようにしておこう。

年収

生年月日と年収を比較して、申込者が年齢に見合った年収をもらっているかを判別される。

割賦販売法に基づいてショッピング枠のリボ払い・分割払いの上限金額を決める際にも参照される。

年収の低い学生や新社会人でも発行できるカードでは、年収項目の比重が高くないと推測される。

アルバイトやパートの場合、収入が安定しないと判断されて審査で不利になりやすいとされている。

ただし、アルバイトをしている学生や世帯収入に問題のないパート主婦であれば、審査に大きな影響がないと考えられる。

年収は高いに越したことはないが、年収が高くても審査に落ちることはある

上述の勤務先や勤続年数などと総合して、「安定して収入を得ている」と判断できるかどうかを見ている。

クレジットヒストリー(個人信用情報)

申込者が他のクレジットカードやカードローンで支払いの遅延をしたり、債務整理などの金融事故を起こしていないかを確認したりするため、クレジットヒストリー(個人信用情報)が確認される。

個人信用情報はJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターといった第三者機関が登録しているもので、主に以下のような情報が記録されている。

クレジットカードの申込状況

6か月以内に申し込んだクレジットカードの申込履歴。

取引情報

個人情報や契約日、支払い回数、利用残高など、今まで利用したクレジットカードやカードローンなどの取引情報。

債務の支払い遅延と延滞

クレジットカードやカードローンなどの債務で、支払い遅延や延滞がないか。

債権譲渡の有無

過去1年以内に債権譲渡が行われたか。

これらの情報を総合的に判断した上で、返済能力の有無が見極められる。

支払の遅延・延滞が1回あるだけでも審査において非常に不利になると考えて欲しい。

これは三井住友VISAカードに限ったことではなく、クレジットカードの審査やローンの審査など全てに共通することだ。

社内ブラックリストに入っていないか

第三者機関の個人信用情報だけでなく、社内ブラックリストも参照されると考えられている。

三井住友銀行グループのサービスとしては、プロミスモビットといったカードローンがあげられる。

これらのサービスを利用し、返済の延滞などトラブルを起こしてしまった場合は、事故情報として記録されている可能性が高い。

他にも、三井住友銀行グループで何らかの問題を起こしてしまった人は、カードの審査で不利になる可能性がある。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

審査に通るためのコツ

審査に通るためのコツ

審査では以上にあげた項目を中心にチェックされるが、審査をより通過しやすくするために気をつけておきたいポイントを見ていこう。

キャッシング枠は0円で申請する

クレジットカードのキャッシングとは、急にお金が必要になった時に現金を借りられる機能のことだ。

貸金業法における総量規制によって、年収の3分の1を超える借り入れが禁じられており、これはキャッシングにも適応される

消費者金融や銀行が提供しているカードローンや、他のクレジットカードのキャッシングで借り入れがある場合は、申し込むカードのキャッシング枠に制限がかかるとされている。

また、自動車ローンや教育ローンなどの無担保借入は総量規制の対象にはならないが、三井住友VISAカードの申込では申告することが求められる。

三井住友VISAカードはキャッシング枠の判断基準を独自に設けている可能性があると言えるのだ。

キャッシング枠を0円で申請することで、審査される項目を少しでも減らし、審査に通過しやすくできると考えられるのだ。

キャッシング枠は10万円、30万円、50万円、その他から選択できる。

申し込みでは「その他」を選択し、「キャッシング枠なし」にすればよい。

申し込み後に必要になった場合でも、キャッシング枠の付与申請を行うことができるので安心してほしい。

三井住友銀行の預金額を記入する

三井住友VISAカードの申込時に、任意で三井住友銀行の預金残高の記入が求められる。

三井住友銀行の口座を所有している人は、正しい金額を記入することをおすすめする。

他の銀行にも預金している場合は、三井住友銀行の残高のみを記入した方が無難だろう。

審査時に大きな差があると、嘘の申告をしているとみなされて審査で不利になる可能性があるためだ。

同時に複数のカードを申し込まない

通常であれば複数のクレジットカードが同時に必要になる状況は希のため、クレジットカードの同時申し込みはお金に困っていると判断されて審査で不利に働く可能性が高い

カードの申込履歴は個人信用情報に6か月間記録され、申告せずとも状況を把握されることとなる。

審査に通過するか不安なために複数のクレジットカードに申し込みたくなる気持ちは分かるが、審査への影響を考慮して別のカードへの申し込みは6か月待つことをおすすめする。

同時申し込みでないとしても、他社のクレジットカードに直近で申し込んでいる場合は、審査の通過有無に関わらず同様に期間を空けた方が良い。

同時に申し込んでしまうと最悪の場合すべてのカードで審査に落ちてしまい、結果的に1枚もカードを作れなかったということになりかねない。

他社での延滞・未払いがないか確認する

クレジットカードの利用金額を回収できないと、カード会社は損害を被ってしまう。

そのため、上述したように審査では収入の高い・低い以上に安定した返済能力の有無が重視される傾向にある

他社のクレジットカードやカードローンなどで延滞や未払いがある場合は、十分な収入があったとしても、返済能力が乏しいと判断されるだろう。

心当たりがある人は6か月程度クリーンな返済を継続し、個人信用情報を整えてから申し込んだ方が良いだろう。

審査期間とカード発行

審査期間とカード発行

三井住友VISAカードの公式ホームページによると、最短3営業日で審査が終了するとされている。

土日祝日と年末年始は除き、最短3日間で審査が完了した場合、カードが郵送で到着するまでに最短4日程度かかると考えられる。

三井住友VISAカードは郵便局の「本人限定受取郵便」で送付されるため、クレジットカード名義人が受け取る必要がある。

家族が代理で受け取ることはできないため、カード受け取り時には在宅していなければならないので注意が必要だ。

また、受取の際は以下のいずれかの本人確認書類が必要になる。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票の写し

なお、審査が最短3営業日と言えど、必ずその日数で審査が完了するということではない。

場合によっては3営業日を過ぎても、結果連絡がこないということがあるだろう。

そのような際は、三井住友銀行の審査状況照会ページを確認するとよい。

審査中と表示されている場合、まだ審査段階なので完了するまで待とう。

審査は怖くない

審査は怖くない

三井住友VISAカードは銀行系クレジットカードのため、審査が比較的厳しいとされている。

しかし、きちんと返済能力を示すことができれば、問題なく審査に通過できると考えてよいだろう。

審査では勤務先情報や年収の他に、クレジットヒストリー(個人信用情報)や社内ブラックリストの状況が参照される。

他のクレジットカードやカードローンで返済の延滞や金融事故があった場合は、審査に大きく影響してしまうため十分注意してほしい。

また、審査に通過しやすくするためのコツとして、キャッシング枠を0円で申請するというものがある。

三井住友VISAカードはキャッシングに対して独自の判断基準を設けている可能性があるため、緊急性がない限りは希望しない方が無難だろう。

同時に複数のクレジットカードに申し込まないのも非常に重要なポイントだ。

お金に困っているという印象を与えてしまうと、収入が十分でも審査で不利になってしまう可能性が高い。

審査期間は最短で3営業日とスピーディーだ。

審査に通過したら、カードの名義人が郵便物を受け取る必要があるので、本人確認書類を準備した上で待っておこう。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る