三井住友VISAカードの申し込み方法、必要書類まとめ!

Pocket
LINEで送る

三井住友VISAカードの申し込み方法

三井住友VISAカードを持ちたいと考えた場合、まずはじめにすることは申し込みだ。

その際、事前に申し込み内容を把握し準備しておくで、ミスなくスムーズに申し込みを行うことが可能だ。

本人確認書類の提出を求められるため、事前に用意しておくことでさらに効率よく申し込みができる。

申し込みは方法は郵送とネット申し込みに対応しているが、いつでも・どこからでも可能なネット申し込みがおすすめだ。

本記事では、三井住友VISAカードの申込方法や必要書類について解説する。

三井住友VISAカードの特徴

三井住友VISAカードの特徴

三井住友VISAカードは創業40年以上の老舗カード会社である「三井住友カード株式会社」が発行するクレジットカードだ。

国内外で使用できる日本初のVISAカードとして作られたもので、信頼性とステータス性も高い

国内の会員数は2,400万人以上で非常に人気が高いカードの一つである。

「三井住友VISAクラシックカード」「三井住友VISAデビュープラスカード」「三井住友VISAエグゼクティブカード」「三井住友VISAゴールドカード」「三井住友VISAプラチナカード」など様々な種類を展開しており、自分に最適なカードを選択することが可能だ。

VISAは世界でもトップシェアを誇る国際ブランドのため、国内外を問わず利用できる店舗がもっとも多いのがメリットだ。

また、国内・海外旅行傷害保険をはじめとする付帯サービスも充実しているため、支払い時以外での利便性も高い。

プライベートでもビジネスでも安心して利用できる、優れたクレジットカードであると言える

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

ネットで申し込みがおすすめ

ネットで申し込みがおすすめ

三井住友VISAカードの申込は書類の郵送にも対応しているが、インターネットで申し込む「らくらく発行」がおすすめだ。

インターネット経由で申し込むと初年度の年会費が無料になるキャンペーンが適用されるカードがあるためだ。

また、最短3営業日で発行することができスピードも早められる。

申し込みフォームに記入漏れがあった場合にエラーが表示されるので、書類の郵送よりも申し込み上のミスを防ぎやすいというメリットもある。

以上のことから、24時間いつでもどこでも利用できるインターネット申し込みを選ぶべきだろう。

申し込み手順

申し込み手順

以下でインターネットでの申し込み方法について解説していく。

1.公式サイトにアクセス

まずは、三井住友VISAカードの公式サイトにアクセスしよう。

ページをスクロールするとカード一覧が表示されるので、申し込みたいカードを選択。

説明内容を確認し、問題なければ「お申し込みはこちら」ボタンをクリックする。

すると会員規約が表示されるので、異議がなければ「同意する」ボタンをクリックしよう。

2.申し込み内容を記入

申し込みフォームでは、以下の情報の記入が求められる。

事前に把握して、正しい情報を記入できるよう準備しておこう。

個人情報

  • 氏名(ふりがな)
  • 生年月日
  • 性別
  • 自宅郵便番号
  • 現住所(ふりがな)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 世帯家族
  • 職業

住居等の情報

  • 住居形態
  • 居住年数
  • 利用代金支払い口座

勤務先等の情報

  • 勤務先名(ふりがな)
  • 部署名
  • 役職名
  • 入社年月
  • 年収

勤務先詳細情報

  • 勤務先郵便番号
  • 勤務先住所(ふりがな)
  • 勤務先電話番号
  • 資本金
  • 従業員数

借り入れについての情報

  • 借入状況
  • 借入希望枠(キャッシング枠)

運転免許証情報

  • 運転免許証の有無
  • 運転免許証番号

その他

  • 預貯金額
  • 毎月の支払いについて
  • 希望のカードブランド
  • 取引を行う目的
  • 支払日
  • 暗証番号

運転免許証番号は本人確認のために使われるため、ミスなく記入しよう

また、勤務先は在籍確認の際にも参考にされる。

虚偽の勤務先を記入し在籍が確認できなかった場合は審査に通過できない可能性が高くなるだけでなく、ペナルティが科せられる可能性もあるので正直に答えてほしい。

3.引き落とし口座を設定

引き落とし口座の設定では、「銀行・金庫・組合」もしくは「ゆうちょ銀行」から選択できる。

以下の情報の記入が求められるため、事前に通帳やカードを用意してスムーズに入力できるよう備えたい。

  • 金融機関名
  • 支店・出張所名
  • 預金科目
  • 口座番号

4.審査

審査では「安定した収入があるか」という点と「返済能力があるか」がチェックされる。

申し込みフォームに記入した内容以外にも、個人信用情報を参照して総合的に判断される。

個人信用情報とはJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターといった第三者機関に登録されているものだ。

ここにはクレジットカードの申込状況や債務の支払い状況、返済状況などが記録されている。

もし、他のクレジットカードやカードローンなどで返済の延滞や未払いがあった場合は、返済能力がないと判断される可能性が高い

審査結果にも大きく影響するので、支払い状況に問題がないか改めて振り返ることをおすすめする。

5.在籍確認

三井住友VISAカードから勤務先に在籍確認の電話連絡がくる可能性がある。

全員が対象となる訳ではないが、個人信用情報に登録されている勤務先情報と異なる内容で申告した場合や、情報が一切登録されていないというケースで確認されることが多いようだ。

在籍確認ではカード会社名や電話連絡の意図が説明されることがないので、上司や同僚に知られる心配はない。

外出中などで対応できなかった場合でも、取次担当者との会話で在籍が確認できたらそれで終了となる。

6.親権者同意確認(未成年のみ)

未成年者の場合は親権者宛てに電話連絡がくる。

親権者が申し込みに同意しているかを確認するためなので、事前に親へ共有し同意を得ておくようにしよう。

7.カード発送

審査が完了したら、いよいよカードが発送される。

三井住友VISAカードは「本人限定受取郵便」で郵送されるため、申込者本人が受け取る必要がある。

その際、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の提出が求められるので、事前に準備しておこう。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

必要書類

必要書類

三井住友VISAカードの申し込みでは、本人確認書類として以下のいずれか一点の提示が求められる。

  • 運転免許証
  • 運転経歴書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票の原本または写し

運転免許証もしくは運転経歴書であれば、入力フォームに番号を入力するだけで申し込めるので便利だ。

また、クレジットカード代金を引き落とすための口座番号の記入も求められるので、申し込み前に用意しておこう。

年収証明書類は必要?

クレジットカードで現金を借りるためのキャッシング枠を希望する場合、以下の条件に該当すると年収証明書類が必要になる。

  • 本借入希望枠と他の貸金業者(クレジットカード会社、信販会社、消費者金融会社など)を含めた借入残高の合算が100万円を超える場合
  • 三井住友カードのローンの利用残高とすでに所有しているカードのキャッシング利用枠もしくは本借入希望枠の合計が50万円を超える場合

年収証明書類は以下のものが認められている。

  • 給与所得の源泉徴収票(公的年金などの源泉徴収票を除く)
  • 給与の支払明細書(直近2ヵ月分)
  • 確定申告書第一表(控え)(税務署の受領印があるもの)
  • 納税通知書(収入もしくは所得金額の記載があるもの)
  • 所得証明書(収入もしくは所得金額の記載があるもの)
  • 年金証書(年金額の記載があるもの)
  • 年金通知書(年金額の記載があるもの)

個人事業主の場合は、上記に加えて確定申告書B第一表(控え)と、青色申告決算書(控え1ページ目)もしくは収支内訳書(控え1ページ目)を提出しなければならない。

キャッシング枠は0円がおすすめ

キャッシング枠は0円がおすすめ

キャッシング枠は急にお金が必要になった時に便利ではあるが、緊急性がない限りはキャッシング枠無しで申し込むことをおすすめする

貸金業法の総量規制では年収の3分の1を超える借金が禁止されており、キャッシングもその対象となる。

他のクレジットカードやカードローンで借り入れがある場合は、申し込むカードのキャッシング枠にも規制がかかるのだ。

三井住友VISAカードでは自動車ローンや教育ローンといった無担保借入の申告も求められる。

無担保借入は総量規制の対象ではないため、三井住友VISAカードは独自の判断基準を設けている可能性がある。

そのため、キャッシング枠を0円で申請し余計な審査項目を増やさないことで、審査に通過する可能性を少しでもあげることができる

収入証明書類の提出も求められず、審査から発行までのスピードもアップすると考えられる。

キャッシングを利用したくなった場合は、発行後に付与申請を行うとよい。

発行期間の目安

発行期間の目安

三井住友VISAカードの公式ホームページには、最短3営業日(土日祝日・年末年始は除く)で審査が完了すると記載されている。

そのため、カードが発行されて手元に届くまでに4日~1週間程度かかると考えておくとよいだろう。

審査期間は最短3営業日であるが、それ以上かかる場合もある。

三井住友銀行ホームページの審査状況照会ページを確認すると、審査段階を把握することができる。

審査中と表示されている場合はもうしばらく結果の連絡を待ってみよう。

同時申し込みは避ける

同時申し込みは避ける

クレジットカードの申し込み状況は、個人信用情報に6か月間記録される。

同時に複数のカードに申し込みをしていると、年収が十分でもお金に困っているのではないかと疑われる可能性が高い

そうすると、審査に不利に働いてしまうのだ。

審査に通過するか不安でも一度にたくさんのカードに申し込むのは避けて、6か月間は期間をおくべきである。

ネットから簡単申し込み

ネットから簡単申し込み

三井住友VISAカードの申し込みはインターネットで行うことが可能だ。

年会費が初年度無料になるキャンペーンが実施されているカードもあるため、インターネット申し込みを活用しよう。

名前や勤務先といった個人情報の他に、他社の借入状況や預貯金の記入が求められる。

嘘の情報を記載すると審査に落ちるだけでは済まず、ペナルティが科される可能性もあるので注意しよう。

本人確認書類として運転免許証を用意できれば、書類を送付する必要がないので便利だ。

キャッシング枠を希望すると条件によって収入証明書類の提出が求められる場合があるので、緊急性がなければ0円で申請することをおすすめする

審査は最短3営業日で、スムーズにいけば4日から1週間程度でカードが手元に届くはずだ。

速やかにカードを入手するためにも、申し込み時の入力ミスには十分注意しておこう。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る