エポスカードに関する問い合わせ先、方法、注意点まとめ。紛失・盗難時はまずは電話を!

Pocket
LINEで送る

エポスカードに関する問い合わせ先
年会費永年無料で付帯特典も豊富なエポスカードを利用している人は多いだろう。

しかし、使用する中で使い方や支払い方法、付帯サービスなどに不明点が生じ、問い合わせたいということもあるのではないか。

ここでは、エポスカードに関する問い合わせ方法や対応内容、注意点などを紹介する。

エポスカードの問い合わせ先

エポスカードに関する問い合わせは、電話やメール、インターネットを利用する方法がある。

問い合わせを行う際は、事前に契約しているエポスカードを準備しておこう。

では、それぞれについて詳しく解説していく。

電話での問い合わせ(一般)

エポスカードの利用に関する問い合わせは、エポスカスタマーセンターで受け付けている。

連絡先と対応時間は以下の通りだ。

エポスカスタマーセンター


東京:03-3383-0101
大阪:06-6630-0101

受付時間:9:30~18:00
※1月1日休業
※エポスゴールドデスクの問い合わせは、エポスゴールドカードの裏面に記載

フリーダイヤルではないため、自分の居場所から近い方の問い合わせ先に電話しよう。

中でも、以下に関する問い合わせは24時間自動応答サービスで受け付けている。

  • 利用可能額
  • 支払金額
  • 利用残高
  • リボ変更(一部)
  • ポイント照会

問い合わせ先に電話すると、まずは自動ガイダンスで案内が流れるため、該当の質問の番号を選択して進んでいこう。

電話での問い合わせ(紛失・盗難)

エポスカードを紛失したり、盗難の被害にあった場合は早急にエポスカード紛失受付センターへ連絡する必要がある。

連絡先は以下の通りだ。

エポスカード紛失受付センター
日本:03-5340-3333

海外:こちらを参照
受付時間:24時間受付

届け日を含め61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償してもらえる。

なお、紛失・盗難が発生した場合は警察もしくは交番にも届け出よう。

メールでの問い合わせ

エポスカードにメールで問い合わせる場合は、事前に「よくある質問」を確認した上で問い合わせフォームから送信することになる。

問い合わせフォームのURLはこちら

入力内容は住所の都道府県名、氏名、カード番号、電話番号、メールアドレス、問い合わせ内容となっている。

なお、以下の情報はメールで問い合わせることができないので、電話を利用するようにしよう。

  • 登録情報の照会、変更
  • 引落口座の変更
  • 利用または支払状況の照会
  • 支払の相談
  • カード利用の可否
  • カードの紛失・盗難
  • 個人情報保護等の観点からメールで答えられないもの

メールでの問い合わせの場合は回答に1週間程度かかる可能性がある。

早急に回答を知りたい場合は、電話に問い合わせるとよい。

また、受信ドメイン設定を行っている場合は、あらかじめ「eposcard.co.jp」「01epos.jp」のドメイン登録を行っておこう。

エポスカードセンターでの問い合わせ

マルイ系列店の各店舗にあるエポスカードセンターでも問い合わせを受け付けている。

なお、エポスカードVisa(シルバー/レッド)、エポスゴールドカード以外の名義変更は、エポスカードセンターで受け付けていないので、エポスカスタマーセンターに電話しよう。

エポスカードセンターのある店舗はこちら

会員サービス「エポスNet」で確認

以下の内容はインターネット会員サービス「エポスNet」で簡単に確認できる。

  • 支払予定額照会
  • 利用可能額照会
  • 利用履歴照会
  • 自宅住所、電話番号の変更
  • 支払履歴照会
  • エポスポイントの照会

以下の「エポスNet」にアクセスし、エポスNet IDとパスワードを入力すればログインできる。
エポスNetログイン

まだ登録していない場合は、無料で会員登録できる上に250ポイントがプレゼントされるので、この機会に登録を済ませておこう。

これらの情報は電話で問い合わせるよりもスピーディに調査できるので、手間を省くためにも積極的に活用してほしい。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費 無料
還元率 0.5%
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランド VISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

問い合わせでの注意点

問い合わせでの注意点

電話やメールで問い合わせる前に、必ずエポスカード公式サイトにある「よくある質問」を確認するようにしよう。

よくある質問のリンクはこちら

カードの変更手続きや支払いについて、キャッシングや海外での利用、ポイント・優待についてなど、ユーザーからよく寄せられる質問がカテゴリーごとに網羅されている。

カテゴリーが詳細に分かれており、キーワード検索もできるため、目的の質問を見つけるのは難しくないだろう。

電話やメールで問い合わせるのは回答に時間がかかる可能性があり、手間もかかるため、よくある質問を有効活用して効率的に疑問を解決しよう。

エポスカードのよくある質問

エポスカードのよくある質問

では、実際に掲載されているよくある質問の一例を紹介しよう。

このように詳細に回答がなされているため、きっと役に立つはずだ。

Q:エポスカードの締め日・支払日はいつですか?

A:お客さまのお支払日によって締め日・支払日が異なります。

・27日払いの場合、前月の28日から今月27日までのご利用が、翌月27日のお支払いになります。

・4日払いの場合、前月の5日から今月4日までのご利用が、翌月4日のお支払いになります。

Q:エポスカードの限度額を変更(増額)することは可能ですか?

A:お客様のご要望による恒常的なショッピングご利用可能枠の増枠は承っておりません。

「ショッピング1回払いのご利用可能枠を一時的に増額するサービス」をご用意しております。

ご利用可能枠の上限は、結婚式(ブライダル)のご利用の場合、ご利用可能額を400万円までご希望いただけます。

その他の目的でご利用になる場合は、現在のご利用可能枠の2倍、または現在のご利用可能枠+100万円のうちどちらか少ない金額までご希望いただけます。

サービスのお申し込みは、エポスNetの「各種お申し込み(オプションサービス)」からお手続きいただけます。

Q:エポスカードに海外旅行傷害保険はついていますか?

A:Visaのついているエポスカードをお持ちのかたには海外旅行傷害保険が自動付帯されております。

ご出発前のお届けやお手続きは一切不要です、エポスカード(クレジットカード)をお忘れなくお持ちください。

Q:海外でキャッシング利用はできますか?

A:Visaつきのエポスカードをお持ちのかたは、現地の空港や繁華街に設置されているVisaもしくはPLUSのマークがあるATMで、現地通貨をキャッシングをご利用いただけます。

※キャッシングのご利用可能枠でのご利用となります。 
※キャッシングの利息(実質年率18.0%)がかかります。
※ATM手数料(ご利用金額1万円以下:100円(税別) 1万円超:200円(税別))がかかります。

よくある質問を確認の上、問い合わせを

エポスカードに関する問い合わせ
エポスカードの問い合わせは電話、メールで受け付けられている。

個人情報が関わる質問はメールで受け付けられていないので、注意しよう。

また、紛失・盗難に関しては早急に「エポスカード紛失受付センター」に連絡し、補償などの対応を受ける必要がある。

一般的な質問に関しては、すぐに電話やメールで問い合わせるのではなく、公式サイトの「よくある質問」を確認することを優先してほしい。

カテゴリーごとに詳しい回答がなされているため、電話などで問い合わせるよりも素早く回答を得ることが可能だ。

また、エポスカード公式サイトにも基本的な情報が網羅されているので、インターネットで検索してみるとよいだろう。

自宅住所の変更やポイント紹介といった手続きは、会員サイト「エポスNet」で行うことができる。

新規登録で250ポイントがプレゼントされるので、登録しておくことをおすすめする。

今回紹介した内容を参考に、問い合わせの対応を検討してほしい。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費 無料
還元率 0.5%
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランド VISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る