クレジットカードのメリット・デメリットとは?

Pocket

 今回はクレジットカードのメリット・デメリットを一挙に紹介していく。

できる限りたくさんの内容を簡潔に紹介していくので、今後クレジットカードを作る人、クレジットカードをさらに有効活用したいと考えている人には、是非参考にしてもらいたい。

結論から言うと、クレジットカードは正しい使い方をすればメリットの方が断然多いということだ。

上手にクレジットカードを活用する人が得をする時代がきているのだ。

クレジットカードのメリット

まずはクレジットカードのメリットから紹介していこう。

現金いらず

現金を持ち歩かなくて良いというのはクレジットカードの大きなメリットだろう。

特に、高額な買い物をする際に、現金を用意してから店頭に向かうのは手間がかかる。
さらに、多額の現金を持ち歩くのはリスクになる。
それらを回避できるのはクレジットカードカードの強みだ。

ポイント還元

カードの利用額に対して、大体0.5〜2.0%のポイントが還元されるのもクレジットカードの大きなメリットだ。

単純に、100万円の商品を現金で購入した場合と、ポイント還元率1%のカードで購入した場合では、1万円分差がつくことになる。

カードの利用が多くなればなるほどお得になる仕組みだ。

付帯サービス

クレジットカードには以下のようなサービスが付いていることが多い。

・空港のラウンジが利用できる
・特定の商業施設で割引が適用される
・チケットが優先的に入手できる
・ロードサービスが受けられる

クレジットカードを利用せずとも持っているだけで良いというサービスも多く、まさに「持っていて損はない」アイテムだといえる。

スマートさを演出する

現金レスに近いものがあるが、スマートに支払いができるのもクレジットカードの魅力である。

クレジットカードでの支払いは、プライベードからビジネスシーンまで、幅広くスマートさを演出できる。

例えば、テーブル会計をする際に、カード1枚とサインで支払いを済ませれば、それだけで好印象を与えることも可能だろう。

信用情報を蓄積できる

クレジットカードを利用し、遅延などなくきちんと支払いを継続すると、「信用情報」が蓄積される。

いわば、「この人には支払い能力があります」という証明のようなものだ。

個人の信用情報は「クレジットヒストリー」とも呼ばれ、ローン審査などで見られる。

信用情報が蓄積されているとローン審査などが有利になると言われているのだ。

公共料金の支払いに利用できる

公共料金は通常だと口座振替、またはコンビニ払いが主流だろう。

クレジットカードは公共料金の支払いにも利用でき、毎月必ず出て行く出費なので、継続的にポイントを貯めていくことができるのが強みだ。

交通系クレジットカードのオートチャージ機能が便利

「交通系クレジットカード」という限られたジャンルにはなるが、交通系電子マネー(SuicaやPASMO)へのチャージを自動化できる。

そして、チャージが自動化できるだけでなく、ポイントがつくのも大きなメリットだ。

SuicaやPASMOなどを利用しており、利用頻度が高く、チャージが面倒という人にはおすすめだ。

クレジットカード利用明細が家計簿代わりになる

ほとんどのクレジットカードでは利用明細をネットから閲覧できるため、家計簿代わりに利用する人も少なくない。

さらに、上記で紹介したように、公共料金の支払いをクレジットカードで行なっていれば、月々の固定費もクレジットカードの利用明細で管理可能だ。

ネットショッピングの支払いがスムーズに、かつお得に行える元

Amazonなどのネットショッピングで「代金引換」、「銀行振込」、「コンビニ払い」などで支払いをすると、「手数料」がかかることが多い。

クレジットカードで支払いをすれば「手数料」はほどんどの場合かからない。

また、クレジットカードは一度登録すれば、次回の支払いからはクリック操作のみで支払いが完了することがほとんどのため、支払いをスムーズに行うことができる。

ネットショッピングの利用回数が多い人にはクレジットカードによる支払いがおすすめだ。

海外のショッピングでお得

海外でショッピングをする際は、「日本円→現地通貨」という外貨両替が必要になる。
そして、外貨両替をする際には手数料が発生する。

実は多くの場合が、外貨両替をするよりもクレジットカードの海外ショッピング手数料の方が安くつくのだ。

海外でショッピングをする機会が多い人にはクレジットカードによる支払いがおすすめだ。

現金の手持ち以上の買い物ができる

これは、メリットでもありデメリットでもあると言えるかもしれないが、クレジットカードは支払いを先送りしたり、分割払いができるため、現金の手持ち以上の買い物をすることができる。

使い方を誤ると大変なことになってしまうが、将来確実な収入の見込みがあれば、一旦クレジットカードで支払いを行い、先に商品を手に入れることができるのは大きな魅力だ。

クレジットカードのデメリット

次に、デメリットもきちんと紹介していこう。

使い過ぎてしまう

「現金いらず」というクレジットカードのメリットは、裏を返せば、現金が減らないため「お金を使っている感覚」がないまま買い物をしてしまうということにもなる。

こういった事態を避けるためにも、クレジットカードを利用する場合は「利用明細」できちんと収入と支出のバランスを見ていく必要があるだろう。

不正利用のリスクがある

クレジットカードは盗難やスキミング(クレジットカードデータの抜き取り)などによって不正に利用されてしまう可能性がある。

特にスキミングなどのリスクは「現金」にはないリスクだといえるだろう。
しかし、安心してほしい。

大体のクレジットカードには補償機能が備わっており、不正利用ということが明確であれば支払いを行う必要がないのだ。

限度額がある

これはデメリットというよりも、クレジットカードの仕組みといえるが、一応紹介しておこう。
クレジットカードは発行時に「限度額」が設定され、限度額に達するとそれ以上の利用が出来なくなる。
ある意味ではこの限度額という機能が過度な「使い過ぎ」の防止に役立っているのも事実だろう。

クレジットカードを上手に利用して日々をお得に!

クレジットカードのメリット・デメリットを一挙に紹介したが、いかがだっただろうか?

ここで、下記の調査結果を見てほしい。

 ・クレジットカードの発行枚数:約2億7千万枚(2017年3月末時点)
 ・1人当たりの保有枚数(成人人口比):2.6枚
(*1)

クレジットカードの発行枚数がここまで多いことを知っていただければ、メリットの方が多いということは理解いただけると思う。

以下は初めてクレジットカードを作る際におすすめの1枚だ。
これからクレジットカードを作るという人には合わせて参考にしてほしい。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でポイントは高還元なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費 無料
還元率 1.0%~2.0%
キャンペーン 入会後6ヶ月間は還元率2倍
koushiki-200-40
shousai-95-40

*1 一般社団法人 日本クレジット協会

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る