アメックスの返品保証リターン・プロテクション

Pocket
LINEで送る


アメックス発行のカードは、ステータス性の高いカードとされ、サービスも充実している。

そんなアメックスカードならではのサービスとして、リターン・プロテクションというものがある。

リターン・プロテクションは、対象カードで購入した商品について、条件を満たした場合、購入店に代わりアメックスが返品・返金を肩代わりするというものだ。

条件としては、リターン・プロテクション付帯のカードでの購入、未開封で故障・破損がない、購入後90日以内などがある。

これは、他のカードにはないアメックス独自のサービスとして、アメックスカードのメリットとなっている。

実店舗のある小売店などでは、通常、商品に不備がない場合の返品は受け付けてもらえない。

ネットショップでは、一部商品で返品返金補償サービスをおこなうこともあるが、そういったサービスのある店舗や対象商品は限られている。

しかし、リターン・プロテクションであれば、そういった場合も返品返金を受け付けてもらえるのだ。

また、海外で購入した商品も対象となるため、海外旅行の際の安心感もある。

ある程度の金額の買い物では、必要なときにリターン・プロテクションを利用できるよう、あらかじめ条件を確かめておくと良いだろう。

本記事では、リターンプロテクションの仕組みから適用条件、どういったときに適用されるのか、具体例をあげて解説する。

リターン・プロテクションの仕組み

リターン・プロテクションは、アメックスカードのセキュリティサービスのひとつ。

対象カードで購入した商品について、未使用かつ購入店に返品できない場合、購入後90日以内であれば返品および返金をアメックスが肩代わりするというサービス。

同サービスは実店舗のある小売店だけでなく、通信販売で購入した商品にも適用される。

条件を満たせば、海外で購入した商品についても、日本円相当額が払い戻しされる。

返品返金手続きの流れ

リターン・プロテクションのサービスの利用手続きの流れは下記の通り。

  1. 商品購入後90日以内にリターン・プロテクション係に申込用紙を請求する。
  2. 申込用紙と必要書類(領収書・カードの売上票控え・その他必要書類)を添えて返送する。
  3. 承認後30日以内に、購入商品を指定の宛先に返送する。

リターン・プロテクションの適用条件

リターン・プロテクションが適用される条件は、下記の通り。

  • 返品したい商品が未使用かつ、故障・損傷がない
  • 購入後90日以内に申請している(通信販売の場合は、商品受領日から90日以内)
  • 購入した商品にリターン・プロテクション以外の保証・保険が適用されない
  • 購入した商品と同額、または同額以上が返金される返品規定が定められていない

また、返金金額の上限として下記が定められている。

購入した商品が5,000円未満相当の場合には適用されない。

  • 1商品につき最高3万円まで
  • 年間15万円相当(家族カードも含む)

付帯するカードと年会費

リターン・プロテクションが付帯するアメックスのカードは以下の通り。

  • アメリカン・エキスプレス®・カード 年会費12,000円+税
  • アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード 年会費29,000円+税
  • アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード 年会費31,000円+税
  • ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード 年会費31,000円+税
  • ANA アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード 年会費150,000円+税
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・カード 年会費12,000円+税
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード 年会費26,000円+税
  • ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス®・カード 年会費14,000円+税
  • スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード 年会費31,000円+税
  • ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード 年会費29,000円+税
  • アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カード  年会費26,000円+税

付帯しないカードと年会費

以下のカードは、アメックスのカードではあるが、リターン・プロテクションを使えない。

  • アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード  年会費10,000円+税
  • ANAアメリカン・エキスプレス®・カード 年会費7,000円+税
  • アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 年会費35,000円+税

対象外の商品

リターン・プロテクションが適用されない商品の種類としては、下記がある。

  • 動物および生きている植物
  • 骨董品、美術品、特注品、名入れした品、毛皮など、同じものが二つとない商品
  • 全額をカードで支払っていない商品
  • 閉店セールの商品
  • 消耗品および生鮮食品
  • 貴金属および宝石
  • サービス(取付費用、保証料、送料、または会費なども含む)
  • 希少硬貨
  • 使用済み、組立て済み、修繕済みの商品
  • 携帯電話
  • 自動車、オートバイ、モーターボート等、原動動機で動く乗用具、その部品及び付属品(カーナビシステム、AV機器等)
  • 土地および建物
  • 有価証券(約束手形、切手、および旅行小切手等)
  • 現金、現金同等物、およびチケット類
  • オーディオ、ビジュアル、およびパソコン等のソフトウェア、オンラインコンテンツ、書籍
  • ヘルスケア商品
  • 家、事務所、乗り物に恒久的に取り付ける商品(車庫開閉装置、車の警報装置等)

適用事例

リターン・プロテクションが適用されるか適用されないかを、具体的な例をあげて見ていく。

適用される例

具体的な例として、下記のようなケースではリターン・プロテクションが適用される。

事例1:海外で購入した商品

海外旅行で行ったフランスのショップで、2万5,000円のニットを、リターン・プロテクションが付帯したアメックスカードで購入した。

一週間後に帰国して自宅で試着したところ、ショップで見た時とイメージが違ったため、返品したいと考えた。

→未使用で故障・破損がなければリターン・プロテクションが適用されるため、90日以内に手続きを行えば、2万5,000円相当の日本円が払い戻しされる。

事例2:通販で購入した商品

通信販売のサイトから、1万8,000円の炊飯器をリターン・プロテクションが付帯したアメックスカードで購入した。

購入してから三日後、知人の結婚式二次会のビンゴ大会で炊飯器を当てたため必要なくなり、返品したいと考えた。

通信販売のサイトに問い合わせた所、未使用でも返品はできないと言われた。

→未使用で故障・破損がなければリターン・プロテクションが適用されるため、90日以内に手続きを行えば、1万8,000円が払い戻しされる。

事例3:国内で購入した商品

都内のインテリアショップで、2万7,000円のテーブルを、リターン・プロテクションが付帯したアメックスカードで購入した。

自宅に届いたが、想定よりも大きかったため返品したいと考え、インテリアショップに問い合わせたところ、未使用でも返品はできないと言われた。

→未使用で故障・破損がなければリターン・プロテクションが適用されるため、90日以内に手続きを行えば、2万7,000円が払い戻しされる。

適用されない例

具体例として、下記のようなケースでは、リターン・プロテクションは適用されない。

事例1:閉店セールでの購入

ブランドショップの閉店セールで、リターン・プロテクションが付帯したアメックスカードで2万6,000円のスーツを購入した。

購入後にサイズが合わないことが分かったため、返品したいと考えた。ブランドショップに問い合わせたところ、返品はできないと言われた。

→閉店セールで購入した商品はリターン・プロテクションの適用対象外となるため、商品の返品・購入代金の払い戻しはされない。

事例2:購入後90日以上経った商品

2万円の組み立て式本棚を、リターン・プロテクションが付帯したアメックスカードで家具店で購入した。

購入後に仕事が忙しくなり組み立てる時間がなかったため、未開封のまま自宅に置きっぱなしで4ヶ月が経過した。

「やっぱり必要ないかも」と考え、家電量販店に問い合わせたところ、返品できないと言われた。

→購入後90日を過ぎた商品はリターン・プロテクションの適用対象外となるため、商品の返品・購入代金の払い戻しはされない。

事例3:生鮮食品

家族の誕生日に皆で食べようと、9,800円分の牛ステーキ肉を、リターン・プロテクションが付帯したアメックスカードで通信販売で注文した。

購入したその日の夜に、お歳暮で牛ステーキ肉が自宅に届いた。

注文のキャンセルをしようと問い合わせたところ、すでに発送準備をしているためキャンセルはできないと言われた。

→生鮮食品はリターン・プロテクションの適用対象外となるため、商品の返品・購入代金の払い戻しはされない。

買い物のリスク軽減に役立つ

リターン・プロテクションは、適用条件はあるものの、アメックスならではの丁寧なサービスだ。

海外での買い物、返品不可の商品も、条件さえ満たせば返品返金が可能なので、買い物の範囲が広がるだろう。

他のクレジットカードにはないアメックス独自のサービスなので、アメックスカードを持っている人は一度確認してほしい。

また、カードで買い物をする機会が多い人は、ぜひリターン・プロテクション付帯のアメックスカードを検討してみてほしい。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。