要確認!アコムマスターカード申し込み前に抑えておきたい申し込み手順、在籍確認や必要書類について

Pocket

★申し込み書にどういった項目がありどのような内容を記載するとよいのか。

アコムマスターカードは、店頭や郵送から申し込むことも可能ですが、今回はWebで申し込んだ場合、どのような項目があり、どのような内容を記載すると良いのかを見ていきます。

■お客さま情報を入力

申し込み画面(お客様情報)

・氏名 フリガナ
・旧姓・・・結婚などで苗字が変わっている場合は、旧姓ありにします。
旧姓での借金がある場合がありますので、それを審査するためです。
名前が変わったからといって、借り入れがなかったことになるわけではありませんので注意が必要です。
・生年月日
・性別、独身 既婚・・・一般的にクレジットカードの審査では既婚の方が審査条件は有利と言われています。支払いを確実に回収するという観点で見た場合、既婚である方が職業が変わりにくいなどの特徴があるためです。

ただし、ここが独身だからといって、必ずしも評価が下がる訳ではありませんので、正直に記入してください。

・メールアドレス・・・携帯電話のアドレスもOKです。

■ご自宅情報を入力

申し込み画面(ご自宅情報)

・郵便番号
・自宅住所・・・これは、身分証明書と同じ住所を記載します。
身分証明書と現住所が異なる場合は、身分証明書に現住所の変更手続きを行ってからお申し込みください。身分証明書と現住所が異なる場合は、本人の証明にもなりませんので、現住所を必ず書いてください。

・携帯電話番号 電話の名義人・・・本人の名義であることが重要です。
・自宅電話番号 電話の名義人・・・家族名義でも良いですが、固定電話があるほうが一般的には有利とされています。

・住居種類・・・住居の種類は、自己所有の一戸建てやマンションが一番有利とされています。単身者の賃貸住まいが不利な理由は、自己所有のほうが引っ越しする手間がかかりすぎるので、行方不明、連絡不通になりにくいことです。単身者の賃貸住まいのほうが可処分所得が多いケースがありますが、それでも自己所有の住宅のほうがアコムマスターカードにとっては有利となります。

・入居年月日・・・入居年月日が古いほうが有利です。賃貸の場合は、何度も契約更新を行っている長い年数を住んだほうが、更新が信用を積み重ねている根拠となり、有利となります。

・家賃、住宅ローン・・・住宅ローンや家賃の負担がないほうが、可処分所得が多くなるので有利です。本人または配偶者の居住費を負担しているかどうかを選択します。

・ご本人を含む家族人数・・・家族が多いほうが有利です。その分だけ、引っ越ししにくいと考えられるからです。
・うちお子様の数・・・子供がいて学校に通っている方が、連絡不通になりにくいため、歓迎される傾向があります。独身者のほうが可処分所得は多いですが、それでも家族持ちのほうが、審査としては有利になります。

■お勤め先情報を入力

この項目は申込者の本人の情報を記入します。家族や配偶者の情報ではない点に注意しましょう。裏返せば、ここに記入することができない(本人が働いていない)場合は申し込みすることができません。

申し込み画面(お勤め先情報)1

・会社名・・・株式会社なども正式名称を書きます。パート・アルバイトの場合は、パートやアルバイト先を入力します。また、派遣社員の場合は、派遣元の会社を入力します。
・会社名フリガナ
・所属部署・・・任意です。
・勤務先郵便番号・・・任意です。
・勤務先住所・・・スペース無しで、ビル名までしっかりと入力します。
・勤務先電話番号・・・自分の座席につながる電話番号を入力します。

申し込み画面(お勤め先情報)2
・社員数・・・およその会社規模を入力します。覚えていなければ大体でも構いません。予め確認しておいた方がいいでしょう。
・事業内容・・・該当する業種を選択します。
・入社年月日・・・古い従業員ほど有利です。逆にいくら大手企業でも、転職た直後だと不利になることがあります。

アコムマスターカードをはじめとするカード会社は、安定した返済を求めるので、収入がたとえ低くても、安定していることを評価するからです。

それを考えると、転職を視野に入れている人は、転職前の勤続年数で申し込むほうが有利です。転職してから申し込むと、特に転職直後は、定着性がないと判断される場合もあります。

・勤務形態・・・正社員のほうが有利です。また、契約社員などもその次に有利です。ですが派遣社員の場合は、派遣先に最大3年しかいられないため、雇用期間の定めのないパートやアルバイトのほうが有利になるケースもあります。しかし派遣社員のほうがトータルの収入は多いこともあって、ここはケースバイケースです。

とはいえ、アコムマスターカードは最低限継続した安定した収入があることを第一条件にしているので、勤務形態は他のクレジットカードに比べると厳しくチェックはされていないと考えられます。パート・アルバイトでも十分でしょう。

・収入形態・・・固定給または歩合給かを選択します。カード会社は安定した返済を希望しているため、固定収入がある方が有利となります。歩合は一時的に給与が増えるケースもありますが、それだとどうしても不安定だとみなされてしまいます。

パートやアルバイトの方でも、固定収入があれば大丈夫です。

・収入・・・ここは、正直に記入しましょう。大体の勤務先と、勤務年数と年齢から、年収の予測がつくのです。また税込み年収で構いませんので、交通費は除外してください。
・給料日
・保険証の種類・・・社会保険に入っている方が有利です。身分証明書の代わりにもなります。
・保険証区分・・・扶養に入っている場合は、扶養を選択してください。
・休日・・・休日は任意です。いつが休みであっても審査にはあまり関係はありません。

■他社借り入れ状況について

申し込み情報でも最も重要な項目です。なお、ここで記載した借り入れ情報は信用情報機関で確認することができるので、嘘の項目を記入すると100%バレます。正直に記入するほかありません。もし不安があれば、アコムの相談窓口に連絡してみると良いでしょう。
申し込み画面(その他情報)
・他社借り入れ 借入件数・・・他社の借り入れは、あまりに多くから借り入れている場合は、審査で落ちる可能性が高いです。複数社から借り入れしてる場合は、おまとめローンなどを使って、借り入れを一本化しておくことをおすすめします。

・他社借り入れ 借入総額・・・年収の1/3が限度となります。消費者金融は総量規制によって制限があるのです。100万円を超えていると、借り入れが難しくなると思ったほうがいいでしょう。
ただし住宅ローンや自動車ローンなどは別枠ですので、ここには含まれません。自動車ローンやマンションの住宅ローンを払っていても特に問題はありませんし、書く必要もありません。
あとは、クレジットカードですが、クレジットカードのショッピング枠は、書かなくていいです。クレジットカードのショッピング枠も、別物になります。

■希望限度額(カードの利用上限額)について

申し込み画面(希望上限額)
・希望契約額・・・ここは、低めの設定がいいです。低めのほうが計画的な借り入れを行うとみなされるからです。返済が計画的であるとアピールするためにも、必要最低限の額にしておきましょう。

契約額は10万円から800万円まで、10万円単位で指定することができます。※
契約額は、使っているうちにどんどん上限がアップしていきますので、最初は10万円からのスタートでも問題無いでしょう。そのほうが審査に有利になります。ただ、アコムマスターカードを、ショッピング利用だけでなくキャッシングとしても利用したいと考えている場合は、10万円だと少ないかもしれません。

その場合は、希望する最小限度の額を入力してください。

※800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。

■審査結果通知・お申し込み内容確認の連絡先について

申し込み画面(審査通知結果)
・連絡希望先・・・連絡は、担当者の個人名で来ますので安心してください。
入力して15分ほど待つと、希望の連絡先に、仮審査の結果の電話がかかってきます。
その時にどの電話番号にかけてほしいかをここで選ぶことになります。
アコムの電話対応は22時までですので、その日のうちに連絡がほしい場合は、少なくとも20時頃までには申し込みを完了しておく必要があるでしょう。

■振込口座について

申し込み画面(振り込み口座について)
・金融機関口座・・・振込での融資を希望する場合は、設定してください。

■アンケート

申し込み画面(アンケート)
・お申し込みのきっかけとなった広告・・・どれを選んでも審査には変わりありません。

以上が、入力時の項目とその解説になります。

大体、時間にして15分ぐらいはかかりそうですが、たくさんある項目のうち、どれも重要な項目ですので、焦らず、丁寧に入力してください。

特に勤務先の情報などは、調べなければわからないこともあると思いますので、あいまいな記憶でさっさと入力するよりは、じっくり調べて、正確な情報を入力してください。

いい加減な入力をするよりも、きちんと調べて入力したほうが、審査に通る可能性も大きく異なります。
当然ですが、カード会社はきちんと返済するきちんとした人に借りてもらいたいと思っていますので、それは情報の入力の時点ですでにチェックされているのです。

同様に、電話がかかってきたときも、挙動不審にならず、はっきりと丁寧に、なおかつ正確に、情報を答えるように心がけましょう。

★審査で重要な項目はどれか。

審査で特に重要な項目は、収入など返済に関わる情報を含む項目です。

ただし、先程も書きましたが、収入を多めに書くのはNGです。

勤務先、勤務形態、勤務先の職種、勤続年数、年齢などから、日本企業の場合は年収の予測が立てられます。

ですので、嘘を書いても、スコアリングという方法によって、真実が発覚します。

大切なのは、勤務先と、勤務形態です。最も有利なのは、安定収入のある正規の公務員です。大企業の正社員がその次に有利です。

安定して返済してもらうことが最も重要なので、倒産のない公務員が一番有利となるわけです。

非正規の派遣社員や、パート、アルバイトは、不利となりますが、審査に落ちるまではいかないです。パートやアルバイトの方でも、十分審査してもらえますので、安心してください。大切なのは、毎月決まった固定収入があることです。

農業などでまとまったお金が入るときは入るけれども、入らない時は入らない、みたいな収入形態の方は、いくらまとまったお金が入ることが決まっていようとも、なかなか難しいのが現状です。

審査では、収入自体も大切なものです。正直に、書いてください。

★申し込み書を送ったあと、どのような流れがあるのか

申込書をお送りになった後は、どのような流れがあるのでしょうか。
あらかじめ準備しておくために、見ていきましょう。

電話確認と、在籍確認

電話確認で在籍を確認する方法があります。これは、営業時間帯に会社にカード会社が電話して、本当にあなたがその会社に在籍しているのかを確認する方法になります。

電話は、担当者の個人名でかかってきますので、会社側に、カードの借り入れで調査電話がかかってきたことが露呈することはありません。ですが、個人名で会社に電話をかけてくる人がめったにいない部署や、カンのいいベテラン女性社員などには、気づかれる可能性があります。

ですが、悪いことをしているわけではありませんので、どうどうとしておくことが重要です。

個人名でかかってきますので、最初は何の電話かわかりませんが、申込者が応答すると、アコムマスターカードだとわかるようになっています。

ですが、それがわかるのはあなただけで、会社の人にはバレないように配慮してくれます。ですので、安心して電話での在籍確認を依頼していいでしょう。

在籍確認が取れた後は、通常の審査がスタートします。

電話確認以外で在籍を確認する方法

電話以外で在籍を確認する方法もあります。
それは、社会保険に加入済みの保険証と、給料明細を直近の2ヶ月分提出することです。

社会保険に加入済みの保険証とは、会社の名前が入っていますので、その会社に所属しているという確実な証明となります。ただ、古い保険証の場合もあるので、その場合は、給与明細を直近の2ヶ月提出することができるといいでしょう。

どちらにせよ、最近の給与明細を提出して、今現在、その会社に所属しているということを書類で証明できると、電話での在籍確認をパスできます。

それらの書類で、十分、会社に所属していることが証明できるからです。

例えば、土日の会社が休みの日などに、急いでお金を借り入れたい場合や、アコムマスターカードを急いで作りたい場合などに、この方法を使ってみてください。

★受け取りの方法と種類(店頭、郵送)

受け取りの方法には店頭と郵送の2種類の方法があります。

店頭(むじんくん(自動契約機))

即日で受け取るためには店頭での受け取りを指定する必要があります。受け取りまで一番スムーズな方法です。

窓口が開いてる時間に注意してください。時間帯を守って、営業時間内に訪問して受け取ってください。

受け取りの際は、身分証明書が必要になります。
運転免許証、保険証、社員証、パスポートなどをどれかひとつでも持っていけば準備は完了です。

郵送

郵送での受け取りは、個人宛に届きます。

親展で届きますが、家族に申し込んだことがバレたくない場合には、家の人に受け取られてしまわないように配慮する必要があります。
会社名や商品名は伏せられているので、開封されないかぎりは大丈夫です。
ですが、家族に発覚する可能性もあるので、あらかじめカードを申し込んだことを報告しておくか、自分自身で必ず受け取るようにしましょう。

転送などはできませんので、必ず現住所で申し込むことが重要です。簡易書留で届くケースが多く、親展で、転送不要と書かれていることがほとんどです。
つまり、自宅以外で申し込んで、転送で受け取るということはできない仕組みになっています。

★即日で受け取る方法

即日で受け取るためには、インターネットから申し込んで、むじんくんで受け取ることです。

アコムマスターカードをインターネットで申し込むと、すぐに電話がかかってきます。
電話審査がスタートするのです。
そこで、ある程度、申し込んだ内容と同じことを話すことになります。
ここで嘘や矛盾があると怪しまれますし、何かそわそわしたりなどすると人物面で落とされることがありますので、ハキハキと答えることが重要です。

電話審査は仮審査であり、主な目的は本人確認と在籍確認です。仮審査に合格すると、本審査に移行します。

審査の結果は、以下の方法で案内されます。
「ご来店時は、その場でお知らせいたします。その他、電話やメールでお知らせさせていただく場合もございます。」

審査に通った場合は、むじんくんからアコムマスターカードが出てきますので、ご自由にお使いください。
ここまでだいたい90分程度で発行できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。様々な項目がありますが、焦らずに慎重に、嘘をつかずに申し込みしましょう。

アコムマスターカードのお申し込みはこちらから

<<発行可能か事前にスピードチェック>>
まずは3秒診断

<<詳細・お申込みはこちら>>
今すぐお申し込み

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る