月別アーカイブ: 2013年8月

VISA MasterCard JCB の違いを分かりやすく説明!

bg_credit

もくじ

  1. VISA MasterCard JCBとは何なのか?
  2. 国際ブランドとは何か?
  3. 各国際ブランドの特徴
    VISA
    MasterCard(マスターカード)
    JCB
    AmericanExpress(アメックス)
    Diners Club(ダイナースクラブ)
    銀聯(ぎんれい)
    Discover(ディスカバー)
  4. 国際ブランドによるサービスの違い
  5. 海外使用での為替レートと国際ブランドの関係
  6. VISAとMasterCardとJCBはどれが一番良いクレジットカードなのか?
  7. VISAかMasterCardで迷ったらどちらが良いか
  8. まとめ

VISA MasterCard JCB とは何なのか?

店頭やオンラインショップで買い物する際に、カードでの支払いの決済機能を提供している会社を指す(カードの右下のロゴマークのこと)。

一般的にクレジットカードの国際ブランドと呼ばれ、この他にもAmericanExpress(通称:アメックス)とDiners Club(ダイナースクラブ)を合わせて5大国際ブランドとも言われている。

また、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて7大国際ブランドと言われることもある。

国際ブランドとは何か?

国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のこと。上記で述べた5大国際ブランド(VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Club)の他、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて全部で7社ある。

さらに、国際ブランドは大きく2つのカテゴリに分けられる。

ひとつは、決済機能の使いやすさにこだわった「決済カードブランド」で、
VISA、MasterCardがこれに当てはまる。

もうひとつが、旅行先での保険やサービスデスクといった会員向けサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、JCB、AmericanExpress、DinersClubがこれに当てはまる。

会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが他をしのいでおり、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴である。

海外旅行の出発前にカード作りで迷ったら、この2つのブランドを選ぶと間違いないだろう。
国内での利用がほとんどという方であれば、JCBの方が様々なキャンペーンがあるのでメリットは大きい。

mark_tinamini
VISAとMasterCardは、決済機能のみを提供しており、クレジットカード自体は発行していない。

一方、JCB、AmericanExpress、DinersClubなどの国際ブランドは自社でクレジットカードを発行している。

これをプロパーカードと呼ぶ。プロパーカードは、他のカードに比べてステータス性やサービス性が高いのが特徴。より詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧頂きたい。
クレジットカードを発行しているのは結局だれ?

各国際ブランドの特徴

国際ブランドの歴史は、およそ50年前にDinersClubのクレジットカード発行に始まる。ここではそれぞれの国際ブランドの特徴や歴史を紹介する。

各ブランドの特徴や会員数などのデータは「月刊 消費者信用 2011年9月号」のものを採用している。

極力情報を掲載しているが、加盟店舗数に関しては公表されているデータが少なくほとんどが不明となっているためご了承頂きたい。

VISA(ビザ)

カード発行数、加盟店舗数が世界で1位

logo_visa_new_300
VISAはValue Issuer Service Areaの頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まり。本社はアメリカである。

国際決済業務では世界1位。VISAカードとは、VISAがライセンシングした企業が発行したカードを意味する、VISA独自でカードを発行しない。
(国内ではVISAカードの代名詞ともいえる三井住友VISAカードもライセンスを受けた会社のひとつ)

クレジットカード以外にも、デビットカード、プリペイドカードのサービスを提供している。国内でクレジットカードが使える場所は、ほぼ間違いなくVISAは利用可能と考えていいだろう。

会員数 加盟店舗数 拠点
180,800万人 不明 アメリカ

☆代表的なカード

☆VISAカードを詳しくチェック

MasterCard(マスターカード)

「お金で買えない価値がある、買えるものはマスターカードで」でおなじみ

Logo mastercard
VISAに次ぐ世界2位の決済業務会社。ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートしたため、ヨーロッパ圏で強いと言われていたが、現在ではVISAの使用範囲とほとんど変わらない。

本社はアメリカ。VISAと同様、MasterCardはクレジットカード自体では発行せず、ライセンシングした企業がカードを発行。

国内では、三井住友カード会社がVISAとMasterCardを取り扱っている関係で、使用可能店舗はVISAの使用範囲とほとんど同じと言われている。

会員数 加盟店舗数 拠点
97,500万人 不明 アメリカ

☆マスターカードを詳しくチェック

JCB

日本初の国際ブランド

jcb
1961年創立の株式会社日本クレジットビューロー(JCB)が発行している。中国の銀聯カードが登場するまで、アメリカ系以外では唯一の国際ブランドであった。

韓国、台湾、シンガポールなどアジア諸国ではVISAやMasterCardと同様に使える。日本人がよく訪れるハワイやグアムなども利用可能。

mark_point
意外にも知られていないが、AmericanExpressと提携しており、JCBとAmericanExpressは互いの加盟店でカード決済を利用出来るので覚えておこう。ただし、海外のAmericanExpress加盟店でJCBを使う場合、提携して使える旨を現地語で説明するケースが出てくるかもしれないので要注意。

JCBはVISAやMasterCardに比べ、世界的観点から見ると使用しづらいカードとなっているが、海外から日本語のサポートが受けられるなど、日本人にとって利用価値が高い。

JCB自体もクレジットカードを発行しており、サービスやサポートが充実しているのが特徴。

会員数 加盟店舗数 拠点
6,926万人 1600万店 日本

※加盟店舗数はWikipediaより。データの基準を合わせるため2010年のデータを採用。2013年3月末時点で2383万店舗、会員数は8000万人

☆代表的なカード

☆JCBカードを詳しくチェック

AmericanExpress(アメックス)

アメリカン・エキスプレスはステータスの象徴

AmericanExpress(アメックス)
1850年に運送業者としてスタートしたAmericanExpressは、ブラックカードを発行していることでも有名だ。世界でも通用するのステータス性の高いカードと言える。

ホテルやレストランなどの優待や空港ラウンジの利用など、ステータスに見合ったサービスを提供してくれることでも有名である。

以前は一般カード(グリーンカード)でもゴールドカード並の取得の難しさと言われていたが、現在では審査基準は幾分緩和されているようである。
とはいえAmericanExpressは、年会費も高くポイントをためる目的では適していない。

しかし、頻繁に海外旅行・出張に行く人にとっては、手荷物無料宅配サービスや緊急時の素早いトラブル対応など充分な恩恵を受けられるだろう。

mark_point
JCBと提携しており、JCBとAmericanExpressはお互いの加盟店でカード決済を利用出来る。日本ではJCBがほとんどのお店で使用可能なので、国内で使用する分には全く問題ないと言えるだろう。

会員数 加盟店舗数 拠点
9,100万人 不明 アメリカ

☆代表的なカード

☆アメックスカードを詳しくチェック

Diners Club(ダイナースクラブ)

世界最高のステータスカード

DinersClub
一番低いグレードのカードでもゴールドカード並の収入と社会性が求められることから、世界最高峰のクレジットカードに位置づけられている。現在は三井住友トラストクラブが運営している。

日本ではJCBと提携しており、JCBのほとんどの店舗で使用できる。一部システムの関係上、使用出来ないところもあるので使用前には確認した方が良いだろう。

また、北米・カナダではMasterCardとの提携も実現しており、利用の幅は広がりつつある。

会員数 加盟店舗数 拠点
不明 不明 アメリカ

☆代表的なカード

☆ダイナースクラブカードを詳しくチェック

中国銀聯(ぎんれい)

中国で大きくシェアを伸ばす国際ブランド
銀聯
中国中央銀行主導で作られた国際ブランド。訪日中国人の増加に伴い、日本でも加盟店が急速に増えつつある。2014年12月時点で1200万人の加盟者を有する。

銀聯は厳密にはクレジットカードではなくデビットカード(使用のタイミングで銀行口座から引き落とされる)である。日本では三井住友カードや三菱UFJニコスと提携しているので、三井住友カードや三菱UFJニコスが発行するクレジットカードのオプションとして申し込むことも出来る。この場合、引き落としはクレジットカードと同じ扱いで後日請求されることになる。

中国ではVISAなどの国際ブランドよりも利用可能店舗が多いので、中国に行く機会があれば検討したい。

会員数 加盟店舗数 拠点
13億人 1000万店 中国

Discover card(ディスカバー)

米国を中心に展開する国際ブランド
ディスカバー(discover)
1985年に百貨店運営のシーアズがスタートさせ、その後モルガン・スタンレーへと売却、現在はディスカバーファイナンシャルサービスが展開するブランドである。ディスカバーカードは銀聯カードとJCBと相互利用が可能なので、JCBのカードであれば、Discoverブランドのある加盟店で利用することも可能。

会員数 加盟店舗数 拠点
5,000万人 400万店 アメリカ

国際ブランドによるサービスの違い

まず、前提としてクレジットカードのサービスのほとんどは国際ブランドではなく発行会社によって提供される。しかし、AmexやJCBなど国際ブランド自体がカードを発行している場合もあり、国際ブランドが提供しているといっても差し支えないケースもある。

また、国際ブランドによって受けられるサービスは大きく異る。

これまでT&E(Travel & Entertainment)カードブランド」であるJCB、AmericanExpress、DinersClubがサービス面においては優位であったが、最近ではVISA、MasterCardも決済だけでない別のサービス(ホテル優待など)エンターテイメントサービスを充実させつつある。

次の項目から各国際ブランドの代表的なサービス、又は力を入れているサービスを紹介する。

これらのサービスは、発行元に関わらずあなたのカードにその国際ブランドが入っていれば使用できるものだ。
優待・ディスカウントなどのサービス網の展開度合いを☆で表した。やはりVISAとMasterCardはに比べるとまだまだ優待などの数は少ない

国際ブランドのサービスで考えると、やはりAmericanExpressが群を抜いて充実している。
繰り返すが、あくまでサービスのほとんどは国際ブランドよりも発行会社のサービスの影響が大きいので、サービスは総合的に判断して欲しい。

ビザカード mastercard jcb
VISA海外優待キャンペーン MasterCard海外優待キャンペーン JCB優待ガイド(海外)
JCB国内サービス
日本語対応サービスデスク
☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆
ショッピングやエンターテイメントなど、ディスカウントやプレゼントなどの渡航先ごとに特別キャンペーンを展開。VISAの総合力で幅広いサービスを提供 ショッピング、アトラクション、トラベル、ダイニング、ミュージックをテーマに優待特典を提供。ディスカウントやスペシャルプレゼントなどのサービスも。 国内でのサービスが豊富なのが特徴。ディズニーランド向けのキャンペーンなども。海外からの日本語サービスデスクなど幅広いサービスを提供。
三井住友VISAカード 楽天カード(MasterCard) JCBオリジナルカード
AmericanExpress(アメックス) DinersClub
アメリカン・エキスプレスカード・セレクト
アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・ネットワーク(英語)
Diners Club Privileges
国内・海外クラブホテルズ
☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
発行会社を問わず、国内海外のあらゆるシーンで使用可能なサービス。トラベルサービスデスクとカードセレクトはアメックスのマークがあるカードであれば、誰でも使えるサービス。やはりサービスの質では他より一歩抜き出ている。 グルメ、トラベル、エンターテイメント、ゴルフなどをテーマにエグゼクティブが満足できるサービスを提供。幅広く、そして質の高いサービス網を展開している。
アメリカン・エキスプレスカード
アメリカン・エキスプレスゴールドカード
ダイナースクラブカード

海外使用での為替レートと国際ブランドの関係

exchange
海外利用時の決済為替レートは、使用した日のレート、基準としている為替市場によって変わる。

基本的に、海外通貨で決済された場合の換算レートには、カード会社の事務手数料が加わるため、テレビやニュースで表示されているレートでは決済されない。

実際には約1%〜2%の手数料が加わっているようだが、基準としている為替レート、事務手数料は公表されていないのでわからない。

VISAとMasterCardとJCBはどれが一番良いクレジットカードなのか?

VISA_MasterCard_JCB
使い勝手も、日本国内と海外で分けられるだろうが、国内の利用がほとんどであれば、JCB、VISA、MasterCard、AmericanExpress(JCBと提携しているため)の4ブランドが問題なく使えるだろう。

厳密には利用可能店舗数に差はあるだろうが、ほとんど気にならなレベル。

よくJCBとVISA・MasterCardのどちらの加盟店が多いかという議論になるが、正式な加盟店舗数が公表されていない以上、その議論は空論だろう。

国内のサービスに重点をおけば、JCBはポイントサービスなどのサポートが充実しているので使いやすさ◎といったところだろうか。

海外旅行での利用を考えると、加盟店舗数が多いVISA、MasterCardが良いだろう。

オススメな持ち方は、メインの1枚目としてJCBを持っておき、海外旅行などの用途で2枚目にVISAやMasterCardのクレジットカードを持つと幅広くクレジットカードのメリットを享受出来る。

JCBかVISAかMasterCardでどっちか迷ったら・・・

国内での利用が中心という方であればJCBブランドがおすすめ。ディズニーリゾートの貸切パーティ招待など、JCBだけの特別なキャンペーンが豊富なのが特徴。国内サポート体制は充実している。

海外での利用を想定しているのであればVISAかMasterCardを選ぼう。
さらにVISAかMasterCardで迷ったならば、とりあえずVISAを持っておけばよいだろう。VISAが使えなくてMasterCardだけが使えるという状況はかなり限られているだろう。

どうしてもVISAかマスターカードで決められないという方であれば、三井住友VISAカードなどはVISAとマスターカードのデュアル発行をしてくれる。
VISAとマスターカードはほとんどの国、地域で同じように使えるという現状ではあるが、今でも片方しか使えないという店舗も存在しているので、特に海外に行くことが多い方であれば、両方持つことで安心できるだろう。

まとめ

VISAとMasterCardの使い勝手を比較しても国内海外問わず、ほとんど変わらないと言える。
また、国内の利用可能店舗の多さはVISA、MasterCard、JCBがリードしている。この中では、JCBが(発行先によるが)サービスの面でさらに一歩リードしているようだ。

おすすめの持ち方は、国内で最初にもつならJCBブランドを。海外で使う目的で2枚目以降はVISA、MasterCardを持つのが良いだろう。
ハワイや韓国など、日本人が多く訪れる観光地に限った話であれば、JCBだけでも事足りると思われるので、無理に作らなくてもいい。
クレジットカードなんて1枚でいいよという方であれば、やはりVISAかMasterCardだろう。

もちろんJCBと提携しているAmericanExpressは国内での使い勝手も問題ないので、ステータスカードとして持つののでも充分オススメ。
(年会費が気にならず、海外出張・旅行が多い方にオススメ)

DinersClubはJCBとの提携が行われているものの、世界的に利用可能な場所は高級ブティックなど一部に限られてしまうので、利用のしやすさは減るだろう。あくまでステータスとしての所持を考えるのが良い。

当サイトでは、あなたの価値感にぴったりとあったクレジットカードを紹介している。まだ、カードを持っていない方。海外でカードを使いたい方は参考にして欲しい。

クレジットカードを発行しているのは結局だれ?提携カードとプロパーカードの違い

問題です。次の2つのカードの違いは何でしょうか。

アメリカンエキスプレスゴールド   アメックス・セゾン・ゴールド

どちらもアメックスだから同じ?
セゾン・ゴールドはアメックス・ゴールドのサービスにプラスされているからセゾンの方がサービスがいい?








答えは、発行元が違うので、受けられるサービスが違う!でした。
どういうことか、細かく説明して行きたい。

抑えておきたい2つの関係

クレジットカードが発行される場合、抑えておきたい2つの関係者がいる。それぞれの関係をみることで、どういうクレジットカードを選べばよいか、また受けられるサービスの違いが見えててくる。

発行会社(イシュア:issuer)
そのカード自体を発行している会社。発行人を表す英語イシュアとも言われる。クレジットカードのサービスはこの発行会社によって決定される。逆にいうと、Visa、Mastercardなどのブランドによるサービスの影響は小さくなる。

国際ブランド
そのカードに決済機能を与えているブランド。現在の決済機能を提供している代表的な国際ブランドはVisa、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClubの5つになる。
クレジットカードは決済を目的としたカードですので、このいづれかのマークは必ず入っていると思う。

要するに、発行会社がそのカードのサービスを決め、国際ブランドは決済機能を提供しているに過ぎないのである。
問題になったカードを比較してみると、

比較内容 アメックスゴールド アメックスセゾンゴールド
カード アメリカンエキスプレスゴールド アメックス・セゾン・ゴールド
発行会社 アメックス セゾン
国際ブランド アメックス アメックス

つまり、受けられるサービスとしては、アメックスゴールドはアメックスのサービスを、アメックスセゾンゴールドはセゾンのサービスが受けられることになる。

また、アメックスゴールドは、発行会社と国際ブランドが同一であるケース。VISAやMasterCardは自社では発行していない。

提携カードは、どこのサービスが受けられるのか?

次の問題。
card_Walmart
このカードは発行会社、ブランドは先ほどと同じだがが、提携先がウォルマートになっている。この場合、受けられるサービスはどの会社のものになるだろうか?

発行会社:セゾンカード
国際ブランド:AmericanExpress
提携先:ウォルマート

この場合、受けられるサービスはセゾンのサービス+ウォルマートのサービスとなる。




でもここで注意!!
だったら提携カードの方がメリットがあると思われるかもしれないが、今回の例で言うと、発行会社のセゾンはウォルマート専用のサービスを追加している一方で、本来のセゾンのサービスを制限しているのだ。このように、提携先専用のサービスを追加する一方で、本来発行会社が提供しているサービスとは異なるサービスになっていることがほとんどなので、条件をしっかりと読む必要がある。
また、提携カードはサービスを受ける条件を特化させているので、目的にあった場合は大きな力を発揮する。目的に応じてカードは選択するように心がけたい。

プロパーカード

提携カードと対をなす言葉として、プロパーカードというのがある。プロパーとは自社を意味する言葉で、発行会社自身のカードという意味である。
プロパーカードは、保険やサービスが充実していることが多く、他の提携カードよりもステータス性が高くなる傾向がある。そういう意味ではアメリカンエキスプレスゴールドは、
純粋なプロパーカードになるので、ステータス性を追求するならプロパーカードを持つことをオススメする。

さらに詳しく!陰からカードの運営を支える存在

ここまで呼んで、読者の方は相当クレジットカードに詳しくなったことだと思う。先ほど、クレジットカードの関係は発行会社と国際ブランドの2つと言ったが、実は、もう一つアクワイアラーという存在もある。

運営会社(アクワイアラー :acquirer)
発行会社から委託されて、実際の集金業務やサービス提供を行う会社のこと。

普段我々が耳にすることは少ないが、最近ではモバイル端末で利用できる決済端末square(スクウェア)というサービスが出てきているが、これらの業務はアクワイアラーということになる。こういう会社があってはじめてクレジットカードが運営されていることを知っておこう。

収入・職業に不安があるがカードは作れるのか?

すべてのカードが高収入でなければいけない訳ではない

クレジットカード会社が判断しているのは、あなたにしっかりとした返済能力があるのかどうかが一つの基準になる。

そういう意味では、あなた自身に収入がなくても、旦那様や奥様の収入が充分にあればカードが作れることもあるだろうし、
不労であっても、不動産収入などの収入があれば、無職であってもカードは作ることは可能だろう。

口コミ情報

口コミ情報だと、以下のようなカードは比較的低収入の方でも審査が通っているようだ。
・TSUTAYAカード
・楽天カード
・Yahoo!Japanカード
・セゾン関連カード

全体的に見ると、より多くの人に使ってもらえる様に考えられた生活密着系のカードは審査が通りやすい様である。

低収入でもステータスカードは持てるのか?

はっきり言うと難しいと思われる。ステータスカードは審査基準として単純に収入があればいいわけではなく、安定した職業についているか。社会的に高い地位(部長など)についているかなど、社会的ステータスが問われている。

それでも、いつかはステータスカードをと考えられるのであれば、まずは下位プロパーカードから始めるのが良いだろう。
下位プロパーカードで実績を積むことで、ステータスカードへの近道になるだろう。

家族カードという考え方

実は家族にステータスカードを持てる人が入れば、あなた自身がそれを作ることが出来なくても家族カードとしてステータスカードを持つことが出来る。
しかも、カードは複数枚発行されても、請求先は一つになるので家計の管理もラクに出来る。是非検討してもらいたい。

ハイエンドのステータスカードの審査を通るための2つのテクニック

photo005

誰しもが憧れるステータスカード

ゴールドカードなど、俗にいうステータスカード。

誰しもが憧れるカードであるが、収入や年齢、勤続年数、カード使用実績などで申請が通らないこともある。今回はそんな方のためにテクニックをお伝えしたい。

但し、入会条件は公表されているものも稀にあるが、ほとんどのステータスカードはその審査条件は公表されていない。

テクニック1:ステータスカードの入会審査条件を調べる

入会審査条件の目安

ステータスカードは実は申し込むだけならばだれでも出来る。
だからといって、むやみに申請を乱発すると、その行為自体で信用が下がってしまう。自分のステータスの身の丈にあった申請をすることが重要である。

尚、当サイトで収集したハイステータスカードの入会条件の一つの区切り目に
「満30歳以上、ご本人に安定継続収入のある方(年収500万円以上、勤続年数5年超)」というのが挙げられる。

これを越えれば確実にゴールドカードが持てるという訳ではないが、一つの目安にしてくれれば良いと思う。

ゴールドカードはすべて同じ基準ではない

もちろん発行しているカード会社によってその審査基準は全く異なる。特にダイナースクラブや、アメリカン・エキスプレスなどは審査基準が高めと言われている。

純粋にゴールドカードという額面が欲しいのであれば、条件が厳しくないものあるので、調べると良いだろう。

テクニック2:まずは下位カードからスタートする

例えば、あなたが世界ステータスの象徴の一つであるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを持ちたいとして
入会審査条件も厳しく、ダメもとで申し込んでみたところ、やはり申請は通らなかったケースを想定してみよう。

そういう場合は、同じ下位プロパーカードであるアメリカン・エキスプレス・グリーンカードに申し込んでみよう。

グリーンカードで発行されれば、そのカードで使用実績を積むことで、ゴールドカードへの審査が通りやすくなる可能性がある。

アメリカン・エキスプレス以外のカードであっても、同様の考え方でOK。ゴールドカードの申請が断られた場合には、そのカードの下位カードに申請するのが一番の近道になるだろう。

リーダーズカード アマゾンの買い物で得する

リーダーズカード

amazonで2.3%のポイントがつく

アマゾン以外のショッピングでも1.5%の還元率は圧倒的であるにも関わらず、さらにアマゾンで買った場合には2.3%の還元率という、まさにアマゾンカードと言ってもいいリーダーズカード。アマゾンでの利用をメインに、幅広い支払いに使用したい。

ポイントシステム

リーダーズカードは高還元率として有名なカードではあるが、高還元率になる計算が若干複雑なので、ここで説明したいと思う。

デポジットシステムとは

ジャックスのクレジットカードは、このデポジットというシステムが取られている。これは、還元金が発生したら、それをジャックスがデポジットとして記録しておき、カードの次の請求の際に、請求額からデポジット額を差し引くシステムを取っている。これをジャックス内では「Jデポ」と読んだりするので、覚えて置こう。

・通常ポイントは1.5%
リーダーズカードは1000円利用ごとに15ポイントのポイントが付与される。この時点でかなりの高還元率だが、驚くのはまだ早い。ここから、プラスの還元率が他を圧倒する。
たまったポイントは3500ポイントから、ポイントを交換出来る。つまり約33万円の利用からポイントが交換出来る様になる。

・アマゾン限定のデポジットで1.8%
3500ポイント以上貯まると、デポジットに交換できる。この時にアマゾンでしか使用出来ないデポジットに交換すると、3500ポイントなら500円分、5000ポイントなら1000円分がジャックスからプレゼントされる。

5000ポイントの方が還元率が良いので、出来るだけ5000ポイントで交換したい。この時の還元率を計算すると、1.8%という事になる。

JACCSモールを経由して還元率に+α
アマゾンで買い物をする時に、JACCSモールを経由して決済すると、最大で+0.5%の還元率が付与される。これらをすべて合算すると、還元率が2.3%になる。上手に使ってリーダーズカードの恩恵を受けよう。

安心の補償

旅行傷害保険

icon_kokunaihoken:傷害保険最大2,000万円(自動付帯)、傷害治療費用200万円、疾病治療費用200万円
icon_kaigaihoken:傷害保険最大1,000万円(利用付帯)

カード盗難保険

カードを紛失・盗難され、不正使用による損害が発生した場合、届出前60日、届出後60日の計121日間損害が補償される。

ネット安心サービス

インターネットでの不正利用により、身に覚えのない請求が来た時に、届け出日から90日前までさかのぼって、不正利用による損害が補償されるサービス。

付随して発行可能なカード

家族カード

最大3枚まで初年度無料で発行される。翌年度から400円+税の年会費が発生する。

ETCカード

年会費無料で発行される。

アマゾンカードとリーダーズカードはどちらが得か?

単純な還元率で判断すると、リーダーズカードの2.3%に軍配が上がる。

ポイント交換に必要な金額を考えると、アマゾンは約16万円、リーダーズは約33万円とアマゾンの方が使い勝手はアマゾンの方がかなりいい。
たとえば、ポイント消失までに使用する金額が50万円だとすると、アマゾンだと3回分のポイント交換(7200円還元)だが、リーダーズは1回分のポイント交換(6000円)になる。

つまり、利用状況に応じてかなり変わってくるのだ。

また、リーダーズカードは初年度無料ではあるが、年会費は2500円(但し、前年の利用が50万円以上で無料)なので、年50万円以上、さらにポイントの区切り目を考えると約66万円以上の利用がある人はこのカードを持つ事の恩恵を受けられるだろう。

カード詳細情報

年会費 還元率 ブランド 電子マネー ETC
2,500円+税
※初年度無料
※年50万円以上の利用で翌年無料。
1.5% logo_visa 1.5%
モバイルsuica、ICOCA
無料
国内保険 海外保険 ポイント種類 ポイント交換 その他
1000万円(利用) 2000万円(自動) 専用ポイント 3500ptから 最大5000円分プレゼント

(発行会社:ジャックス)

button_HP

アコムマスターカード(ACマスターカード) で最短即日発行、年会費無料

アコムマスターカード

クレジットカード作成の駆け込み寺!!即日発行で年会費無料

アコムマスターカードは他社のクレジットカードで審査が通らなかった方も是非、申し込んで欲しい1枚!

メリット
・パート、アルバイト、主婦、学生でも申し込みが可能。
(但し、専業主婦は不可。学生は20歳以上で安定した収入のある方。)
・即日発行だから、急いでいる人にオススメ。
・審査結果も最短30分で教えてくれる。
・Masterカードだから海外でも安心して利用出来る。
・年会費は無料
デメリット
・ETCや家族カードは発行なし
・ポイントサービスや旅行保険なし
公式サイトを見る

基本情報

株式会社アコムから発行されるクレジットカードで、キャッシング(カードローン)付きとショッピング専用のカードが選べる。
しかも、国際ブランドMasterCardだから世界中のどの国でも安心して使える。

利用限度額

通常のクレジットカードと同様に、ショッピングとキャッシングが行える。

ショッピングの利用限度額は最大300万円まで
ショッピングとキャッシング(カードローン)利用額の上限は800万円まで。
※利用限度額は審査によって指定される。

手数料率/実質年率:3.0%~18.0%

mark_point

このカードは支払いが自動的にリボルビング払いになる。

買い物をする時には「1回払いで」とスマートに伝えればOK。

また、通常リボ払いの場合手数料が発生するが、締め日(毎月20日)の翌月6日までに返済すると手数料は無料になる。
支払いに余裕があるならば翌月6日までにコンビニやATMで返済してしまおう!!

但し、締め日以前には支払うことは出来ないので注意が必要だ。

簡単発行手続き!カード発行までの流れ

ステップ1

まずは3秒診断で発行可能かを素早くチェック
acmastercard_3seconds

ステップ2

お申込みフォームから必要情報を記入して送信。

ステップ3

acmastercard_mujinnkunカードは郵送で送られてくる。
発行を急ぐ場合は、最寄りの無人機(むじんくん)で受け取り可能。

ここがうれしいプライバシーへの配慮

1.利用明細が郵送されない

家族や同居の方に、クレジットカードを利用されていることを知られたくない方におすすめ。

2.カードにアコムの文字はない。

アコムマスターカード

カード額面上にアコムという文字は入らないので、アコムから発行されたという事が分からないので、他社のクレジットカードが作れなかった人でも、安心してカードを見せることが出来る。

また、クレジットカード発行にあたり連絡がある場合にも、職場や家族にバレないように徹底的に配慮してくれるのもありがたい。

ACマスターカード(アコムマスターカード)は審査が早い!?

ACマスターカードは、審査が早い審査がスピーディーなどと言われているが、これはアコムが消費者金融の会社だからと言えるだろう。

しっかりと期日通りに返済できれば、クレジットヒストリーにも正しく返済した利用履歴が残る。これまで、クレジットカードを作ったことがない、カード初心者にも最初の1枚に是非おすすめしたい。

海外で利用する場合

ACマスターカードは、Mastercardブランドなので、世界中のあらゆる国で利用可能。キャッシングをする場合は、以下のシーラスマークのあるATMで現金を引き出すことも可能。
cirrus

ショッピングデスク

海外でのショッピングで困ったことがあった場合には専用デスクに電話することで、日本人のスタッフがサポートしてくれる。

口コミ・評判

  • ショッピングの利用限度額が300万と高額なので、大抵の買い物に利用出来るので便利です。スーパーなどの商店でも利用することが出来て普段の買い物に1枚財布に入れておくだけで重宝します。カードの発行も即日発行してくれました。
  • カードの使い方に柔軟性があるのが便利ですね。今はキャッシングもできてクレジット機能も兼ね備えるカードは他にはなくなってしまいました。デザインが安っぽい感じではなくちゃんとマスターカードなのも嬉しいところです。
  • 見た目がマスターカードにしか見えないという点です。一見すると消費者金融のカードに見えないので持ちやすく使いやすいです。
    一括払いにすれば金利も取られないし、近くのコンビニで簡単に支払えるのが便利で気に入っています。
  • キャッシングカードと一体化しているために、困った時はお金を借りる媒体として利用出来るのも助かります。持っているだけで多くの場面で使えることが嬉しいです。
  • 率直な感想が、審査に通りやすいという点で非常に良いと思います。アコムさんのホームページでも公開されてますが、他のクレジットカード会社とは審査基準が異なるので通りやすいです。
  • 海外での利用の際には、別途で手続きが必要なので、忘れて海外に行ってから気がついたことがありました。カードでの犯罪も多いと聞きますが、そのまま、手続きなしで海外で使えた方が楽なので、手続きをもっと簡単にして欲しいと思っています。
    ※海外でのキャッシングの手続きは2010年6月17日以前にご契約のお客さまが対象。
  • 使い勝手は他のクレジットカードと遜色ありませんが、これだけ宣伝しているとカードデザインでアコムを利用しているのがバレないか?心配します。どうしても消費者金融のイメージが強い為、このカードで支払いするのが恥ずかしい時があります。
  • せっかく買い物してもポイントがまったく付かないのはもったいない感じがします。ETCのサービスなども対象外になるので、もう少しプラスαの機能がついていればと思います。
<発行可能か事前にチェック>
まずは3秒診断

<詳細・お申込みはこちら>
今すぐお申し込み

レックスカード 50万円以上の支払いで年会費無料・高還元率!!

card_REX1card_REX2

1.75%!高還元率の隠れた立役者

大手企業のクレジットカードが乱立しているなかで、静かに最高峰の還元率1.75%を維持しているのが、ジャックスから発行されているのがレックスカード(REXCARD)だ。

mark_good
・どこでつかっても1.75%の高還元率
・モバイルSuicaなど電子マネーでも1.75%付与!
・国内・海外旅行傷害保険(又はショッピングプロテクション)も充実


・年会費が50万円使わないと無料にならない。
・年会費が無料にならないと、実質還元率は低下。
 

ポイントをためる

レックスポイントは、どんな支払いであっても1.75%のポイントが付与される。とくに注目したいのは、モバイルSuicaやSMARTICOCAなどの電子マネーチャージでも1.75%のポイントが貯まる点だ。

支払いを1枚にまとめる

無条件で1.75%のポイントがつくのは他のクレジットカードの中でも圧倒的である。高還元率で名を馳せるジャックスとしても、代表的なカードだろう。公共料金などのすべてのポイントをこの一枚にまとめポイント還元率の恩恵を受けよう。

ポイントを使う

レックスカードはレックスポイントというオリジナルポイントが貯まる。貯まったポイントは「Jデポ」に交換することが可能だ。
ポイントの最低交換は3500レックスポイントから。そのポイントを貯めるには最低200、000円の利用が必要だ。

但し、このカードを作るユーザーは50万円以上の利用ある人がほとんどたと思うのであまり気にしなくても良いかも知れない。
ポイントの有効期間が2年であることにも注意が必要だ。

Jデポとは?

JデポJデポとは、ジャックスカード株式会社によるポイント交換システムで、カードの利用金額からJデポ金額を値引いて請求するシステムだ。
つまり、貯まったポイントは即現金としての価値が生まれるのだ。

ANAマイルに交換

logo_anaこちらはあまりオススメできないが、3500ポイントごとにANA600マイルに交換することも出来る。

使いこなしテクニック

選べる2つの保険

memo
レックスカードでは、旅行で適用される「海外・国内旅行傷害保険」、又は購入した商品を補償する「ショッピングプロテクション」のどちらかをを入会時に選ぶ必要がある。
・海外・国内旅行傷害保険
海外傷害保険は最高2000万円までは自動付帯。国内傷害保険は1000万円まで利用付帯でついている。通常のクレジットカードは最高でも1000万円の補償が一般的である事を考えても、補償額の高さが伺える。

・ショッピングプロテクション
国内外での利用を問わず、購入した日から90日間、盗難・破損などの偶発的な事故による損害を最大で100万円まで補償してくれる。

年間50万円以上の利用で年会費無料に

年間50万円以上の利用がある場合は、次年度の年会費が無料になる。このカードを申し込む場合は、50万円以上の利用の見込みがある場合にしよう。

オプションカードサービス

ETCカード

ETCカードは追加カードとして無料で発行可能だ。etc

家族カード

本会員と同じサービスを受けられる家族サービスは年会費400円(税別)で最大3人まで発行される。
使用額は家族で合算されるので、家族で使うのもいいだろう。

ジャックスカード基本の安心サービス

ネット安心サービス

インターネットによる不正利用が発覚した場合は、90日前にさかのぼって不正利用による損害を補償するサービス

カード盗難保険

カードの紛失・盗難によって被害額が発生した場合、届け出の60日前と60日後の121日間補償してくれる。

カード詳細情報

年会費 還元率 ブランド 電子マネー ETC
2,500円(税抜)
※初年度無料
※年間50万円以上で次年度年会費無料
1.75%
logo_visa 1.75%
モバイルsuicaなど
無料
国内保険 海外保険 ポイント種類 ポイント交換 その他
1,000万円(利用) 2,000万円(自動) レックスポイント 3,500ptから 最大4,500円キャッシュバック

(発行会社:ジャックス)

button_HP

楽天カード 年会費無料で高還元率!ネットの買い物をお得に!!

楽天カード

今最も人気の高いポイントがどんどんたまる最強カード

楽天カード年会費無料で、通常でも還元率1.0%あり、受けられるサービスが多いので、とりあえず持っておいて損はないカードだろう。さらに楽天市場ならばポイントは2倍もらえる。

キャンペーン実施中!!
今ならもれなく最大5,000円相当のポイントがもらえます。

button_rakuten
メリット
・年会費はずっと無料
・ポイントが2倍3倍になるキャンペーンがいつでも開催。
・どこでつかっても1%の高還元率。
・楽天で使えばいつでもポイント2倍。
・ETCやEdyでもポイントがたまる。
・海外旅行傷害保険が付帯。
楽天スーパーポイントが街中の提携店でも使える
デメリット
・楽天グループのサービスを利用しない人にはメリットが少ない。

楽天カードのここがポイント!!

ポイントが貯まりやすい!おすすめ
EdyやETCでさらにポイントを貯めるおすすめ
海外保険や海外サービスが充実!おすすめ

ポイントを貯めるテクニック

キャンペーンをうまく使う

楽天市場のウリは、とにかくキャンペーンが多いこと。キャンペーンでポイントを一気に溜めることが可能なので、タイミングをみて使ってみるといいだろう。

下は画像サンプルだが、数日限定でキャンペーンなどを随時展開している。

☆キャンペーンサンプル☆
photo016

また、楽天市場では日によってポイント還元率がアップするので、買うタイミングが重要だ。

・楽天カード感謝デー
楽天カードで決済すれば、通常ポイント+1%のポイントが付く。
参加にはエントリーが必要。
※不定期開催

・ポイント最大10倍優待キャンペーン
楽天カードで決済し、さらに提携されたショップ、又は商品を購入する事で最大10倍のポイントが付与される。
倍率は会員ランクによって変わる。

過去にはこのようなキャンペーンもあった。
・×2(ダブル)ポイントクラブサービス
月額100円から毎月6がつく日にポイントが3倍になるサービス。
ヘービーユーザーにはおいしい、ちょっと上級者向けのポイントサービス。
1日コース 100円(税抜) 毎月26日
2日コース 200円(税抜) 毎月16日・26日
3日コース 300円(税抜) 毎月6日・16日・26日

最大3倍のポイント!!加盟店であれば、ポイントは活用出来る

ENEOSや紳士服のコナカなど楽天ポイントが最大で3倍つくことも。
このカードがあれば、ENEOSでガソリンを給油する際にもポイントが2倍になるのがうれしい。

さらに、「楽天ダイニング」で楽天カードを使って支払うと、通常ポイントに加え、さらに1%のポイントが付与される。
もちろん、全店ポイントは3倍になる。さらに特定店舗では、10倍のポイントが付与するものもある。
楽天ダイニング

どこで使っても1%の高還元率

楽天の支払いのみならず、公共料金の支払いなどでも1%のポイントがつくので、支払いはこの1枚にまとめてしまうことをオススメする。
携帯電話の支払いにも対応している。毎月発生する固定料金の還元で、楽天で買い物するのも良いだろう。

楽天キャンペーン2

次の様な、公共料金の支払いにも対応している。
楽天公共料金4
楽天公共料金2
楽天公共料金1
楽天公共料金3

※会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は、カードに無料でETCを付帯することが出来る。その他の条件は公式サイトをご覧頂きたい。

楽天ETCカード

もちろん、溜まったポイントは1ポイント1円から利用出来る。

mark_tinamini
楽天会員で最上ランクを目指すなら、楽天カードは必携。


これはクレジットカードだけに限った話ではないが、楽天市場では、ユーザーのポイント獲得数、獲得回数に応じて、次の5段階の会員ランクを設けている。
diamond
plutinum
gold
silver
regular

ランクが上がる程、特典が増える仕組みだが、最上ランクであるダイアモンドとなるには、楽天カードの所持が必須になる。
例えば、「ポイント最大10倍優待キャンペーン」では、ランクに応じてポイントの倍率が変わってくる。
ダイアモンドになると、毎月クーポンが貰えるなどお得な特典があるので、狙ってみてはいかがだろうか。

詳しくは楽天の公式サイトを参照のこと。

楽天Edyを使ってポイントをためる

楽天カードは、楽天Edyチャージではポイントは付かないが、楽天Edyを使う事で、200円につき1ポイントのポイントが付与される。
さらに、ポイントプラス加盟店で楽天Edyを使うとポイントが2倍付与される。
日常的なコンビニなどの買い物で、楽天Edy支払いするとよりポイントが貯まりやすくなる。

ETCでの通行料も1%のポイントがつく

高速道路をノンストップで通過できるETCカードは、楽天なら年会費500円(税抜)で発行できる。
もちろんETCの支払いでもポイントが1%つく。

つまり、ETC通行料金100円につき1ポイントが付与される!!

貯まったポイントを活用する

貯まった楽天カードポイントは、楽天グループ内で使う事が出来る。
楽天カードポイントは、様々な提携カードからポイント移行も出来るので、このカードにポイントを集約させるのも手である。ANAのマイレージにも交換できるので、マイラーにも嬉しいカードだ。

rakuten-ana

楽天ポイントの交換

楽天スーパーポイントは提携店も増えつつあり、利用は益々便利になりつつある。

主婦・アルバイト・パート・学生も申し込みOK

楽天カードは申し込み基準に「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」とある。
しかも、あえて(主婦アルバイトパート学生)と書いてあることを考えると、これらの方にもカードを作って欲しいと考えていると読み取れるだろう。もちろんすべての方がOKという訳ではないので、とりあえず申し込んでみるのも良いだろう。

安心の補償サービス

海外旅行でも安心の補償

楽天カードは海外旅行保険もついており、海外旅行中の病気やけがが最高2,000万円まで補償される。疾病治療費や賠償責任、携行品損害も補償されるので、海外旅行や海外留学する際に一枚持っておくと安心できるだろう。さらに万が一盗難や紛失にあって不正利用された場合であっても、損失は補償される。

さらに、海外でもレンタカー割引現地WiFi割引などで優待サービスがあったり、楽天トラベルの現地デスクがあるので海外旅行でも是非携行したい。
海外旅行が多い方は楽天プレミアムカードもおすすめだ。

ネットの不正利用も対応!

不正あんしん制度があるので、万が一不正利用があっても補償があるので、インターネットでも安心して利用することが出来る。

請求未着安心制度

万が一店舗から商品が届かない上に、店舗との連絡もとれないような状況が発生した場合、調査の上で請求を取り消してくれる。これも楽天カードならはのサービスだろう。

カード詳細情報

年会費 永年無料
還元率 1.0%
ブランド logo_visalogo_MasterCardlogo_jcb
電子マネー 1.0%モバイルsuica
ETC 500円(税抜)
家族カード 無料
国内保険
海外保険 最高2,000万円(利用付帯)
ポイント種類 楽天スーパーポイント
ポイント交換 1ptから
その他 今だけ8000ptプレゼント

(発行会社:楽天カード株式会社)

キャンペーン実施中!!

今ならもれなく最大5,000円相当のポイントがもらえます。

button_rakuten
<<詳細・申し込みはこちら>>
button_HP

楽天カードでポイントゲット

カード発行スピード

申し込み完了から通常1週間程度で発行。

セブンカード・プラス ならセブンイレブン系列で1.5%の高還元率。nanacoチャージでポイント付与も

セブンカードプラス

セブンイレブン系列での還元率が1.5%

セブンカードプラスは、全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーでお得にポイントが貯まる。セブンイレブンの店舗数が約1万9000店舗ということを考えると、日本でもっとも使い道のあるカードと言っても過言ではないかもしれない。クレジットカードの利用でnanacoポイントが直接貯まる仕組みがなので、面倒なポイント移動が不要な点も使い勝手がよい。

オンライン入会限定キャンペーン
カード発行+入会後のご利用でもれなく最大2,000円相当のポイントプレゼント!!
mark_good
・電子マネーnanacoへのチャージでポイントが貯まる。
・セブンイレブン、イトーヨーカドーの利用でポイント3倍
・セブンイレブン、イトーヨーカドーはサイン不要で使える。
・ポイントが1ポイントからで使いやすい。

・セブンイレブン&イトーヨーカドーユーザー以外にはメリットが少ない。

セブンイレブンでポイントがさらに貯まる

セブンカードプラスならセブンイレブン、イトーヨーカード、デニーズなどセブンアンドアイの各店舗で200円につき3ポイントのnanacoポイントが貯まる。1 nanacoポイントは1円相当で利用することが出来るので還元率は1.5%にもなる。

logo_denny's logo_ito_yo_kado logo_seveneleven

また、上記の店舗以外にもSEIBU、SOGO、ARIOで利用すると200円につき2 nanacoポイントが貯まる。
logo_SEUBUlogo_SOGO

それ以外の店舗で利用した場合には200円につき1 nanacoポイントが貯まる他、JCB/Visa「ポイント優待店」では200円(税込)ごとに2ポイントと通常の2倍貯まる。ポイントはすべてnanacoで貯まるので、貯まったポイントは1ポイントから手軽に利用できるのがうれしい所。

mark_point
nanacoチャージでは200円につき1 nanacoポイントが付与される。
さらにnanacoで100円使うごとに1 nanacoポイントが付与されるので、合計すると200円ごとに3 nanacoポイントが貯まる計算になる。

セブンアンドアイ系列以外でもnanacoが使える店舗であれば、1.5%還元の恩恵を受けられうるのはうれしい。

nanacoチャージの方法

nanacoチャージでクレジットカードチャージする場合はインターネットから申し込む必要がある。インターネットからチャージしたnanacoポイントは「センター預かり」状態となっており、そのままでは利用することが出来ない。
セブンイレブンの店頭で「残高確認」をすることでセンター預かり分がお手持ちのカードのnanacoにチャージされる仕組みとなっている。

毎月8のつく日は5%OFFになる

イトーヨーカドー、ネットスーパーで、8日、18日、28日5%OFFになる。

セブンカード・プラスでの支払いの他、nanacoカードでの支払いでも5%オフになるので、積極的に使って行きたい。

他にもこんなにうれしいことが

セブンイレブンで対象商品購入でボーナスポイントが貯まる

対象商品をセブンカード・プラスのクレジットカードで購入すると、
通常のポイント(200円で3ポイント)に加え、10ポイント以上のポイントが付く。

対象商品はこちらから確認

ポイントは1ポイントから使える

生活をしていてうれしいのは、貯まったポイントが1ポイントから使えること。
いつもの支払いで、1円単位の支払いのみをポイントから支払うと小銭を出す手間がぐっと減るのがうれしい。

その他のサービス

サイン不要で利用可能

セブンイレブンなら1万円以下、イトーヨーカードなら3万円以下までサイン不要でお会計できるから、スムーズにお会計することが出来る。

無料のETCスルーカードにも対応

etc
高速道路を面倒な手続きなしで通過できるETCカード。
セブンカード・プラスならETCは無料で発行される。さらに、200円で1ポイントのポイントもつくので、ドライバーにはうれしい。

選べる2種類のカード

セブンカードプラスはnanaco一体型とnanaco紐付型の2種類から選択することが出来る。

nanaco一体型

セブンカードプラス
こちらのカードはクレジットカードとnanacoが一枚のカードとなっているので、サイフに入れる際もすっきりと持つことが出来る。

nanaco紐付型

セブンカードプラスnanaco一体型
すでにnanacoカードを持っている場合や、nanacoモバイルなど他のサービスと連携させている場合は、今お持ちのnanacoカードと紐付けられるこちらのカードを選択しよう。

利用を重ねることでゴールドカードへのインビテーションも

利用に応じてゴールドカードへインビテーションされる場合もある。
ゴールドカードはショッピング補償が海外だけではなく、国内でも適用されるようになる。
また、年会費が完全に無料になるのもうれしい特典だろう。あえてゴールドカードを目指したいかといわれればゴールドカードの特典は少ないので、おまけ程度で考えておくといよいだろう。

カード詳細情報

年会費 1,000円
※初年度無料
※年間5万円以上利用で翌年無料
還元率 セブンアンドアイグループで1.5%
通常0.5%
ブランド visa-jcb
電子マネー nanaco
ETC 無料
家族カード 年会費200円
国内保険 -
海外保険 損害・盗難100万円
ポイント種類 nanaco
ポイント交換 1ptから
その他 -

(発行会社:セブン・カードサービス)

button_HP

キャンペーン

オンライン入会で最大2,000ポイントプレゼント

今ならオンラインからの入会がお得です。
・オンライン入会で500ポイント
・さらに、JCBブランドを選択すると500ポイント
・さらに、支払い口座をセブン銀行に指定すると500ポイント
・さらに、カード発行時に「支払い名人」に登録すると500ポイント

東京ディズニーランド® 完全貸切パーティーチケットやパークチケットなどが当たる!

JCBブランドを選択した場合、東京ディズニーランド® 完全貸切パーティーチケットなどが当たる<JCB presents>JCB マジカルに応募することができる。
期間中、キャンペーン参加登録したJCBカードのご利用合計金額5万円を1口として抽選。さらに海外でのご利用であれば抽選口数が2倍になる。
カードに申し込みした後に忘れずに応募しよう。

jcb_magical2016

入会条件

原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方18歳以上で学生の方(高校生除く)
※未成年または学生の方は、お申込みの際「親権者同意書」が必要です。

イオンカードセレクト 年会費無料で毎日の買い物でがっちりポイントを守る

card_AEONCard

イオンの買い物でポイントが貯まる。
手厚いサポートで安心を手に入れる。

毎月20日・30日に開催される「お客さま感謝デー」や、WAONポイントが2倍になる「お客さまわくわくデー」など、毎月お得になるイベントがうれしい。
支払いをイオングループに絞ると仮定すると、還元率は1%を越える。イオングループを使う方なら必携のカードだ。

イオンカードセレクトはサポートも手厚い。旅行でも安心なトラベルサポートや、映画館が安くなるなど特典が多い。キャッシュカードとクレジットカードが一体となっているので、イオングループでよく買い物をする方にはおすすめの一枚。

ネット限定のキャンペーン実施中!!

入会&利用で最大6,000円分相当のポイントをプレゼント
期間:2017年1月31日(火)まで

mark_good
  • 毎月20日・30日はお買い物が5%OFF!!
  • 毎月5のつく日は全国のイオン、ミニストップなどでポイントが2倍に
  • 毎月10日はクレジットでポイント2倍
  • WAONチャージでポイントが貯まる。
  • 貯まったポイントは、WAONやマイルなどに交換可能。
  • キャッシュカードと一体型なので財布がスリムに。
  • イオンゴールドカードに招待されることも。
mark_bad
  • イオングループ以外での使用ではポイントが貯まりづらい。
  • イオンが近くにないと使い道が少ない。
  • 引き落とし口座はイオン銀行のみ
bt_koushiki2

イオンカードならこれだけポイントが貯められる!

ときめきポイントが貯まる

イオンカードセレクトのクレジット利用では、200円で1ポイント(0.5%還元)のときめきポイントが貯まる。ポイントは翌年に繰り越せるため、実質的にポイントは永続する。

ときめきポイントが貯まる日を狙う!

イオンカードなら、特定の日に使うことでポイントアップ&お得な割引を受けることが出来る。

毎月20日、30日はお客様感謝デー

毎月20日、30日はお買物料金が5%オフになる。
※全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗が対象

毎月5のつく日は「お客さま「わくわくデー」」

毎月「5」のつく日(5日・15日・25日)はときめきポイント・WAONポイントが2倍になる。
200円の利用ごとにクレジットカードの利用であれば、ときめきポイントが2ポイント付与される。
WAONの利用であれば、WAONポイントが2ポイント付与される。
※全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグ、ミニストップなどの店舗が対象

55歳以上限定!毎月15日「G.G感謝デー」

クレジットカードの利用であれば請求時に、WAONの利用であればレジにて5%OFFされる。
但し、このサービスを受けるには事前にWAONステーションで設定する必要があるので、カードを申し込みしたら忘れずに設定しよう。
※全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ザ・ビッグなどの店舗が対象

毎月10日は「Wポイントデー」

毎月10日にクレジットカード決済すると、200円の利用につき2 ときめきポイントが付与される。
※但しオートチャージは対象外。

ときめきポイントをさらに貯めるワザ

オートチャージの設定でポイントゲット

残りのWAONポイントが一定金額を下回ると自動的にクレジットカード決済でチャージしてくれるオートチャージを設定すると、200円チャージすることに、1WAONポイントが付与される。付与されたポイントは翌月17日以降、WAONステーションに行くことで受け取ることが出来る。

mark_point
WAONチャージでポイント二重取りのテクニック
イオンカードセレクトでオートチャージすると200円ごとに1 ときめきポイントが付与される。(0.5%還元)
さらに、WAONで支払をすると200円ごとに1 WAONポイントが貯まる。(0.5%還元)

ときめきポイントは1000ポイントを1000 WAONポイントに変えることが出来るので、最終的にポイントを合わせることで1.0%還元となる。

公共料金支払で毎月5 WAONポイント

電気や携帯料金など公共料金の支払を設定すると1つにつき毎月5 WAONポイントが付与される。※

※但し、NHKの年間払いの場合は5 WAONポイントのみ付与される。

ときめきポイントクラブ

ときめきポイント優待店でイオンカードを使うと、さらにポイントが貯まる。
JAL、コスモ石油など、このマークイオンマークがあるお店で使える。

「ときめきポイントTOWN」経由でネットショッピング

このサイトを経由して商品を買うだけで、その商品に対して最大で21倍のポイントが付与される。

ときめきポイントTOWN

以下のような主だったショップをはじめ多数のネットショップでポイントがアップする。
ときめきポイントTOWN

bt_koushiki2

貯まったポイントは有効活用

・WAONポイント・提携ポイント・マイルへ移行する
WAONときめきポイントはWAONポイントに1000 ときめきポイント以上500 ポイント単位で移行することが出来る。交換したWAONポイントはWAONステーションにて受け取ることが出来る。
また、WAON以外にもJALマイル、Suica、dポイントなど、実用性に優れたポイントに変更出来るのも特徴だろう。

ポイント換算表

ポイント種類 必要ポイント 獲得ポイント
WAON 1000pt 1000 WAON
dポイント 1000pt 1000 dポイント
Suica 1000pt 1000 円分
JALマイル 1000pt 500 JALマイル
USJチケット 6000pt パークチケット
(7200円相当)
イオンシネマ
ペアチケット
3000pt ペアチケット
(3600円相当)

定番の交換方法はWAONポイントへの交換。1000ポイント以上500ポイント単位で交換できる。期限ギリギリまでポイントを貯めて交換すると良い。ときめきポイントの交換で隠れたお得な交換方法としてはユニバーサルスタジオジャパンのパークチケットと交換するのも見逃せない。6000 ときめきポイントで7200円相当のパークチケットと交換することが出来る。1年間でポイントを貯めて、毎年ユニバーサルスタジオジャパンに行くというのもいいかもしれない。

イオンシネマのペアチケットも交換することはできるが、イオンカードを持っていると300円引きで映画を鑑賞することができるので、お得さとしてはいまいちな印象だ。

・商品に交換する
他にも、掃除機、アイロン、炊飯ジャー、ミキサーなど1,000ポイントから交換出来る。但し、基本的には上記のポイント移行を中心に考えた方が効率よくときめきポイントを利用することが出来るだろう。

イオン銀行をさらにオトクに

イオンカードセレクトを持っていれば、イオン銀行での普通預金金利が+0.1%上乗せになる。通常が0.02%なので、0.12%とかなり6倍もの高金利になる。ゆうちょ銀行の金利が0.03%であることを考えると、いかにこの金利が高いかが分かるだろう。さらにイオン銀行を使うことで、さらにWAONポイントを貯めることが出来る。

また、イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードとしての機能を兼ね備えているので、財布をすっきりと使えるのも嬉しいポイントだろう。

給与口座をイオン銀行に指定

普段支払われる給与口座をイオン銀行にするだけで毎月10 WAONもらえる。さらに給与振込みの翌月に他行宛の振込みを行うことで、216 WAONポイントがプレゼントされる。

イオンのATMがいつでも無料

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードも一体となっているので、このカードからお金を預けたり引き出したりすることが出来る。イオンカードセレクトならATMの利用がいつでも無料になる。

イオン銀行宛の振込みなら手数料無料

イオンカードセレクトを持っていれば、イオン銀行宛ての振込みであれば手数料無料で利用することが出来る。

他にもある手厚いサービス

優待施設

イオンカードならば、レジャー施設、ホテル、美容、ガソリンスタンドなどで様々な優待を受けることが出来る。詳しくはこちらの優待施設一覧を参照のこと。

カラオケビックエコーでの部屋料が30%OFF

BiGEHO
(飲み放題付きコース・プラン、フリータイムご利用時は総額10%割引)

イオンシネマの映画一般料金が300円引き

イオンカードセレクトはもちろんだがイオンマークのマークがあるカードでイオンシネマの映画代をクレジットカードで支払うと300円引きとなる。

さらに、毎月20日と30日は映画代金が1100円になるのでイオンシネマが近くにある方はこれだけでも十分に価値がある。

ETCカードが無料で発行!

ETCカード無料もクレジットカードの重要なポイント。もちろん、ポイントも付与される。

安心・安全のサービス

・トラベルサポート
世界14ヶ国25ヶ所イオンワールドデスク拠点での海外旅行サポート
イオンワールドデスク海外 サービス内容はこちら

・ショッピングセーフティ保険
1品5,000円以上で、購入から180日間で偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で壊れたものを補填してくれる。
壊れた場合は大切に保管しておこう。

・カード盗難補償
紛失・盗難等により、不正にカードが利用されても損害額は補償される。
カードを紛失したら、警察署、イオンクレジットサービスに忘れなく連絡しておこう。

・イオンサポートサービス(オプション)
車のトラブル(キー綴じ込み、バッテリーあがり、レッカーなど)に対応してくれるサービス。
また、生活シーンでの吸水口のつまりやトイレのつまりなども無料で対応してくれる。

買い物位しか車は使わないけど、本格的な保険は高いとお悩みの方。
また、高齢者などで、きめ細かいサービスを求める方にはオススメのサービスである。

1年間 2,800円はかかるが、充分元が取れる料金設定だろう。

bt_koushiki2

他にもこんなオプションも

・イオンiD
NTTドコモの「おさいふケータイ」で使用可能なサービスです。
全国の「iD」マークのあるお店で使えます。

利用に応じてイオンゴールドカードへのインビテーション(招待)も

イオンカードを利用して、一定条件(直近の年間利用額が100万円以上)を満たすことでイオンゴールドカードへインビテーションされることがある。イオンゴールドカードはインビテーションでのみ持つことができ、年会費は変わらず無料ながらも国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険が付帯する超オトクなカードになっている。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカードであれば、イオン内に併設している全国のイオンラウンジを無料で利用できるなど、様々な特典がついている。他にも羽田空港のラウンジサービスを無料で利用できるなど、ゴールドカードらしサービスを受けることが出来る。

ラウンジ
※写真はイメージです。

イオンをよく使う方ならば、様々な支払いをイオンカードセレクトに集約してイオンゴールドカードを目指そう。

カード詳細情報

年会費 無料
還元率 0.5%
ブランド logo_visalogo_MasterCardlogo_jcb
電子マネー waon iD
ETC 無料
家族カード 無料
国内保険
海外保険
ポイント種類 ときめきポイント
ポイント交換 1000ptから
その他

(発行会社:イオンクレジットサービス)

bt_koushiki2
ネット限定のキャンペーン実施中!!

入会&利用で最大6,000円分相当のポイントをプレゼント
期間:2017年1月31日(火)まで

口コミ情報

  • よく利用しているツルハドラッグや楽天市場でもポイントが付くのが嬉しいです。毎月5の付く日はポイントが2倍になるなど、お得に買い物ができてポイントも貯まるのが良いですね。
  • 支払いをWAONですればポイントが、ときめきポイントとWAONの両方が貯まるのがいいです。しかも、イオンの優待カードとしても使えるのでお買い物もお得にできちゃいます。これだけ得点があって年会費は無料です。
  • キャッシュカードとクレジットカードとワオンの本来なら三枚持つはずのカードが一枚になっているのでとても便利です。
  • 20日や30日の買い物であれば5%オフで買い物出来たり、イオンカード会員限定でポイントが沢山加算されたり、日々の買い物の節約に繋がってます。年会費も入会金も要らず、維持費無料な点も良いと思います。
  • ラウンジに無料で入室でき、しかも飲食も可能だというけれど、いつもすごい行列でなかなか入ることができません。
  • カード支払いの口座がイオン銀行であるというところが使いづらいなと感じてしまいます。
  • WAONの交換やチャージの機械がいまいちわかりにくく、いつも戸惑います。高齢者には不便じゃないでしょうか。
  • クレジットカードのときめきポイントには有効期限があるので、有効期限内にWAONに交換しないとポイントが無効になる。