Android向け「おサイフ+(プラス)」開始!マイルをためてEdy、Suicaなどでポイント二重取りが可能

Pocket
LINEで送る

2020年2月12日(水)より、フェリカネットワークスは新しいポータルアプリ「おサイフライフ+(プラス)」の提供を開始した。

本アプリは、ミニゲームでポイントが貯まる「ラッキータッチ」をはじめとしたサービスを集約した内容に。

他にもネットショッピングや新規サービス登録でポイント・電子マネーがもらえる「もらっトク!モール」、対象商品のレシートの写真を送るとポイント・電子マネーが手に入る「レシータブル」などがまとめられている。

今まで以上に利便性が向上する結果となり、電子マネーをカードで利用しているユーザーなどをおサイフケータイに引き込むねらいだ。

実際に「おサイフライフ+(プラス)」を活用すれば、おサイフケータイと電子マネーをお得に繋げられる可能性が高い。

ICカード単体でを利用するよりもメリットが大きいので、対象の電子マネーを利用している人におすすめする。

ただ本アプリはAndroid向けポータルになっており、iPhoneユーザーは利用できない点は要注意。

「おサイフマイル」をトライアルとして期間限定で開始

「おサイフライフ+(プラス)」には様々なサービスがまとめられているが、中でも「おサイフマイル」目玉といっても過言ではない。

具体的にはおサイフケータイで利用した電子マネーの金額に応じて、独自のマイルが付与される仕組みになっており、電子マネーの種類を問わず共通のおサイフマイルが貯まる。

また業界初の新プログラムの「おサイフマイル」では、貯まったポイントを下記の好きな電子マネーに交換できるのも大きな魅力。

  • nanacoポイント
  • 楽天Edy
  • JRE POINT
  • WAONポイント

つまり各電子マネーのポイントとおサイフマイルの2重取りが可能となり、カードタイプで利用するよりもマイル分お得になるということだ。

例)「おサイフライフ+(プラス)」でnanacoポイントを利用すると、nanacoポイントとおサイフマイルの2種類が貯まる

ただ「おサイフライフ+(プラス)」は誰でも参加できるわけではなく、トライアルモニター(最大1万人)が対象という点は覚えておこう。

おサイフマイルのポイント還元率

おサイフマイルでは、電子マネーを100円利用するごとに1マイル貯まる仕組み。

貯まったマイルは1,000マイル=各電子マネー100円分と交換でき、他にも250マイルで1枚のくじと交換することも可能だ。

また毎月の獲得マイル数に応じて上位ステージのユーザーを決定するランキング制度も提供予定。

ボーナスマイルが付与される魅力的な内容なので、「おサイフライフ+(プラス)」の積極的な活用でしっかりユーザーに還元されるようになっている。

「ラッキータッチ」ICカードユーザーも利用可能

おサイフケータイユーザーから評判の高い「ラッキータッチ」だが、2020年2月12日(水)よりICカードユーザーでも楽しめるようになった。

そもそも「ラッキータッチ」とは、電子マネーを利用することで毎日ミニゲームに参加できるサービス。

ゲームに当選すると電子マネーやポイントを獲得でき、メリットが大きい内容になっている。

実際にICカードで「ラッキータッチ」を利用する場合に必要なのは3ステップ。

「ICカードをスマホにかざす」「買い物履歴に応じてミニゲームに参加」「当選すればポイント獲得」といった流れだ。

「ラッキータッチ」になれていない初心者でも手軽に活用できる仕組みなので、「おサイフライフ+(プラス)」を利用する際はぜひチャレンジしてみてほしい。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る